« ホームvs磐田 | トップページ | なんだかなー »

2007年3月22日 (木)

ヤマハスタジアム2-2 アウェイ

昼間はここ数日の東京と違って、かなり暖かかったのに日が暮れてからはやっぱり寒くなってしまった磐田でした。週の真ん中の赤日ということで、ここ数年のヤマハのアウェイの中では、かなり人が少なく04ナビスコを獲る前のような丁度良い具合にゲームを見られる人口密度でした。試合開始前は磐田もカップ戦ということでリーグ戦なら販売しているMDPがなく、かといって外に一度出てもやることもなく、導線が引かれているので動ける範囲も限られてしまうので二時間半はなかなか長いなと久しぶりに実感させられました。

ゲームは早い時間に今野が先制するものの、うちは攻撃の手を緩めずにかなり積極的に前へ行っていたとおもう。前半終了前に同点にされても直後の「ヨシカツから」ルーカスへそのルーカスが落ち着いてゴール前のワンチョペにあわせて見事なパス回しから来日初ゴールで2-1と逆転、いい感じで前半を終えました。

後半は正直このまま勝てると思った。あの石川の接触までは。あれはね岡田の位置からじゃ良くわからなかったかも知れないけど、正面から見れば明らかに向こうのファウルです。石川なんか頭を横からやられてるし、あの勢いで突っ込まれたから、いわゆる脳みそが横に動いちゃって脳震盪でした。そんな素人でも判るような状況をこっちのファウルにされただけでなく、倒れている石川を無視してプレーを始めさせた岡田はもう現役をやめたほうがよろしいんじゃないかと思います。昨シーズンの後半あたりから他のゲームを見ていてもジャッジに「?」なところが前に比べてかなり目につくようになってるから。

その後は危ないなと思いながらも数分はなんとか凌いだものの一瞬の隙を衝かれて2-2その後攻めてはいたものの怖さは全くなくなったが、試合運びはさすがに上手いヤツラに逃げ切られてヤマハ初勝利はなくなってしまいました。徳永への黄紙は、なんにもしてないのに目が合ったというだけで、突然殴られた善良な市民のように訳のわからないものでした。

次のナビスコのホームか、後半のリーグではなんとなく磐田に勝てそうな感じはある気がするので、それまでに熟成させて、今までの借りを特にアウェイで倍にして返してほしいとほんとに思った夜でした。

|

« ホームvs磐田 | トップページ | なんだかなー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマハスタジアム2-2 アウェイ:

« ホームvs磐田 | トップページ | なんだかなー »