« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

で、民主党は?

民主党は予想以上の大躍進をしたわけですが、今回の選挙で協力した連合などの労働組合の影響をどのようにして抑える事が出来るかが気になります。有権者のこれだけの支持を得てしまった以上は特定の団体を擁護するような事をしていたらそれがそのままこの政党のスタンスだと思われてしまいますし、公務員の現状の行き過ぎた組合活動の部分にメスを入れるときに足枷にならなければいいなと思います。今までのように積み重ねでアピールする事は出来なくなり、最初からある種の期待が大きい分上手くいかなかったときは直ぐにマイナスの評価を下されてしまうわけで、そこのところが与党の狙いどころとは思うのですが、自民党に昔のような喧嘩上手が殆ど見受けられないのが気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

与党大敗。

昨日の選挙は大方の予想を上回る与党の大敗となりまして、参院選とはいえ民主党がとてもバブルな大勝をおさめました。いろんな解釈はあると思いますが、連立与党の人間は数字の上での景気回復にやたらと拘ってましたが、彼らの付き合っている財界の人間と言えば大半が1部上場のそのまたトップの企業人であるわけで、その企業やそこの従業員の賃金が上がったとしても圧倒的多数の国民が従事するスモールカンパニーやミドルカンパニー、農業、漁業、酪農や個人事業主にとっては殆ど関係ないことなのです。その部分に気付かなければこのままズルズルと負け続けてしまう事でしょう。今回の大敗が良い薬になるかどうか?コメントを聞いているとこの件に関しては全く分かっていないようで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月29日 (日)

大きくなった、チャン

アジアカップPKまで行ったけど負けてしまいました。勝てそうな雰囲気があっただけにもったいなかった気がします。

チャンが出ている事に気がついたのはかなり後だったのですが、いつの間にか韓国のフル代表に名を連ねる位になっているのには正直驚きました。ウチにいた時から地道に努力をしていて個人的に注目していたのですが、帰国してからの動向についてはチェックしていなかったのでKリーグのクラブへ入った事しか知りませんでした。後半に相手の27番が倒れたのがアップになったときに「え~!」と思い確認したらチャンだったので驚きました。当たり前だけど昔のような少年の面影は無く身体も大きくなって、日韓戦のピッチに立っている姿を見ると感慨深いものがあります。加地とチャンが敵同士で戦っているのもアレですが、早く梶山や忠成がフル代表に選ばれて彼とマッチアップするのを見てみたいものです。頑張れチャン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

あくまでも、私はクラブが好きだ

僕はここ数年感じている事があります。前は(と言ってもそんなに遠くではありません。)トウキョウが好きでその中で自分のご贔屓選手がいます、というのがファン、サポーターの大半だった気がするのですが、観客も増えてくればある程度は致し方ないとは思いつつも、数年前にウチが多少なりとも右肩上がりになったころから、特定のプレーヤーをやたら熱く応援する方が増えたように感じます。クラブとしてもグッズの売り上げを考えればそのほうがいいのは分かりますが、僕はやっぱりそういうのは嫌いです。クラブあってのプレーヤーで彼らが去っても、クラブをサポートするのが筋であると思うし、気に入らない事もありますがそれでもクラブを叱咤激励していくのが正しいのじゃないかと思います。東京というところは寄せ集めの土地だと言われますが、ココで生まれて育った僕としてはそれ程東京の地元以外の人とは付き合いが無いので良く分かりませんが、将来的には「東京が地元」の人を多く取り込むことが観客動員増につながる気がします。そういう意味では今スタジアムに来ている小中高生や家族連れを大事にするほうが得策だと思います。ヌルイだ、ユルイだと言う方もいますが、ただのお友達作り目的で来ている一部の若者よりも取り込むことさえ上手く行けばこれほど硬い客は無いと思います。なんといっても嵌ってくれさえすれば1×1ではなく1×3とか4になるのですからチケットを自分で購入するようになればかなりデカイと思うんです。その子供たちだってシーズン中はスタジアムに行く事が刷り込まれるわけですから結構ボロイ商売になると思います。安易でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

PSM。FCソウル

色々とあるしなんかモヤモヤした感じもあるんだけど、昨日のはプレシーズンマッチ、親善試合なんだと自分に言い聞かせました。でも今朝起きたときにいつもの倦怠感に体中が包まれていたので人間は無理に意識を変えられるものではないなぁと気づかされました。

