« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月30日 (木)

アウェイ広島0-5

どんな形でも勝って東京に戻ってきてくれればOKと思っていたのに5点は出来すぎじゃないか?と思ってしまった昨夜でした。前半の終わり頃の危ない所を切り抜けられたのは、今のウチにはツキがまわってきたのかな?と思わずにいられない場面でした。平日のナイトゲームにもかかわらず思ったよりも多くの方が広島までいかれたようで、その方々も、とても最高の気分で東京に戻る事が出来てよかったですね。アウェイで負けるとそこが遠ければ遠いほど帰りが辛くなりますから。スカパーで見ていても現地の喜びが伝わってきました。

広島の状態云々は関係なく勝ちは勝ちだし、向こうにチャンスが全くなかった訳じゃないし、ウチだってまだ久々の1勝だけどこれがきっかけでいい所まで行ってくれそうな気もするし、次の神戸も前半に比べるとブレーキがかかり始めてるので、文句なしに叩いておかなくちゃ順位的にもきつくなるので水曜休んだ分、土曜日はふくらはぎプルプルするくらい頑張ろうと思います。

私は昨夜放送終了とともに、いつの間にか寝てまして、ただ昨日の久しぶりの勝利のおかげで今日は仕事を気分良くこなす事ができまして、個人的によい状態で土曜日までいけそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

こんな時だからこそ、広島に行きたいんだ

メディアの情報によると金沢は仕方ないにしても、平山と梶山までが少々怪しいようですが、曖昧だけど多分大丈夫でしょう。学生にとっては夏休み期間中ですが、元々夏季休暇の制度がない我が社では、平日のナイトゲームで尚且つ広島となると流石に行く事は出来ません。が、昨日、今日と会社で中国方面の仕事を多々当たってみたのですが、こんなときに限って中京までしかなく、仕事に絡めての広島行きはなくなりました。そこで今夜発でどうにかなりそうな高速バスを探してみたものの、片道1万円以下の物があるにはあったのですが、元来、乗用車やトラックでは全く大丈夫なのに、どういうわけかバス酔いをしてしまう性質でその格安路線の使用車両がトイレなしのスタンダードタイプだったので、そんなものに12時間も揺られていたら、きっとビックアーチに辿り着く事など出来ずに知らない土地の病院に収容されるのが関の山かと思い、今完全に広島行きを諦めました。

広島とウチの順位を考えたら絶対に落とす事の出来ないゲームだけど、その事にとらわれて硬くなるような事がないように、再開後の磐田とのゲームはダメだったけど、その後の結果は出なかったけど試合をこなす毎に良くなっている今の状態をさらに熟成させるようなゲームが出来ればきっと勝ち点3を持ち帰れると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

警察官による国分寺市女性射殺事件

立川警察署の国立富士見台交番勤務の警察官による女性射殺事件後、私の見る限りでは夜にルールを守って走行している自転車まで有無を言わせず停止させて、場合によっては3~4人がかりで行っていた職質を見かけなくなりました。私は車から横目で見ていただけでしたが、正直その少し先のコンビニの店先でどう見たって中学生くらいにしか見えない子供が深夜にほぼ毎日集団でいるのに、キチンと最低限度の法を守っているであろう市民に何もしてないのに個人情報を無理やり聞き出してるとしか思えない行動には疑問を感じていました。

この件があった後、「全国の警察に勤務する大多数の警察官は真面目にやっていて大変迷惑をしている」と言う現職やOBの声を聞きますが、警察の組織を民間企業に置き換えて考えれば犯罪や不祥事の発生頻度は異常といえるほど高すぎます。それに件の警察官も含めて民間なら発生又は発覚後その事件等が大きければ大きいほど、処分の発表等も役所に比べると相当早いし、刑法犯となればとっとと懲戒免職にして追い出してしまいます。今回の件は私の知る限りまだ懲戒免職にはなっていないようですが、このまま世間的に騒ぎが沈静化するのを待ってそのドサクサで、ン千万の退職金を払うつもりなんでしょうか?

