« 新潟普通に冬でした | トップページ | 入学式 »

2006年4月 2日 (日)

FC東京らしさとは?

マリノス戦とりあえずドローに持ち込めて良かったなと思うわけです。増嶋も最後によく頑張ったなと思いました。向こうにとっちゃ負けに等しい引き分け、うちにとっちゃクラブ的には価値あるドロー。選手的には苦しみながら?又は模索しながら掴み取った大きなドロー。サポーター的にはそれぞれがそれぞれに思う一言で括れぬドロー。ネガティブもポジティブもOK、彼がアジッた内容も自分的には理解できる。又それに対する反論もそれはそれで理解できる。自分としては東京を愛するというのは子育てと一緒でとても簡単ではないなと思うわけです。時には喧嘩したり、時には腹を抱えて笑ったり。それで絆が出来ていく。だから<らしさ>って100人いれば100通り、でも愛する気持ちは皆同じ、それでいいんじゃないかなと思う。

|

« 新潟普通に冬でした | トップページ | 入学式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FC東京らしさとは?:

« 新潟普通に冬でした | トップページ | 入学式 »