« 鴨川で。 | トップページ | あまりにも傲慢な »

2007年7月15日 (日)

ナビスコ 2-4飛田給

おはようございます。昨夜はホームだというのに見事なまでの負けっぷりで、あの雨もあって体調を崩してしまっている方も多々いらっしゃると思います。ゲームの方はと申しますと他のところで結構詳細に述べられてるようなので敢えてディープにはいきません。(いつもの事ですが)

なんといってもマリノスが完全にウチの出方を読みきっていて、又その読みどおりにウチがズボズボ嵌っていってしまったという相手のプラン通りのまるで振り込め詐欺にCDの前まで誘導されて大枚を知らないうちに巻き上げられてしまったようなバツの悪い結果になってしまいました。勝負事なので良い事がそんなに長く続かない事も判ってはいるけれど勝ちたかった。この間のカタール戦じゃないけど昨夜のウチはオシム風に言えば「彼らはサッカーをやっていた」という事です。(ネガティブな意味で) あの雨で滑りやすい中マリノスのプレスの早さに対応できてないのに中盤で繋いでいこうとして、時にボールが止まってしまったり逆に予想以上に走り過ぎてしまったりしてイージーミスからカウンターされて、ゴール前の混戦でノーマークの相手プレーヤーにビューティフルなシュートを決められたり、ほぼウチの自滅に近い形で終わってしまいました。あんなコンディションのときは単純に放り込みのほうが相手も嫌だと思うしウチだって分かりやすかったと思うんだけど。マリノスは基本的にはボールを奪ったらなるべく手数をかけずに前線にフィードして早めに数的優位な状況を作ってフィニッシュに持ち込む雨中のお手本のようなゲームだった様な気がします。正直、完敗です。

|

« 鴨川で。 | トップページ | あまりにも傲慢な »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ 2-4飛田給:

« 鴨川で。 | トップページ | あまりにも傲慢な »