最後に、もし国立や立川で警察官に職質をされたら「撃たないで下さいね。」と可愛く笑顔で言って、「ストーカーするのだけは勘弁してね」と首をかしげてお願いしておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

vs浦和 埼スタ2002 3-2

よく頑張ってた。よく頑張ってたよ、でも0-1から逆転されて、3-1になって少し前ならみんな諦めて下を向いてしまうところだったけど、頑張って踏ん張って、1点返して3-2にして浦和の背中に手が届いてただけに、出来ればドローにしたかった。だってゲーム全体を見てもここ数年のvsレッズの中ではかなりいい感じの試合内容だったし、向こうのコンビネーションの悪さもあって割とゲームコントロールは出来ていたと思う。それだけにリーグトップの浦和を相手に、たとえ勝ち点1でも良いきっかけになったと思うし、中断明けからみんなが今やっている事の自信の裏づけにもなっただろうから、結果がほしかったな。甘いかもしれないけど、「今日は勝っちゃうかも」と始まる前から思ってたし、自分も含めて見える範囲のゴール裏は始まってからも凄く熱く良い雰囲気だったし。

やっぱり今野は一つ前でこそ生きる選手。、あそこでも悪くはないけど「良さ」が消えてしまってる。リチェーリを下げて平山を入れてしまう気持ちも分からなくはないけど、その後の浦和の対応が楽になっただけで、ウチにとってはかなり勿体無かったかな?と思うのですが。ウチも個々のプレーヤーの能力はレッズに引けはとらないと思うんだけど、連携が悪いながらも最終的には勝ってしまっている浦和のプレーヤーの勝負強さとか、博打で言う所の、自分たちに「風」が吹いて来ている時の厚みのある攻撃とか、其れを感じる事の出来る勝負勘とかやはり凄いと言うしかないのかな。

だけど内容については【決定力】を除けば問題ないと思うので、このまま途切れることなく続けてれば短絡的かもしれないけど近いうちに結果が出ると思います。当然良いほうの。広島アウェイには行けないので、スカパーで見る事になるけど、次からの2試合は絶対に落とせないゲームだし、相手もそんな風に思ってるだろうから難しいゲームになると思うけど、もう勝ち点3(×2)を取りこぼす事が許されなくなってきてるから、夏の最後に広島まで行った人たちが笑って帰ってこれるように絶対に勝つことを願ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

何も知らないまま浦和戦

今週は世間的にお盆の連休明けでとても忙しく、夏休みが実質的にない私にとっては、とんでもないとばっちりを受けたとしか思えないような状況の1週間でした。

まずウチの情報に関して、いつも以上に知りません。普段から必要以上にアンテナを張ってる方ではないけれど、家に帰る以外は殆ど東京にいなかったものだから余計に何も知りません。

浦和に関しては特に何もありません。ワシントンがいなくてもチビや久本雅美になんとなく似てるFW二人が仕事をこなしている事や、ハイキングウォーキングの卑弥呼さま似のフィールドプレーヤーがサブの野人と称する原人とコラボしたりする面白クラブだという事しか把握してません。

そういった意味でウチにとって今日は90分間ゲームに集中するのがとても難しい、駆け引きを要する試合になりそうですが相手の素人お笑いシフトに仕事をさせないように、こちらの笑いのハードルを高く保って勝ち点強奪して越谷で阿波踊ってしまえればこっちのもの。今夜は電車で行っても、車で行っても南越谷でイベントがあるのでどちらも帰りは地獄でしょう。昨日の天気予報が大きく外れて涼しくなってくれれば見るほうも、やるほうも少しは楽になるので期待したいところだけど、やはり最低限のマナーとして着替えはもってこい。はっきり言わせてもらえば「臭いんだよ」本人はわかってないけどムカつくんだよ。1人で来てる人もそうだけど、グループで来てるやつは仲間なんだから注意してやれよ、それとも嗅覚に何かしらの疾患でもあるのか?今日はビジター売り切れでそんな状況で飛んで跳ねてするんだから余分に着替えは持参する事。では本日も頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

一部の人、ペットは家族?奴隷?

私は犬とかのペットなどには子供の頃から全く興味などはないのですが、もう夏も終わりに向かい残暑の厳しい時期になってきましたが、今年もいました相も変わらず夏の炎天下に嫌がっている犬を散歩させてる老若男女問わず馬鹿共が。どう考えても、どう見てもこれはくそ熱いとしか思えないアスファルトの上を、飼い主様は女性の場合はご自分は日傘を、男性の場合はペットボトルに冷たそうなドリンクと指先にタバコなぞを持ちながら、愛する「家族」を、灼熱地獄に(当然)素足で歩かせたりしてました。99%の飼い主はそんな事はしていませんが、ほんの少数の責任感のないオーナーが偽善的な自分の態度に気づかずに平然と動物虐待をしているのだから飼われている犬にとってこんな恐ろしい事もないでしょう。穿った見方かもしれないですが、そういう飼い主は見た目一風変わってるように見えるので注意とかすると逆恨みされそうで正直嫌なのでその場では何もいえませんが、どういったアプローチをすればいいのか考えたりもします。て言うか、こんだけ暑いんだからテメエで気づけよ馬鹿と言ってやりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