ゲームの方は誰か特定の個人をつるし上げる様なものではなくウチに関しては全体、ほぼ全員の関係やポジショニングの稚拙さが出てしまっていたのではないかと思います。それに比べるとFCソウルの方が個々のプレーヤーの仕事がきちんと整理されていて、攻撃に関しても必要以上に手数をかけずに早く前線に運んで、そこでも強いフィジカルでボールをキープし、味方もそれに呼応して早くあがりフォローする事でゴール前では極力、数的不利な状況を作っていなかったように見えました。向こうの予想以上の決定力の低さに助けられた面もありますが、かなり甘いけど0-0のドローは妥当な線だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

PSM ソウル戦、今夜だ!

とりあえず、今日は休みになっていたので早稲田vs高麗大のゲームから見ようと思います。神田の方にもちょっとした用があったので丁度良かったです。日曜出勤をしといて良かった。

向こうは先月ホームでマンUに大敗しているので今日はある程度の本気モードでくるかも知れないので怪我には気をつけて頑張ってほしいです。深川での前日練習をキャンセルしたのはウォン高傾向なので皆でお買い物だったからでしょうか。それともウチをかなり舐めているからでしょうか。梶山負傷で今野、伊野波不在。監督の得意な若手の起用が期待できるので楽しみでもあります。それではもう少しで家を出ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

vsFC ソウル・・前日

明日のソウル戦は全体的にいつものゲームの延長のような感じで私としては結構いいと思います。昨年までの、まぁ色々事情はあるにしても、なんだか肩肘張っている様なのに比べたらいい感じに力が抜けていて、ウチらしさが出せそうな気がするのですが。ウチとソウルとの全く歴史も伝統も関係の無い試合がメインで、早稲田と高麗大のゲームを前座としてしまうのはどうなのかなと思いますが、その本来なら前座という括りでは片付けてはいけない双方の学生に笑われないような気持ちの入ったゲームを見せてほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

花火大会

今週末に隅田川や立川などで花火大会が行われるようで、これでようやく夏だな~という感じになってきました。今年は翌日が選挙の為、当日もし雨になってしまったら例年と違いそのまま中止になってしまうそうで、運営の関係上色々あるとは思いますがそれもどうなのかなと思ってしまいます。私はどちらかというと少し離れた所から見るのが好きなので特にココ最近の異常とも思えるくらいの現地の人出はどうも理解に苦しむものがあります。

昔、仕事で松本の方まで行った帰りに丁度その日が諏訪湖の花火大会だったようでバックミラー越しに大輪の花を見て、東京に入り八王子料金所を通過して日野の坂を下るときに、ほぼ正面に調布の花火が見えてなんだか得したような、切ないような気持ちになったのが思い出されます。今週末、天気持ってくれるといいですね。私は立川辺りに行こうかなと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

ラジオ体操の季節だよ!!

夏といえばラジオ体操だと未だに思っています。今朝は夏休みなので「巡回ラジオ体操」で武蔵野市に来てました。(私は車で聞いてました)どっかの公園に1500人位来ていたらしく最初の歌の時点でもう声がすごいんです。なんか合唱しているみたいで。身体をほぐす為に足を叩いているところの音もスピーカーを通してもたくさんの人がいるのが伝わってくるんです。多分近所の全く関心の無い人や、知らなかった人は嫌だったろうなと思いました。今日から8月の終わりまでは朝の早い時間から子供が外にいるので車を運転する方は特に注意をしてください。被害者も加害者の家族も悲しい思いをしますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

26日のソウル戦

那須の件は日刊のガセではなかったようですがスポニチによるとマリノスに残留の線で収まりそうですね。

木曜日のソウル戦、車で行くのはちょっとキツイかもしれないですね。まず高校野球の予選があって、夜はヤクルトのホームゲーム。東京体育館ではサーカスをやってますから段取りよくいかないと痛い目にあいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は大変だったようで・・・

昨日は小平で大変珍しいというか、とてもありえない事があったそうで、トップチームのオフ明けでU-18の壮行試合とはいえ負けるのはちょっとまずいでしょう。私は仕事だったので、その現場を見たわけではないのであれこれとやかくは言いませんが「生で見たかった」 ただそれだけです。10時頃新青梅の武蔵野苑のところを通ったので余計にもったいない事をしたなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

