« 大宮戦、結構難しくなるんじゃない? | トップページ | 超個人的に、土肥について。 »

2007年11月25日 (日)

ホーム最終。大宮1-2

みんな言ってる事だけど、「今年のウチの典型的な負け方」だったし、様々な部分で(いまさらながらの)準備不足が最後まで祟ってしまった1年だったかなと思います。

大宮の「負けたくない気持ちより」、「勝ちたい気持ちが」前面に出てそれに押し切られた結果がこれなのかなと。正直、大宮全然大したこと無かったです。でもボールをいいところまで運べるのに最後のところでキチンと、レアンドロを軸に身体を張ってウチの攻撃陣を押し返してシュートを打たせなかったり、後半に先制された後も攻撃で主軸となるプレーヤーが下を向くことなく、直ぐに1点返すし、アディショナルタイム直前の逆転は1シーズン通して何度も繰り返したミス。ホーム最終だから勝った方がいいんだろうけど、帳尻あわせで「勝ちました。ありがとうございました」されるより、この方が良かったかもね。

池上や八田。怪我とか色々あったけど、今シーズン通して何度も使えると言うか試すチャンスがあったはず。それなのに、レギュラーの不調時や故障者続出、代表に持ってかれての人不足。そんな時でも何のアクションもせずに、必要以上に守りに入り、いわゆる控えメンバーが小平でどんなに良いパフォーマンスを見せても、全く起用することなくいつの間にか初冬を迎えてしまいました。誰もこんな風になるとは思ってなかったけど、オプションとしての選択肢を自ら狭めてしまって、後半の本当に尻に火がついてどうにもならなくなってきた時でさえ、本来ならそのポジションで使えるはずのプレーヤーをベンチにも入れず、サテライトで腐らせていた。そうすりゃこんな風にもなりますわ。土肥、福西のトーチュー報道の片隅に八田の事も出てたけど、ウチでの公式戦昨日がでしょ。そう考えりゃかなりいいパフォーマンスしてたじゃない。いくつかミスがあったけど、そこを刺すのであればモニなんかもう死んじゃってるし。最終的にどうなるか知らないけど来シーズン考えると八田を切るのは得策じゃないな。池上だってこの2試合見てりゃかなりいいでしょ。怪我に泣かされた部分はあったけどもう少しチャンスを与えていれば、今以上に伸びていたように感じます。

次の最終節はリーグ戦での勝ちなんかにこだわらないで、天皇杯に向けてある程度選手を入れ替えて試してもらいたいですね。甲府だって降格が決まってるし、ウチだって今更勝ったところでしょっぱい順位には変わりが無いんだから、今シーズン「良かったのに」使わなかった選手を蔵出ししないと本当にまずいことになっちゃうよ。

土肥と福西についてはまた別に書こうと思ってます。2人の方が年齢は下だけど同じ30代として思い入れが強いので。

|

« 大宮戦、結構難しくなるんじゃない? | トップページ | 超個人的に、土肥について。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホーム最終。大宮1-2:

« 大宮戦、結構難しくなるんじゃない? | トップページ | 超個人的に、土肥について。 »