« 明日の事。 | トップページ | 教育再生云々について »

2007年5月24日 (木)

vsフリエ 三ツ沢

昨夜の勝因は、赤嶺の気持ちのこもったテクニカルでありながらも泥臭いシュート。それとプレーヤー全員の気迫のこもったプレー。サポーターの勝ちたい、勝たせたい気持ち。その全てではないかなと思いました。感じとしてはこの間のリーグの時の様な結構風の強い中でゲームがスタートしましたが、いつもの横浜戦同様難しい展開になってました。仕方が無いとはいえあんなに引かれてしまっては攻めようがなくなってしまい、ボールをキープしていてもなかなかパスの出しどころも無く、ウチとしては苦しくは無いけどやりにくそうな状況でした。

何はともあれ久しぶりの予選突破です。7月は少し忙しくなりそうですがカップウィナー目指してチームも今以上に熟成していってほしいです。

ただ、またマリノスが相手なので、あの面白みの全く無いでかいだけの日産に行かなくちゃ行けないのがとても嫌です。(三ツ沢ならいいかな)

あと昨日の勝因の一つに入れ忘れましたがスタジアムDJが「東京FC」と言ってしまったのも、ある意味罰が当たったという意味ではそうではないかと思います。口から出てしまったものは訂正しても元には戻せません。リーグ戦の時には間違わないでね。

|

« 明日の事。 | トップページ | 教育再生云々について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: vsフリエ 三ツ沢:

« 明日の事。 | トップページ | 教育再生云々について »