先週末を振り返って

まず、先週末から。金曜日は埼玉え行ってました。R16の春日部のあたりからR4バイパスの杉戸の辺りの田んぼがとても綺麗な目に優しい緑になってました。土曜日は予定外の事でしたが急遽、長岡まで行きました。正確には中之島まで。天気のほうも雨で気が滅入ってしまいますが、気温もそこそこ高くその蒸し暑さには参ってしまいました。被災地に向かう北陸道も震災後初の週末だったので渋滞も出ていた様です。今日は本当は休みだったんですが、色々あって出勤になってしまいました。本日は都内にいました。午前中早い時間は雨が降っていたんですが、雨がやんだ後とても湿度が高くなり汗で身体がびっしょりになりました。明日は房総半島ほぼ半周してきます。今年は天気もはっきりせず梅雨もあけていないので海水浴客もまだまだ少ないようで、大きな渋滞も無いので仕事で行楽地の方へ行かなくてはならない者としては有難いのですが、民宿や海の家など夏場の稼ぎ時にこの天気のために、かなりのオーナーさんが困っているようです。夏が苦手な私としてはこの程度の暑さが丁度いいです。でも、自分の子供のころは天気はともかくとしても夏の暑さは大体この位だった様な気がするのですが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

波風なしの今日この頃

週末にゲームが無いのは身体にとっては結構ありがたいんですが、1週間毎の流れで見るとメリハリが無くなってどうにも調子が悪かったりします。月曜日に日刊スポーツの記事で色々ありましたが本当なのかガセなのか今のところ双方から発表が無いので分かりません。私としては嫌いなプレーヤーではないのでぜんぜんOKですが、つまるところ、どのように使うのか?フィットすることが出来るのか?この2点だけだと思います。(至極当然の事ですが)ウチとしてはシーズン当初に比べれば格段に良くなってきてるので後半に向けての衝動的な穴埋めの為なのか、それとも来期を見据えたものなのか、後者でなければ全く意味のなさないものになるので軽率な補強だけは勘弁してもらいたいものです。

アツは福岡ですか?でもこれも日刊スポーツだ・・・・信じる事が出来ますか?やっぱりオフィシャルの発表まではウチのことも含めて放っておくのが一番だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

中越沖地震

とりあえず、向こうにいる知人やその家族とかは皆無事だったのでよかった。北陸道も一部の区間が止まっているので昨日の時点では十日町とかの上越へ抜けられる道はかなり混んでいた。黒崎のSAに東北方面の仙台から派遣された陸自部隊の車両が沢山いたり、帰りの関越では大宮や練馬の陸自車両とスライドしたりして3年前の記憶が多少なりとも蘇ります。昨日、東京に帰って思ったのはある程度仕方のないこととは思いますが今回の件を「新潟、長野」とかなり大きな括りで見ているなと感じます。メディアも含めて。実際は柏崎の辺りがメインで大きくやられていて、私も向こうへ行くのに道路情報を正確なかたちで手に入れることが出来ずに内心ドキドキで向かいました。センセーショナルな映像などの方が絵的にも良いのは分かりますが被災地以外の所ではそれと同じくらいそういう地味な部分にも力を入れてもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

中越地震

もう悲惨としか言いようがありません。3年前の地震からやっと目に見える形で復興しつつあったのに。震源が前回とは異なっているとはいえ、あまりにも酷すぎるでしょう。仕事で向こうにはちょくちょく行くのでビジネス以外にもなじみの人が結構居て、年明けくらいからようやく心身ともに余裕の出てきた人もいたのに、自分が何も出来ないだけに余計に辛いです。

明日仕事で長岡から新潟の市内のほうへ行きます。まだ当日でバタバタしてるかもしれないし、身内と連絡を取ってるかもしれないので私の知人たちには連絡をしていません。みんなが彼らの家族も含めて無事でいてくれることを信じてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

後半戦チケット

今日の午後に飛脚がチケットを持ってきました。改めて見てみるとココ数年来の事ですがナイトゲームがやっぱり減っているなと思います。人それぞれいろいろな事情があるので一概には言えませんが、私個人としてはナイトゲーム大好きなんです。国立でも飛田給でもそうなんですがコンコースからスタンドに入る時にあの芝生の緑がとてもまぶしく見える感じが気持ちを昂揚させてくれるような気がして、出来れば以前ほどではないにしても、もう少し1900や1800代のキックオフを増やしてほしいなと思う事があります。