8月18日vsレイソル

土曜日、戦っていたと思います。気持ちを感じられるプレーも今シーズンの中では一番だったと思います。見方によっては人それぞれとは思いますが、ゲーム自体を大半の時間帯でコントロールしていたと思いますし、再開後やっと「普通」のプレーが出来ていたように感じました。私は90分通じて完璧なプレーを望んでなんていません。どんなに素晴らしいクラブでも相手がとんでもないくらい弱い素人相手で無い限りそんな事は不可能なわけでして、ミスを最小限度に抑えて、そこからの相手の出鼻をくじく事が出来ればある程度はOKだと思ってます。そういった意味で柏相手にある程度は出来ていたし、梶山のファールで獲られたPKの1点だって致し方ないものでしたし、個々のプレーヤーも気持ちを切らすことなく頑張っていたと思います。ただ、いくらDF面でよくやっていたとしても攻撃面でいい所まで運んでも相変わらずの決定力不足は直っていないようで、下が持ちこたえていても、それを得点という形でサポートしなくてはいけない上の方が決められなければ勝てるわけはないか。

今週は土曜日まで時間があるから多分打てる手は漏らすことなく必ず打ってくれると思います。浦和との力の差なんてものは言われずとも分かってますが、1%でも可能性がある限りはプロである以上、原博実体制になるとどうも相性の悪いカードでは在りますが今節のような熱いプレーをして、大方の予想を裏切ってほしい。

社長を何故あのタイミングで出してきたのか?もしあそこでメッセージしなくてはと思ったのなら村林さんで良かったと思う。昨年までは他人事だった場面ですが、「社長出て来い」と言われてかなり時間が過ぎてから現れるのに比べればある意味勇気のある行為とは思いますが、やはりタイミング的にはまだ早すぎると感じます。このとき私はここ3試合の疲れが一気に出てきたようなかんじで、足がピクピクして喉は痛くて頭がボーとしていたところにスピーチが始まったようで、ブーイングしたり罵声を浴びせたりしてる方たちの体力に目を奪われてました。そんな事に時間と体力使ったって意味のないような気もしますが、其れをやってしまう気持ちもそれぞれの表現だと思いますので否定はしませんが、とりあえずクラブの方向性はこれではっきりしたので行ける所には極力出向いて、(ただ集いたいだけの周りを不快にする方々はH、Aともご遠慮いただくとして)シーズン終了して後悔する事の無い様にスタジアムの観戦場所を越えてみんなで後押しをして少しずつでも良い方向に持っていけたらと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

さぁ北部千葉戦だ

Jsdf_hamamatu 今日は絶対に闇雲に攻めて、カウンター食らってやられるがままだけはやめていただきたい。特攻、玉砕が徐々にではあるけど賛美されつつある昨今ですが、やはりそれは指揮官や参謀の無策無能から出てくる悪あがきでしかないので、キチンと計画を立て、相手をウチの術中にはめて勝ち逃げするくらいで行ってほしいな。難しいけどね。でも今日はかなり涼しいからきっとスタジアム全体が元気に飛んで、跳ねて、歌って、手を叩いてまとまる事が出来るでしょう。ではスタジアムで。これは空自の浜松基地です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタジアムでは、まずは信じる事。

とても久しぶりに老舗の某掲示板を見ていて感じた事。

① いわゆる常連の書き手が十中八九ネガティブ。

② その中の一部ではあるけど表現をする際に自分の感情を生々しいまでに出しすぎていてとても気分が悪くなる。

③ 負けが込むとやたらと文章が長くなる。

④ 自分と意見が異なると敵愾心むき出しで相手を攻撃している。

⑤やたらと「来年ソシオの継続しない」や「もうスタジアムへ行きません」と言う。

自分の発言に最低限度の責任を持つ意味でも他所のBBSでガタガタ言うのをやめて、せめて自分のブログをやってそこで表現したほうがいいでしょう。フロントに対してクレームをつけたい気持ちは分かりますが、匿名性の大きな壁に守られた中で時に暴力的な表現を行う事を許している変な仲間意識は、第三者から見ると嘲笑の対象でしかない。老舗のBBSの中だからこそ、それだけ見られる機会が多いのだから、そこで棲み分けを行わないとそこに来てる人みんなが同じだと思われちゃうぞ。

