« 行こう、新潟へ勝ち点獲りに!!! | トップページ | 梶山陽平、祝入籍 »

2007年11月11日 (日)

アウェイ 新潟2-1 敗

梶山と福西がいないので守るにしても、攻めるにしても相変わらず単調で、当然1点リードを守りきれるわけ無く、点差以上に課題が改善されていないのが露呈されてしまった何もかもが寒かったビックスワンでした。ゲームをコントロール出来ないから、同点にされたり、リードされたり、何とか守りきったり、もう1度攻めに出たり、そういうムードを変えたいときに叱咤激励したり、口に出さなくてもプレーで仲間を強く引っ張っていけたりする、フミタケとかアマのようなムードメーカーが今のウチには皆無。だから、塩田が何度もゴールを死守しても決定力の無さが足を引っ張り、前線が攻め手に窮してくれば、当然DFも踏ん張りが中途半端になって、エジミウソンのように得点ランキング上位のプレーヤーには幾度も突破されるようになり、失点、中盤が微妙に間延び、スペースが出来てきてミスからカウンター、そうなればPKを与えなくてもいずれはやられてしまうのが手に取るように見えてくる。いい形は出来るんだから、「最後の部分をどうにかすれば・・・」 何年この課題にウチは取り組んでいく事になるのか?

ルーカス→石川のあの感じ、リーグ戦残り3試合だけでもコンスタントに出す事ができるかな?赤嶺はなんか大きな壁にぶち当たっているようにも見えるし。ウチのFWはもう少し力を抜いてシュートすればちゃんと枠に飛ぶと思うんだけど、外す率が他と比べると相変わらず多いかなと感じます。ガンバも甲府も大宮も残りのゲーム、今のところで言えばかなり高いモチベーションで来るだろうし、ウチに関しちゃ今朝の時点では入れ替え戦のラインからまだ脱してないのに、「ケツに火が点いてる感」がプレーヤーやゴール裏で全く無いみたいですが、それって不味いんじゃないの?勝負事は終わるまでわからないんだから。

|

« 行こう、新潟へ勝ち点獲りに!!! | トップページ | 梶山陽平、祝入籍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アウェイ 新潟2-1 敗:

« 行こう、新潟へ勝ち点獲りに!!! | トップページ | 梶山陽平、祝入籍 »