10年継続?SOCIOについての紙が入ってましたが敢えてそれに対しての感謝的な粗品等は別にいらないのじゃないかと思いますが、私としてはそういったことは(あくまで人によってですが)周りに対してひけらかすような物ではなく、自身が年老いてくのと同じように「あぁ、もう○年か」と自分で振り返るだけで良いのじゃないかと思います。クラブとして「永年ありがとうございます」という謙虚な気持ちは大切にしなければいけないとは思います。でもシーズンパスを購入してまで見に来るのは純粋にサポートしようという一種ボランティアにも似た奉仕の気持ちのほうが大きいと思います。そんな気持ちに報いるのは結果がどうであろうと最後まで諦めずに戦う姿勢と、近い将来、大きなタイトルを届けてくれればそれでOKだと私は思います。それと途中に空白期間があればそれは継続にはなりませんので、曖昧な制度ならば尚更やめといたほうがいいでしょう。

今日からおよそ1ヶ月の中断期間になりますが後半戦はタイトル云々ではなく楽しくて熱いゲームを期待しています。今シーズンは下手に策をめぐらすと墓穴を掘る可能盛大なので慣れないことに手を出さず、基本?に忠実に頑張ってくれたらそれでいいです。

明日からはTOKYOに投資する為に労働に勤しむひと月になります。アウェイの広島以外は追いかけるつもりでおりますので、休日はキチンと身体を休めて少しでも睡眠時間を増やせればなと思ってます。ココの更新も滞ることなく出来るだけこまめにやっていくつもりです。それとウェイトダウンのために天気の良いときは会社までの片道16キロくらいを自転車で行こうと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あまりにも傲慢な

少なくとももう少し客観的に自らを見つめなおしてから出直して来い。http://www.saishin.co.jp/column/weps/121.html個人的にはアウェイに行って冷たく扱われたりそんな事は何とも思ってません。必要以上に嫌われるのはとっても嫌ですけど。この文面を何度読み返しても筆者の言う「数の論理」の多大な肯定と「身内への甘さ」しか感じ取れませんが。ビジターのサポーターが大挙して訪れればそれは「お前らにとって大切な客なんだからキチンともてなせよ」と受け取れるようなとても胸糞の悪い傲慢さが臭ってきます。郷に入れば号に従う、これを暗黙の了解として守る事がゲーム中は互いに丁々発止しても終われば変な暴力沙汰が極めて少ない日本の良さなんじゃないのでしょうか。相手クラブのルールをサポーターが破ってそのケツ拭きを当該クラブが連帯で負うのもそんな事は当たり前。それは被害を受けたクラブが相手のクラブの顔を立てて、本来なら厳しくやりたいところを「お宅のやんちゃな坊主に少しお灸をすえてやってくださいよ。」と、とても日本人的な出来るだけ事を穏便に済ます良さが大人なのに理解できないのでしょうか?こういう現実を直視してないと受け取れる軽率な発言が筆者個人としてでは無く、場合によっては全体の総意と受け取られてしまうので特にスポンサーの看板を背負ってる時は注意したほうがいいと思う。昔に比べれば熱さを勘違いしてるような馬鹿はかなり減ってはいるけれど、人数が多いだけにまだまだ軽はずみな輩が多いクラブなんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナビスコ 2-4飛田給

おはようございます。昨夜はホームだというのに見事なまでの負けっぷりで、あの雨もあって体調を崩してしまっている方も多々いらっしゃると思います。ゲームの方はと申しますと他のところで結構詳細に述べられてるようなので敢えてディープにはいきません。(いつもの事ですが)

なんといってもマリノスが完全にウチの出方を読みきっていて、又その読みどおりにウチがズボズボ嵌っていってしまったという相手のプラン通りのまるで振り込め詐欺にCDの前まで誘導されて大枚を知らないうちに巻き上げられてしまったようなバツの悪い結果になってしまいました。勝負事なので良い事がそんなに長く続かない事も判ってはいるけれど勝ちたかった。この間のカタール戦じゃないけど昨夜のウチはオシム風に言えば「彼らはサッカーをやっていた」という事です。(ネガティブな意味で) あの雨で滑りやすい中マリノスのプレスの早さに対応できてないのに中盤で繋いでいこうとして、時にボールが止まってしまったり逆に予想以上に走り過ぎてしまったりしてイージーミスからカウンターされて、ゴール前の混戦でノーマークの相手プレーヤーにビューティフルなシュートを決められたり、ほぼウチの自滅に近い形で終わってしまいました。あんなコンディションのときは単純に放り込みのほうが相手も嫌だと思うしウチだって分かりやすかったと思うんだけど。マリノスは基本的にはボールを奪ったらなるべく手数をかけずに前線にフィードして早めに数的優位な状況を作ってフィニッシュに持ち込む雨中のお手本のようなゲームだった様な気がします。正直、完敗です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