                                                 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

明日は、VSレイソルズ

今日の午前中飛田給にてクラブ史上初の前日練習を行ったそうですが、現場で見た訳ではないのですが相変わらずの芝の状態のようでして、まぁそれでも何もやらないで見切り発車のような形で本番を迎えるのに比べれば絶対に意味のあることだけど、ここまでやってチャンスに滑ってしまったり、足をとられてマークを振り切られて決定的な場面でドカンとやられてしまっても、言い訳も出来なくなりある意味自分で自分の首を絞めることなどないように、余計な+αなプレーなどせず積極的にゴールを狙っていってほしいものです。

開幕の頃の勢いもかなり影が薄くなっているとはいえ、ウチに比べればはるかに高い確率でシュートを枠に飛ばす事の出来る柏レイソルですが、今のウチのポジションを考えればホームだからとか、そんなくだらない理由など関係なく今後の勢いをつける為にも叩いておかないといけない相手なので、どーにか、どーにか、どーにか取りこぼす事のないようにピッチもスタンドも一体感を作ってよい結果が出るようにしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

改めて磐田戦。ウチは乃木軍か?

昨夜は帰宅後直ぐだったので改めて。

本当に勝ちたいのならば味方に対しても非情にならなければいけないことを、開始早々の相手プレーヤーから学びました。そりゃぁ見ているこっちだって目の前すぐのところで流血して倒れてれば、とりあえずは一旦ゲームは止まるかなーとは思ったけど、レフリーがストップもかけていないのにウチのプレーヤーの殆どが勝手に足止めてるんだから、お人よしもココまで来ると唯の阿呆に見えてくる。悪い事ではないのは分かるけど人の心配するよか、まずは自分たちのケツに火がつき始めてる事を忘れてるんじゃないかと思った。

帰りの東名のSAでバスから降りてくる選手を見たけど、数年前の勝ったり負けたりはしてもなんとなく良い位置につけていた頃よりも、当たり前だけど重苦しい感じが出ていたし、声をかけづらい雰囲気があった。

今シーズンの残り14試合のうち最低でも半分勝つか、それに相当する勝ち点を取らなくては来年、本当の地方のドサ回りをする羽目になるので今週末から残り試合全部、どんなかたちでもシュートして、決まらなくてもキチンと枠に蹴って、つまらないパスミスは減らして、普通のクラブの様なプレーを望みます。くれぐれも見栄を張って天皇杯なんぞを狙う事のないように、私が思うにやっぱり大切なのはリーグ戦、その他のカップ戦とかは当たり前のことのできる普通のチームが狙うもので、ウチの様なチグハグなところは、やはり一つの事に集中しないとこんな風になっちゃいますから。

いろんなところで、いろんな人が、それぞれのスタンスで発言してますが、まずはJ1に残留させなくてはどうにもならないのだから、個人的な吊るし上げをするなら、その手の事に殆ど影響力の無いWEBやネットに頼らず、昔ながらのアナログな方法をとって、然るべきルートでフロントにアプローチすべきでしょ。批判ばかりするのは簡単だけど、そこからどうするかの対案も提示しないと第三者の理解は得られないから。

でもね、これは私が感じてるだけじゃ無いと思うけど、今シーズンのチームスタッフに参謀といえる人間がいない気がする。肩書きの上ではいるのかもしれないけど大所高所から冷静に判断を下せる、指揮官に意見具申できる有能な作戦立案者が不在の感がある。だとしたらウチの軍師を若者チームから戻すなり、他から有能な確実な人材を連れてくるなりしないとこのままズルズルいってしまう気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VS磐田。止めは浜松焼け

色々と手を尽くしてもよい方向に行かないのならば、全ての組み合わせを変えてみるのが正しいんじゃないか?スタメン、アレでいっぱいいっぱいなら、最後までヤレテタの以外は外すべきじゃないか?何かにこだわり、その呪縛から抜け出せないでいるのが一番の悪ではないか?経験や実績ではなく未知数の若い力に賭けてみるのも手じゃないか?何をやっても上手く行かないなら、在るべき処に然るべき駒を置き、確信は持てなくてもその道の者にチャンスを与えて様子を見る事もすべきでは?

