« アウェイvsグランパス0-1 | トップページ | 個々のやり方で熱く盛り上げていけば・・・ »

2007年10月22日 (月)

ハラTOKYOは二年目以降が面白い。

誰が監督になろうとサポートしていかねばならないのは百も承知。しかし、ガーロ招聘以来その過程がウチはどうもおかしい。どこのクラブであってもマスコミにリークする事でいろんな面でのショックを最小限に抑えたり、契約更改にあたって言いにくい事を報道が先行する事によって「本当に申し訳ないんですけど・・」みたいな入り方で短時間で結論を相手に伝えたりと、気まずい空気の中にいるのを短時間に済ませられたりはしますけど、今シーズンの成績不振は宮沢が出て行ったり、マスがレンタルで行ってしまったり、昨シーズンから神戸でプレーするユースケを連れ帰ることが出来ず今シーズンも延長OKしたり、昨シーズンの事だけどシーズン途中で前田が山形へ行ったり、一番大きなのがジャーンの放出。補強に関しちゃ(眉唾ではあったけど)前評判は良かったはずのコブラさんが予想以上にウチにフィットしないし、挙句ほぼ慢性的な怪我まで背負っているし、エバウドはサテライトを除けば、開幕前の「緑ーズ」とのお披露目試合だけで、最近ではベンチにいるだけで1シーズン通せば全くの未知数のまま、どれほどのポテンシャルのプレーヤーなのか解りません。

実際、オフィシャルの方から発表がないので、どこでこの話がひっくり返るかわからないけど、いろんなところで指摘されてるとおり去年の成績を考えれば、これだけのメンツが揃っていてもリーグ3位以内なんて殆ど夢のような話。それも一昨年までチームを率いていたといえども、わずかだけど1年のブランクをチームとして取り戻すのはマイナスからスタートするのと変わらないし、これだけメンツが変わってしまえばもう1~2年猶予を与えるのが筋では?と思います。今シーズンの不出来を原さんに押し付けて、自分たちフロントの責任を回避するのが狙いじゃないか?と勘繰ってしまいたくなる今回の報道は、これから先ウチが成績の悪いシーズンは毎年でも監督の首を挿げ替える悪い癖がついてしまう布石なのでしょうか?

|

« アウェイvsグランパス0-1 | トップページ | 個々のやり方で熱く盛り上げていけば・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハラTOKYOは二年目以降が面白い。:

« アウェイvsグランパス0-1 | トップページ | 個々のやり方で熱く盛り上げていけば・・・ »