鴨川で。

昨日、館山の方から銚子まで行きました。仕事です。途中、木更津にも寄ったりで丸1日がかりでした。鴨川の山の方の田園風景が結構好きで、特に午前中というにはまだ早い朝の通勤や登校が一段落したくらいの時間がとても心地よくしてくれて何度きても飽きません。イメージとしては昔、林間学校とかに行ったりした時に、朝まだみんなが寝ているときに窓を開けたら、目の前に丁度良い高さの山にむせ返るような緑と鳥の声が自分を引き付けて放さなかった時のような感じです。(上手く表現出来ません)

行くとわかりますが段々畑の田んぼは自分のイメージする里山な感じで、色々と開発が進む千葉県ですがそんな良い部分は残してもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VS マリノス、ナビスコ

明日はかなり天気のほうも荒れそうですが、ゲームのほうはスッキリ勝って上にこまを進めたいところです。自分としては雨のときにやられてしまった記憶がそんなにないのですが、(ただ、悪い事や、嫌な事はドンドン忘れてしまう質なのでかなり曖昧なところがあるにはありますが) どんなかたちでも勝ちにこだわって、下手に守ろうとするとウチは不器用なのが揃い過ぎてて、そこを衝かれてひっくり返されそうなんで、いける時には遠慮せずにガツガツ行って笑わしてください。これが終われば本当の意味での中断になるので良い結果のみを期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

アジアカップ

今野が出るとか言われてますけど、絶対に無理をすることなく怪我などしないで帰国してください。だけどアジアで敵なしの状態にしないとオーストラリアもこっちのエリアに入ってきちゃって後々面倒なので、やっぱり多少の無理はしてもらって、伊野波もチャンスがあれば活躍してまた一回り大きくなって帰ってきてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナビスコ三ツ沢0-1

昨夜は危ない場面はあるにはありましたが、やられてしまうイヤーな感じは全くなく予定通りに勝たせていただきましたという感じでした。マリノスは「どうしちゃったの?」というくらい守るにしても攻めるにしてもチグハグで、またそんなときのマリノスらしく松田や河合のファール癖が良い具合に出てくれて、特に河合の終了間際のフェードアウト。ゲストを喜ばす粋な演出には「自称」名門クラブ様の心意気を感じざるを得ませんでした。有意義な日曜日の夜を過ごさせてもらいました。今度の土曜日にも逆にゲストとしてホストのわれわれに笑顔の勝利を手土産に持ってきてもらいたいものです。

後半直ぐにあの場所でノリオが持つと必ず決めてしまうのがウチのお約束になりつつありますが、相手だってそれはわかっているのにケアしきれないのはやっぱり福西とノリオのコンビネーションがかなり良いということなんでしょう。あと、ノリオがハユマと後半マッチアップしたとき肩をやられたみたいだったけど、あの感じなら何ともなさそうなのでよかったです。何しろ気を抜くことなく週末もきっちり勝って10月の予定をこちらもきっちり埋めたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

結構怖いぞ、菓子パン!!

まじめな話で体重を落とそうと食べ物のカロリーなんかを気にしてみていたら、もお、こんな事は常識なのかもしれませんが、すごいことに気がつきました。いまさらなのかもしれませんが、ある種の菓子パンは最高の「デブの素」なんだと。例えばチョコチップ系のメロンパンを1つ食べるのと、スナック菓子1袋では基本的に摂取カロリーには大きな差はないことや、コーラ1ℓのほうがはるかに摂取カロリーが少なかったりする事にとても驚きました。全てのメーカーの全アイテムを調べた訳ではないので一概には言えませんが売り上げベースで各アイテム上位のもので見てみたのでおそらく間違っては居ないと思いますが。