平山や赤嶺の様にゲームに飢えている若者が結果を出しました。今野の強引な突破からPKが生まれました。プレイヤー誰か個人の責任ではなく全体として見た時、負の連鎖を止める事を最優先にすれば、自ずと次のベンチ入りメンバー(スタメン)も変わってくるはず。もし大して代わり映えしなければ、それは「愚」としか言えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

VS遠州 (磐田) 前の日

あー明日も暑くなりそうだ。歳のせいかも知れないけど、先週末の疲れが全然抜けない。週明けて仕事だったもので余計に身体がダルイ。例年ならお盆前後の仕事はたいした事ないはずなのに、今年は曜日が良すぎるのか、かなりの人数の休みの日がかぶってしまい、ほぼ通常通りの出勤者に痛いほどのしわ寄せがあり、私もこの二日間出張並みの地方回りをしてました。

明日と明後日はアウェイ絡みで休みを取ってますが、ニュースなどでは今日がUターンのピークらしい事を言ってましたがいつも通りの車でのヤマハ行きなので帰りが心配です。今シーズンはアウェイでの当たり年のようなので私は凄く期待してます。前半戦からホームで勝ってないのは分かってたけど、アウェイで勝ちをまあまあ見てたのでそれほど気にはしてなかったけど、「他所に行って出来る事はウチに帰ってからもちゃんとしなくちゃダメでしょ」と思うので明日は何が何でも勝って(勝たせて)週末のホームも美味しくいただけたらと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

vs大分、第三セクタースタジアム

昨晩のあの形容しがたい蒸し暑さに加え、何のメッセージも伝わってこない個々のプレーの為にイヤーな日曜日を送っている私です。正直、中断前に比べたら絶対にマシになっているだろうと期待してました。だって1ヶ月くらい中断していたわけで、普通に考えればその期間中に休暇もあり、リフレッシュのために遊びに行ってたりしていた筈で、私のような典型的なプロレタリアートの凡夫にすれば、「休みを多くもらい」、「年齢からすれば考えられないほどの収入があり」、「本当の意味で自分のやりたい仕事」をさせてもらえたら自分の全身全霊を注ぎ込み醜態をさらすような事はしないと誓えますが。

色々な要因はあると思います。どんなにダメな結果が出ようと十中八九固定化されたメンバー。自分のテクニックを過信しているかのような過度のボールキープ。他人任せで見方へのフォローの少なさ。綺麗なプレーを意識しているとしか思えない確実な形でしかシュートしないチャレンジ精神の無さ。そして、相変わらずのクロスの精度の言いようの無い悪さと、決定的な運動量、持久力、瞬発力の無さ。何度、いや何年同じ事を繰り返すのか、こいつらが私の部下だったり後輩だったら引導を渡してやってるところです。

暑いのは相手も同じ、芝が悪いのも又然り。言い訳は聞きたくない、要は気持ちの問題、やってることは相手と同じ、その道筋が違うだけで結果を出さなくてはいけないのは我々だって同じ事、その危機感や追い込まれ方に対する心の持ちようがウチにはかなり足りないようで。水曜日のアウェイ磐田にはなんだかんだ言ったって行ってしまうのです。パブロフの犬のようにその後のアウェイのゲームだっていつもと同じようにチケット買ってるし、中三日しかないけど本気で、口だけではなく実感として危機感を持って準備して、これ以上不甲斐無い姿を晒す事のないように期待してます。働かざるもの食うべからず。ファン、サポーターも小平に行ってダメなやつらをチヤホヤせずに今の気持ちを伝えてよ。遠慮する事は無いって。微々たる物とはいえ、我々の落とすお金の一部が彼らの年棒であったりするのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

中田英寿、お前は何様だ?

例の横綱問題でようやく中田がコメントを出してきた。プレーヤーとしてはまぁ申し分なかったとは思いますが、人によって感じ方は違えども、私的にはやはり彼はその辺にいる頭のよろしくない元スポーツ選手でしかなかったなと思いましたし、確信しました。

事務所のマネージメントの絡みとはいえ、いい年をして「自分探し」と恥ずかしげも無く言ってしまったり、世界中の飢餓や貧困を伝える映像を使い参院選への投票を呼びかけたりしてますが、自分を見つけられないような輩が偉そうに政治を語ったり、そこそこ金を持っているのに(どう考えても売名行為としか思えない方法のチャリティー名目で)けち臭く小出しにしたり、陸上競技のアスリートと対談すれば年齢的にも大きく違わないのに高みからの目線で「結果を出したら褒美に行きたいところへ旅行に行く足代を出してやる」というような事まで平気で言えるような常識知らず。

元々現役の頃から移籍した海外の現地メディアに「プレーヤーとしての収入よりもCM等のスポンサー収入の比率の高いプレーヤー」と揶揄されたりしてきただけに未だに中身は変われど良くない取り巻き連中が多いようで、人間的にはかなり問題が多いように感じます。彼の本当の意味での成長を考えるなら厳しく人の道を教えられる「大人」が必要かと思います。マスコミ対応も含めて自分が何のおかげで食っていけるのかを、もう一度足元から見つめ直すべきでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

ホーム、VS大分前日

明日からだ。もう、何でもいいから相手に何点取られても。その代わりあったり前の事だけど絶対に相手以上の点を取って勝ってくれれば。暑いしベタベタして気持ち悪いから、パッとスッキリするようなゲームを見せてくれれば個人的にはOKだから。とりあえず再開とはいえ初めが肝心だから、こっちも倒れない程度にギリギリまで頑張ります。やっぱりゲームがあると一週間にメリハリがあっていいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お盆の渋滞が始まった。

何故?どうして帰省や行楽渋滞に大勢の人が平気ではまるのか、全く理解できない。例えば分散だと言って日にちを多少ずらしたところで何の意味も無く、ピークに比べれば断然短いとはいえやっぱり巻き込まれる事になるだけです。もし、渋滞に嵌る事自体も気にしないのならばどうでもいいとは思いますが、本気で渋滞を避けたいのならば、出発時間それ自体を早くしないと絶対に避けられないわけでして、普通の人が寝ている時間よりも、眠くて眠くて仕方が無い時間は絶対に空いている。中途半端な早い時間よりも、とても遅い時間を狙えばかなりの確率で燃料の無駄遣いはなくなるはず。実際自分でそういう混む時期に5キロ以上の渋滞に巻き込まれた事もないし、ラジオの交通情報でとてつもない渋滞距離を伝えているときには、もう全然先のほうにいて眠くなったら仮眠できるくらいの余裕もあり、苦労した記憶は無いです。ごくまれに事故渋滞にやられることもあったけど、そんなときは一般道にさっさと逃げてしまいます。カーナビに頼る癖は絶対にやめて地図を見る癖をつけないと、咄嗟の時に対応出来なくなる。ただ女性の場合は空間を把握したり平面のものからイメージの中で立体化するのが不得手のようなので、最悪の場合はPAやSAで自分の行く方向のナンバープレートをつけた、自分でその会社名を知っている緑ナンバーのトラックやタクシーのドライバーに聞くのが最善でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

あと少し。

もうそこまで来ました。リーグ戦再開です。なんだかんだと言われていますが、中断期間の補強については、やって必ず上手く行くものではないわけですから、これでいいのでは?と思います。ある意味基本的に何も変えないと言うのもアリだと思います。既存のメンバーで細部まで熟成させて、シーズンが終わる頃にはいつものように引っ掻き回して荒らしまくるのも面白いと思います。よくよく考えてみればウチにとって今シーズンは原さんの再就任であっても1年のブランクがあり、かなりの選手が出て行ってしまった現実を見れば、一昨年からの積み重ねではなく、0あるいはマイナスからのスタートなので好いことではないけど現在の順位も妥当なところではないかなと思ったりもします。

再開後は大きな期待はしないけど、見ていて楽しく、熱くなれるゲームを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

選手カード

ちょっと手に入れたいものがありヤフオクに行ったついでに、FC東京で検索してみたら、殆どがカードと言ってもいいくらいで驚きました。普通に発売されているカードで何の希少性も無いと思われるものに買い手がつくものなのか?各クラブのカードの種類だって何百通りあるわけではないのだから、そこから希少価値のある所謂レアカードを手に入れるにしても自分で普通に買ったほうが率がいいような気がします。それにオークションで落としてもクラブの儲けにはならないんでしょ?私にもある種の収集癖があるけど、子供の頃からカードだけはお付き合い程度には集めてもそれほど興味はわきませんでしたから否定はしませんが理解できません。又シーズンが変われば叩き売りをするじゃないか、勿体無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U22。

