« 夜は千葉戦 | トップページ | 5月23日三ツ沢のチケット »

2007年5月13日 (日)

4-1のvsジェフ

「やっと勝ったな」と言う気持ちと、こんなのが見たかったんだよという、嬉しい気持ちが入り混じっていて、とても高揚していた昨夜でした。(今もだったりします)

ルーカスの1点目は久しぶりに思わず叫んでいました。難しいゲームになるのかな?という先入観もあったので、かなり痺れました。結果論で言うのではなく、あの1点で自分としては今日のジェフは怖くないなと、悪い表現を使えば、たいしたことは無いのでは?という感じがかなりしてきたもので。ウチもだけどジェフも今シーズンは、胸を張って「これがウチのゲームだ」と言い切ることの出来る試合はやってないから、それが他クラブでも悪い状態というものに関してはその空気をなんとなく感じることが出来るようになっていて、それをまさに感じさせてくれたのが自分にとってはあの1点目でした。

ワンチョペの後半立ち上がりのやつは、フリーだったけどそのシュートはとてもきれいでした。リチェーリもしっかりと見ていて自分で無理せずにパスを出したのは、やはり彼のプレーの質が徐々にではあるけどあがってきているのかなと思います。

3点目のリチェーリのあのプレーは彼の特徴が全て出ていた次を感じさせるゴールだったと思います。

ディフェンスも最後まで良く頑張ったと思うし、後半に疲れで足が止まるまでは中盤も基本的にはウチが支配していて安心して見ていることが出来ました。

自分としてはこれがウチの今年のサッカーかなと思うし、人によっては色んな好みもあるからあれですが、やたらと優勝を意識したりして深みにはまっていくよりは、バタバタしながらもこんな風に、走れ走れで攻めろ攻めろの方が負けたくは無いけど、ダメだった時でもなんかすっきりするし、勝てば勝ったで頭が真っ白になれて面白いと思うんです。そこから決して急ぐことなく少しずつ戦術の幅を広げていくほうがウチには向いているのかなと思います。

ルーカス俺はね昔からウチに来た日本人以外の選手を「助っ人」なんて思ったこと無いよ。だってウチに来て色んな事情で出て行ってしまったプレーヤーだって、今でも大切な仲間だったと思ってるし、東京のために、その選手生命のほんの一時でも一緒に戦ってくれた奴を、そんな他人行儀な言い方してるのはウチのサポーターには少ないと思うよ。だから、よそのクラブで負けが込むと、そこのブラジル人のFWが掲示板のみならず、ブログなんかでも酷くやられたりするのがあるでしょ、そういうのには必ず「助っ人」て平気で書いてあるじゃん。あれ見ると無性に腹が立ってくるんですよ。そんな事言ったらプレーヤーみんな「助っ人」になるでしょ。海外から来たプレーヤーだけではなく日本人だって大方は単年度か又は2年か3年くらいの契約でしかないんだから。大丈夫みんなファミリーだと思ってるって。

それと原さん50勝おめでとうございます。昨日が開幕のつもりで出来るだけ勝ち続けてください。負けまくって弱々しくなっていく原さんは見たくないので。

|

« 夜は千葉戦 | トップページ | 5月23日三ツ沢のチケット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4-1のvsジェフ:

« 夜は千葉戦 | トップページ | 5月23日三ツ沢のチケット »