それで自分の体重が増えてしまった原因を思い返してみると、多分に菓子パンが原因ではないかと思えるところが多々ありまして、太りだす少し前から、食事をとる時間が無い為、その部分を短縮する為に仕事をこなしながらも邪魔にならない菓子パンを週のうち8割くらいの確率で食べ始めていました。その後1ヶ月位してから確かにウェイトが上がりはじめて現在のような醜い豚状態に至ってしまいました。これから本気でウェイトダウンするために頑張りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユルーイ土曜日

今、ナビスコの浦和VSガンバを見ながら更新してます。ホームだけあってレッズが押しているのは確かですが、ガンバが決定的なチャンスを2回バーに当ててしまったり、せっかくもらったPKを止められたりでは後半に立て直す事出来ない限り普通に考えればガンバの負けパターンのゲームでしょう。どうなるでしょうか?もう少しで前半が終わります。

さて明日はうちが三ツ沢でマリノスとやるわけですが、アウェイゴールが絡んでくるので1点でも、2点でも何しろ多くとって利子をつけといてもらいたいです。今野も伊野波も居ませんが、そこはそれでどうにかしてくれるでしょう。昨日あたりまでついていた雨マークも取れて明日は天気も大丈夫なようなので、何の確信もありませんがきっと勝ってくれるでしょう。当ブログは他の東京系ブログに比べたらかなり僻地になりますので、なかなかアレですが明日のビジターチケットあります。前売り定価でOKの方声かけてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

地方のクラブじゃ出来ないね。

安齋肇×BEAMS、かなり惹かれるものがありますhttp://soccer.phew.homeip.net/go.php?id=1774&mode=2&t=1183604410多分、買ってしまうこと間違いなしです。個人的な趣味の問題だとは思いますけど、遊び心のある物の方が好きです。あと欲を言えば、あと1サイズ大きいのも準備してほしかった。本日より大至急「無駄肉落とせ」を発動します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

自分を見つめなおして。

今日はサボっていた訳ではないけど、月初の割にはかなり早めに帰社してしまい、まぁいい調子でいたところ、いきなりウチのボスである支店長が「ちょっと時間あるか」と来たので、もしや顧客からクレームか?と思い、「なんか、やっちゃいました?」と聞いたら、只の管理職面接でして、いらぬ冷や汗をかいてしまいました。面接といってもこの支店長にはもう10年以上直属の上司だった頃から世話になっているので和やかなムードで終える事が出来ました。今日改めて思った事、必要以上に馴れ合うな。身内(自分)に厳しく、他者に思いやりを。どんなときも驕る事なかれ。

ナビスコの三ツ沢のビジターが1枚余ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

ワンチョペ

ワンチョペ、正直やっぱりなと思う結果になってしまいました。本人も努力をしていたとは思うけどチームにフィットしなければある程度仕方がないかなと思います。個人的には好きでしたよ。あのウチには今まで居なかったパスの出し方とか、アレが通ってれば面白いだろうなとか結構あったし。でも結局それだけではダメなのも自分としては理解できたし、彼のプレーヤーとしての資質もウチでは宝の持ち腐れになっていくのも手に取るように伝わってきていたので、答えとしてはこれで良かったのではないかなと思います。ウチのフロントもケチな事もせずワンチョペがこの先移籍しやすいように、このようなかたちで治めたのも英断だと思います。ダメなクラブだと捨てられたダメ亭主の如くウダウダ付きまとうような事しますから。ただ、もうちょっとピッチで見たかったのも本音としてありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1-2カシマの傾斜は客思い。

結果論で言うんではないのですが、やっぱり見ていても負ける気はしませんでした。当然失点シーンも含めて昨日、記したとおり自分の中では勝てる気がいっぱいでした。前半はウチの入り方も決して悪くはなかったし、ゴール前での押し込み方も鹿島のいつものパターンなので1点取られても絶対にいけるなと伝わってくるゲームでした。ただ、もしウチが1点返すのが前半だったらちょっと難しいゲームだったかもしれなかったけど、後半からの攻勢のなかでひっくり返す事が出来たのでウチに追い風がある状態をキープする事が出来たし、鹿島に全体の修正をさせることなく楽ではなかったけどそのまま逃げ切れたかなと思います。最後のモニのファールでPK獲られた場面もなんとなく土肥が止めるかな?と思ってしまうほどの空気が昨日のカシマには漂っていて案の定バーを叩いて事なきを得ました。この流れのままナビスコ、アウェイ三ツ沢奪取して楽しい夏にしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »