« どうなる?アウェイ甲府戦。 | トップページ | 川口は頑張ってたよ。 »

2007年12月 2日 (日)

アウェイ甲府。奇跡の0-1・・・

昨日はアウェイと言っても、とても近くて何があっても日帰りでいける貴重な小瀬。日なたにいると眠気に誘われてしまうような暖かな日差しの中、何ともいえない空気の中でゲームが始まりました。

先週に引き続き「なんだかなー」という感じの今シーズンのウチらしい、相手が牙を向いて飛び掛ってくると、とたんに及び腰になり急所をつかれるイタイ展開。もし甲府に決定力があったなら前半のうちに勝負が決まっていてもおかしくない状況。塩田の気持ちのこもった神懸りなセービングが無ければ、アウェイ側のスタンドが嫌ーな雰囲気になっていたのは間違いなかったでしょう。今シーズンの甲府は攻撃の形が大抵の試合で作れるけども、最後のところで決められない、ほぼウチと同じ様な問題を解決できずにJ2降格が決まってしまったので、他人事のようには思えず同情してしまうところが多々あります。

ユータに変わって川口が入ってからの方がウチはボールも人も上手く動けていたように感じました。ただ、いかんせんシュートが決まる気配が、双方共に全くといっていいほど無いのが悲しいところ。アディショナルタイム直前のルーカスのPKでどうにか勝てましたが、この後1週間あるのでどのように変化するかわかりませんが、このままでは丸亀で終わり?な感じがしないでもないのが気になります。

甲府のセレモニーも大木さんがJ2時代常に下位を争っていたクラブを、あっという間にJ1に昇格させ、トータル2シーズン苦しみながらも戦い、今シーズンほんの少し歯車が狂い、それを修正できずに終盤まで。シーズン一貫してブレる事のない甲府のサッカーでしたが確実に点の取れるプレーヤーを欠いたために悲しい結果になってしまいました。それだけに重苦しい嫌な雰囲気も無く淡々と行われてました。大木さんが言葉に詰まった場面では歳をとったせいなのかくるものがありました。現実的には難しいかも知れないけど、今のメンバーに点の取れるFWを加えれば絶対に1年でJ1に戻ってくる事は可能だと思います。東京以外のJクラブの中でも好きなチームなので本当に頑張って再来年にまたリーグ戦で戦いたいですね。(その前にウチがそっちに行かなきゃいいけど)

場内を選手が一周するときのマスの困ったようなリアクションがおかしかったです。個人的にはモニがあんななので来年は戻ってきてほしいです。甲府スポンサーの大盤振る舞いには驚きました。アレこそがおもてなし。次に甲府とあたる時にはウチもキチンとお返しをしなくてはいけません。本当にありがとうございます。そして、ご馳走様です。山梨県大好きです。

|

« どうなる?アウェイ甲府戦。 | トップページ | 川口は頑張ってたよ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アウェイ甲府。奇跡の0-1・・・:

« どうなる?アウェイ甲府戦。 | トップページ | 川口は頑張ってたよ。 »