U-22負けはしました。でも、その負けた事よりも反町君の言い草と言うか、スタンスがどうも気に入らない。確かにFWは必ず点を入れなければいけないポジションだとは思いますし、そんな事はあなたに言われなくても分かっています。だからと言って次にプレーヤーを入れ替えたりする事に全く反対はしません。自分のやるべき仕事を出来なかったならば捨てられるのは当然ですから。しかし日本人FWの決定力不足は今に始まった事ではないし、多数のクラブがある程度は計算の出来る、日本人以外のFWを柱にして攻撃のかたちを作っているのが現状のはず。現に反町君がJで監督をしていた時だって件のクラブではブラジル人が1番得点を獲っていたし、それが怪我や累積などでいなくなると結構苦しんでいたのも事実なわけで、そういったことを考えれば彼が一応はU22の監督なので仕方が無いとは言え、自身のイメージとは違って、自身の主観的な見方をした上で満足な動きが出来なかったプレーヤーに対して露骨にダメ出しをするのは間違っていると思う。反町君自体がJで監督をしている時に苦しみながらも日本人FWを育ててきたのならともかく、結果としてそれは行われてこなかったと言うのが正解だと思う。決定機に決められないのは彼が現役プレーヤーの頃から徐々にその症状が出始めていたのだし、金勘定に走ってマスコミと一緒になって中盤のプレーヤーばかりを持ち上げてきたJFAにも責任の大きな部分があるのも見逃してはいけないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

忘れるところだった。

今日はスカパーのチャンネル開放デイで、G+が見れるのでこの後1745からU22のVSボツアナ戦が見れるんだ。とりあえずウチの平山君が大きな怪我をせずに、また唯でさえ色々と叩かれやすいのでそれなりの結果を出して、後半戦にせめてサブでもいいから入れるような気持ちのこもったプレーを期待したいです。今日出れるのかは当然チェックしてないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JOMO

昨日オールスターがあるのをぜんぜん忘れていて、夕方帰宅してテレビをつけて思い出したほど全く興味がありませんでした。所謂、J-WESTのエスパルス、ジュビロサポーター中心のサポートには「俺には出来ないな」と言う意味で頭が下がります。(嘘です)勝っても負けても、今おかれているクラブの順位なんかに影響しないお祭りゲームにあそこまで入れ込めるパワーはどこから生まれるのか?ああいうのは、生で見るなら客観的にマッタリと、またはテレビでクーラーや扇風機で涼みながら見るのが自分にはあってるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼間の暑さはどうなのか?

毎日暑いです。昨夜辺りからは、夜、風も殆ど無く寝苦しくとてもいゃーな感じになってきました。

この季節はなかなか疲れが取れにくいと思うのですが、何故ウチは練習の時間が真昼間に設定されている事が多いのかとても疑問に感じる。直ぐ横が住宅地だからある程度常識的な時間にしないと不味いのかも知れないけど、夏場は基本的にはナイトゲームなのだから、練習の方もせめて夕方くらいからにしたほうがいいんじゃないかなと思う。単純に人間の体内リズムで考えれば普段は昼間に動いて、本番は夜と言うのでは、それぞれが自覚をしていなくても身体自体が100%の力を出し切れないように思うのですが。夏休み期間だからファンサービス等大人の事情もあるだろうけど、いつでも公開してるのもどうなのかな?と思います。実際、昔と違って特にBBSなんかで、完全にシャットアウトする事は不可能とはいえ、各々がキチンと判断して公にすることは殆ど無かった、ゲーム直近のプレーヤーのコンディションや、これからまだどうなるのか決まっていない練習生の名前まで出してしまうのがいるのだから、クラブとしてもそろそろ一線を引いても良い頃だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

