« 簡単に結果だけ | トップページ | ハラTOKYOは二年目以降が面白い。 »

2007年10月22日 (月)

アウェイvsグランパス0-1

今年のアウェイ名古屋戦は久々の豊田スタジアムで、前回の元町Pでなく、勘八Pという高速の出口直近に車を止めました。出発地が中央道の近くの場合はこちらの方が断然便利です。11時開門なので最初はかなり人が少なかったのですが、なんだかんだやって1時間半前くらいになるとアウェイ側もかなり埋まってきて、最終的には一杯ではないけれどまぁいい感じになって、得点シーン以外で言えば「人数の割には盛り上がらない」というか、「まとまりが無い」というか、跳ぶ跳ばないはともかくとしても「声くらいは出せや」な位ただ立って見ている方の多いゴール裏でした。

ヨンセンが戻ってきたけどもウチのDF陣の頑張りと、塩田のスーパーなセーブでそれほどの仕事もさせず、中盤で崩される事があるものの、決定的なピンチ自体はそれほども無く、私自身は前半の早い時間に「今日は勝てる」様な予感はしてました。

ルーカスのゴールにつながるシーンは(記憶が間違ってなければ)、今野の最後まで諦めない、天性の直感というか勝負勘から導き出したマイナスのクロスが勝負どころだったと思います。目の前の展開を見ていて正直クリアされてしまうかな?と一瞬思ったけど、ルーカスが(らしくなく)良く反応して足が届いたし、リチェーリもコースを飛んでよけたので、ホントにある意味そういう偶然の重なりを、今野の気迫がそうさせたように感じました。

今朝のスポーツ紙各社ともウチの来期の監督ネタを扱ってますが、その事についてはこの次に考えがまとまってから。ただ、出足は良くなかったけど、いつもの帳尻あわせとはいえ、結果が出てきている最近を思えば、2年前の駄目フロントの稚拙な人事構想が見え隠れして反吐が出ます。

|

« 簡単に結果だけ | トップページ | ハラTOKYOは二年目以降が面白い。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アウェイvsグランパス0-1:

« 簡単に結果だけ | トップページ | ハラTOKYOは二年目以降が面白い。 »