来年は蛍を見に行こう。

私はまだ1度しか生で自然に飛んでいる蛍を見た事がありません。当たり前ですが全く人間の手で育てられていないやつです。高校生の頃その当時つるんでいた仲間の一人が行楽シーズンになるとやたらと混む東京の本当の西のはずれのほうに住んでいて、試験も終わりみんなでそいつの所へ遊びに行こうとなったわけです。昼間は川で泳いだり、河原で肉焼いたり騒いでいたのですが、夕方も過ぎた頃にその友人が「いいとこ連れてくよ」と言って、ちょっとした住宅街の一番端っこにあるそれほど大きくない川まで案内されました。その川を跨ぐ様にコンクリート製の、欄干も無い小さな橋の隅に男女合わせて7人で座ると友人は「あと10分くらい待って」と言いました。多分1900前後だったと思うのですが、近くに家もあることだし、その当時はまだ素直でしたので警察に通報されたらまずいと思い声を潜めてました。静寂が訪れると川の流れる涼やかな音しか聞こえないようなところで、本当に10分位したら川の隅のほうから1つ黄緑のような黄色のような優しい感じの光がしたかと思うと、それを合図にいたるところからたくさんの蛍が出てきて、その数が凄いので大げさにではなく近くの友人の顔が光で仄かに見えるくらいでした。その幻想的な風景に圧倒されて言葉も出ないくらいでした。そこに私たちがいるのに蛍は人間を意識する事も無く頭や背中に普通に止まってそこで光ってたりするんだから。その凄さというか、感じ方によっては圧倒的過ぎて恐怖を感じるくらいの自然を、今思えば多感な時期に本当に良い経験をさせてもらったなと思います。たまに仕事でこの近くに来ると、「まだ、見れるのかな?」と思ったりもしますが、この辺もかなり開発されてしまったので厳しいのかもしれないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

夏の埼スタは辛いです。

iいつの間にか「梅雨が明けた模様」らしいですね。とにかくやっと夏になったので季節としては好きではありませんが、それなりに楽しみたいと思います。ただ、出来る事なら残暑が厳しくなく、極力短めであってくれると嬉しいです。今月後半のアウェイの浦和戦、どうしてこのカードはココ最近夏の暑い時期か、まだ初春の寒い時期とで偏っているのか?もしかしたら自分の思い違いで結構いい季節にやっていたのかも知れませんが、夏季で記憶にあるのはとんでもない夕立に降られたとか、埼スタ特有のコンクリートとアスファルトの照りっ返しで脱水症状寸前になったりしか思い出せないし、寒いときはスタジアムの構造と立地の関係で吹き抜ける北風に身を隠す場所も無く、やむなく階段下のトイレの入り口近くで震えて、手持ちの使い捨てカイロの予備までがスクランブル発進したりと、本当に個人的ですがウチがレッズに勝てなくなってからは特に良い印象はありません。そして今年も残暑の厳しいだろうと思われるこんな時期に行かなくてはならないので堪ったものではありません。

埼スタに限った事では無いけど、ほんの一部の人なんですが、キチンと着替えを持ってきてもらいたい。列詰めをして門から階段の上まで誘導されたら、かなりギュウギュウの状態になるので正直きついです。暑いし仕方が無い面もあるけれど、それって最低限のマナーではないでしょうか?特に素材がしっかりしている布地の厚いシャツは日の高い時間から無理して着ないで、中に入ってから着替えても大丈夫だと思うのです。乾いて白いしみが出ていても平気な人もいますから。傲慢かも知れませんが、子供の頃から何故か分からないのですが、やたらと匂いに敏感で大人になってもそれが直らないので、普通の人以上に気になってしまうもので、ひどい時は頭痛が治まらなくなるときもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

今日は栃木まで

8月最初のお仕事は凄く久しぶりに栃木のほうまで行きました。前に比べると多少はましになりましたが、朝の通勤時間帯は相変わらず芳賀の辺りは渋滞して、ホンダの工場があるので十中八九がホンダ車でしてそれはそれで壮観な眺めになってました。午前中、次は鹿沼に行きました。写真撮れなかったんですが宇都宮から鹿沼に抜ける県道沿いに栃木SCのエンブレム入りの自販機がありました。関東もこの辺までくると、のどかでゆったりした感じが満喫できてもう少し頻繁に行かせてもらいたくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月。後半戦スタートまであと少し。

なにもすることも無く、マッタリとして過ごした週末もあと10日で終わります。本当の意味での後半戦のスタートで、自分としては上位食い込みの期待などは今シーズンのこの時期に及んで全く望んでいません。出来る事ならゴール裏で飛んで、声嗄らしてもイヤーな疲れが残らない、たとえ負けたとしても次に期待を抱かせるようなゲームさえ見せてくれればそれでいいです。そりゃあ取れるものは全部とってほしいけど、勝ちにばかりこだわってつまらないゲームを見なきゃならないのはどうにも好きではありませんので。

8月15日のアウェイ磐田戦はほぼいつもどおりの駐車場が使えるのか不安が残ります。ヤマハの工場は平日なので操業している可能性十分だし、お盆の真っ只中なので地元の民間は空けてくれてるかも分からないし。とりあえず当日は「磐田版ブラジルデイ」のようなので昼間は浜松の方へ遊びに行き、夜はスタジアムで楽しもうと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »