« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

今年、まだ気になる事。

移籍話もある程度出揃って、行く人残る人はこの位で多分落ち着くと思われます。後は確実に来る人を残すのみですが、その辺の人事に関する事ではなく、今シーズンの成績などネガティブネタでもなく、「Mr.ピッチの袋」あの雨の日にサポーターに配って下さいって事でJリーグから各クラブのホームスタジアム収容人数2試合分はどうなってしまうのか?というのが気がかりです。そのキャンペーンが始まってからウチは1度もホームゲームの日に雨に見舞われる事なくきてしまい、私の持っているやつは、アウェイ、ジェフ千葉と、同じく新潟戦の時に手に入れたものです。仮に1ケースに100袋としても1試合分で500ケース。それが2試合分なのだから1000ケースあるわけです。実際自分の目で確認したわけではないのですが、スタジアム内の通路の壁際にうず高く、それらしき物が積まれているのを見たというのを目撃した本人から聞いたことがあります。ビニール製なので寒暖の差で劣化しやすいものなので来シーズンの春先までならいいですが、運よく雨天に見舞われる事なく梅雨を越してしまったらどうなるんでしょうか?私にとってはそれが07年の気になる事のNO.1です。

こんな僻地の、乱文、自己満足なブログを、ほんの1回でも読んでくださった心の広い皆様、1年間本当にありがとうございました。来年こそは自分自身と、FC東京と、東京好きな方々に幸せが沢山降り注ぐように・・・。それではよいお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら阿部ちゃん

吉朗が柏から東京を飛び越えて湘南の人になってしまいました。今シ―ズン柏でも殆ど出られなかったし、流れからいってもウチには戻らないだろうと思ってたからショックはないけど、湘南ていうのは意外だったかな。ジャ―ンもいるし接点はないだろうけど三田もいるから頑張って早くJ1に上がってきてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土肥、福西、緑色。

やっぱり既報のとおり土肥と福西は緑のようで。いろんな経緯があるのは理解出来るけど、緑のフロントもある意味面白い補強をするようで、高木というほぼ不動のGKがいるのに土肥を獲得するなんて双方の年齢を考えると、どうなんだろう?と疑問を感じてしまいます。まぁ他所のクラブの事だからどうでもいいけどね。二人共好きなプレイヤーだけど、どんな理由があっても特に緑にいる間は、ただの敵だと思うので心を鬼にしていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月30日 (日)

いわゆるストーブリーグ

今年のシーズンオフは何時にも増して各クラブ共に出入りが多いような気がします。ある程度上位にいるクラブは獲得以外では大きな変動は無いけど、真ん中より下のところでは結構派手に動いているような気がします。サポーターとしての理想を言えば「金よりも愛」を選手に求めたいのですが、現実的に生活する為や自分への正当な評価を加味すれば「愛より金」になってしまうのは当然のこと。それを踏まえたうえで、移籍か残留かで選手の心が揺れ動いているときに大きな影響を与える事が出来るように、シーズン中から熱くサポートして「愛」や「金」を超越した「情」に訴えかける事が出来るように準備をしておかないと。いつもの事だけどこの季節は嫌いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今野、決定。

やっと何の心配も無く歳を越えることができそうな感じです。やっぱり自分のこれからの人生を決める大事な岐路だったのはわかるけど、ここまで長引くとは思いもしませんでした。浦和無しになって、言い方悪いけど火事場泥棒のような形でガンバがでしゃばって来たときは本当にどうなるかなと思ったけど、残ってくれてよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土)

今野残留か?

まだ、オフィシャル等からの正式なアナウンスは無いけど、浦和からのオファーを断ってくれたらしいです。試合数がしこたま増えたり、国外でのアウェイがあったりと、人が多ければ多いほどありがたい強いチームならではの悩みが多々あるようですが他のクラブの事なので私にとってはどうでもいいけど。負け惜しみに聞こえてしまうのが悔しいけれど、金に任せて色んなところから選手を買い集めてる所に、ウチにいた選手で年齢問わず皆から愛された今野の浦和移籍が実現されてたら、「プロの世界はこんなもの」と頭では理解していても結構凹んだかも知れない。

今度は「浪速の商人」ガンバ大阪が今野を狙っているとかいないとか。もう完全に手を引いてたと思ったのでちょっと意表を衝かれましたが、この暮れの忙しいさなか余計なことはしてもらいたくないものです。

とりあえず、東京残留を基本路線でよろしく。「迷うときは動かないのが一番の得策。」

来年も一緒に戦いたいですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

Jr版東京ダービー。

昨日のU-15深川の3位で今年のウチの現場レベルの営業は終了です。トップはかなり可能性のあった天皇杯もクオーター止まり。しかしそんな中、下部組織は着実に結果を残しています。本来ならトップが良い結果を出して喜ぶのが筋だけど、もがいても、もがいても泥沼から這い出る事が出来なかったから、この年の瀬にU-18とU-15深川の大健闘はとても嬉しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつもと変わらぬ年末です。

世間的には仕事納めですが、私的には何の関係も無く、年末、大晦日まで仕事が続きます。なんといってもお客様あっての業界なもので、世間がお休みになるときが稼ぎ時なので、毎年の事ですがいつもと変わらず淡々と年を越すのがお決まりになっています。

ワーキングプアだのワークシェアだのと言われてますが、人間動けるうちは労働するのがやっぱり一番だと思います。動きたくても病気や怪我で動けない方々を考えれば、忙しさで目が回る事などは贅沢な悩みなのかもしれません。まぁ正直なところ仕事などせず、毎日好き勝手に、ある意味自堕落な生活できるくらいの現金をいつでも欲していますけど、現実的には適度にお金に追われているのが自分には丁度いいのかな?と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

揮発油税暫定税率。

揮発油税の暫定税率の廃止を民主党が言っているのは正しい。これから先、人口が確実に減る日本で道路を作る意義は無いはずだし、仮に地方経済のカンフル剤としての公共工事にしても、地元の人間で利益を得るのは土木業者と有力者。選挙のためにこれ以上地方に大切な税金を垂れ流す事は国にとってマイナスにしかならないでしょう。東京だってこれ以上意味のない道路を作る事は無いです。今やるべきは歩道の整備が最優先。

揮発油税の一般財源化は絶対反対。一般財源になると税率を自由に上げることが出来るようになり、官僚は一度上げた税率を下げる気など全く無いので、これを実現させたら何かと理由をつけて増税路線一辺倒になるのは目に見えている。やはり自動車がらみのものは道路特定財源のままで補修や整備に使うのが筋のはず。全国的に耐用年数に達するものも多々あるはずだし、そういったところに落としていく意味でも道路特定財源は堅持すべきだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おかえり祐介。

まだオフィシャルからの発表が無いのでどう転ぶかわかりませんが、フロンターレから佐原を借り受けるようです。今シーズンのアキレス腱であったDFラインの再構築を着実にしているようです。今更ですが、今年きちんとした形でDFが揃っていれば当然失点は全然少なかったはず。その辺を怠ることなく優先で整備してるのは大きな期待はともかく、今シーズンよりは心臓に悪いゲームが減ってくるんじゃないかなと思います。

得点力についてはここ数年の課題が今シーズンも改善される事なく、逆にひどい形になってクラブの順位にまで影響を与えてしまいました。そういった意味で神戸から祐介が正式に戻ってくるのは原状を考えればいいこと。昨年や一昨年よりも活躍する事を期待します。少なくとも監督が変わるということは全ての選手にチャンスがあるわけで、誰にも指定席はないということでしょう。ポジション争いがよい結果となって本番で出てくれれば今年のような事に巻き込まれる事も無いでしょうから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

単身赴任のパパは帰ることも許されないのか?

横綱が正月のオフに故国モンゴルに帰る事がそんなにいけないことなのか?色々とすったもんだの原因を作ったのは横綱にあるとしても、その後の謹慎(100%守られてはいないけど)、吊るし上げを考えれば休みのときに帰国する事自体に目くじらを立てる必要は無いでしょ。坊主憎けりゃ袈裟まで憎いといった子供じみたやり口が凄く気に入らないですわ。今変わるべきは「横審」という硬直化した組織と、横綱の人格まで平気で否定する文化人ズラした女史ではないでしょうか。そして協会の腐った体質をどうにかしないと近い将来相撲の火が消えてしまうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八田移籍⇒横浜FCへ

私個人としては来シーズン見てみたかったなと思っていただけに残念です。まぁこのような方向性は前もってわかっていたので心の準備のようなものは出来ていたのであれですが。ウチ→横浜FCのラインは迫井や山尾あたりからDF移籍のルートのようなものがあるのでしょうか。とにかく頑張ってJ1に早くあがって、ウチにいた頃とは比べ物にならない位大きくなった姿を見せてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頑張れTOKYO Jrたち!

ユースサハラカップ優勝しました。ウチのU-18の若い子達。スカパーでの観戦でしたが、見ていてとても気持ちのいい、また、なんか懐かしい香りが漂ってきました。たしかにトップチームの戦いと、ユース年代の戦いでは当然内容が違うのも判りますが、ここ数年ウチになくなってしまったスピリットのようなものを感じました。正直、良い事の全くなかった07でしたが最後の最後で大きなプレゼントをありがとう。そして遅ればせながら、おめでとうございます。

Uー15深川も悔いを残すことなく最後まで諦めずに頑張れ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

終わりました。

いつものように、また、いつもの如く遅ればせながらですがTOKYOの07シーズンが終わりました。現地へ行ってもいないし放送を見てもいないのでどんなモンだったかわからないのでゲーム内容に関して云々するつもりなどは毛頭ありません。ただ、静岡まで戻ってきてもらいたかった。それだけです。ここ最近に比べるとかなり遅めのシーズン終了ですが、また3ヶ月すれば、いつもと同じ週末、週中の生活が始まります。08年も今シーズン同様「いけるところは行きます。」を貫く為、短いOFFは頑張って稼いで、備えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

あと2つ勝ちで国立。3つ目で日本一!

自分にとっては多分、足を踏み入れる機会がまず無いであろう火の国熊本。行きたいとは思いつつも、全ての面で条件が整わないので、またBSもないし、身体もいまいち調子が悪いので本日はPCの前でウダウダやっている予定です。今シーズン、失点はしても持ち前の?攻撃力で勝てば良い的なゲームをして、大きく修正することなくJ2京都との入れ替え戦にもいいところを見せることなく予想通りに砕け散った広島なんぞに、絶対負けたくありません。個人的に千葉や広島みたいに、なにかとすぐ泣くやつが居るところは大嫌いなんで。(女の涙も大嫌いです。もって生まれた「どS」魂に火がつくだけなので)

確かに昨日の鹿島やガンバもかなり苦しい戦いをしてたようですが、ウチについちゃ1シーズン通してみんなが悩みに悩んで、迷いに迷って遅すぎるかも知れないけどやっと光が見えてきたので、ココはひとつ年明けまで輝かしてあげたいものです。とにかく頑張って!東京からも沢山の声なき声が念を送ってますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

西国より、カンバックTOKYO!!!

この年末の忙しいときに2人も辞めてしまったので、そのしわ寄せで身体がもちません。辞めることは前々から判っていたことなので仕方の無い部分はありますが、ほぼ連日のように出張続きで今月、今日までの時点で家にまともに帰っていたのが1週間ちょいという現実。準決勝の日は休みを入れてあるので絶対に何かあっても出勤するつもりはないけど、業種的に1年365日やっている商売なので12月31日の大晦日は当然のようにお仕事です。1月1日も休みの予定は入ってるので、明後日の熊本から静岡へは当たり前ですが、正月の国立まで突っ走ってほしいんです。その為には熊本は物理的に無理だけど、静岡では喉がかれるまで声を出して、翌日筋肉痛で起き上がれなくなる位飛び跳ねる準備は出来てるので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リチェーリ、山形へレンタル?

モンテ山形の方達からは大方歓迎されているようなのでよかったです。「○○いらね」とか、ウチなんかでも平気で言っちゃう奴、結構多いですからそれが今のところ無いようなので安心しました。山形には前田や大志が居るのでチームに溶け込むのに苦労はしないだろうけど、北国の寒さに慣れるのには少し時間がかかるかも知れませんね。川口とリチェーリ、スピードが勝負の2人が抜けてしまうのが気がかりですが、ウチの全てのピースが出揃うまで気を揉んでいても仕方が無いので、なるべくよい方向に考えるようにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

長友だー!!!

http://www.fctokyo.co.jp/home/index.phtml?cont=item&item=5642

来ました目玉の長友が。個人的に好きですわ。例のパフォのダサさ加減とか。ウチにぴったり。期待してるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来年のナビスコ予選は忙しそうだ。

ナビスコの組み合わせいい感じじゃないですか。緑、磐田、清水。東京ダービーと静岡ダービーのダブルセットですよ。ホームにしてもアウェイにしても移動距離が短くて済むのはもちろん、静岡2チームなので日帰りが可能。ウチと緑は飛田給か国立だろうし、燃料代がバカ高な昨今財布にやさしい組み合わせです。だけど休みを取るのが大変かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DF。的確な補強でしょう。

http://www.tokyo-np.co.jp/tochu/article/fctokyo/news/200712/CK2007121902073348.html

札幌からブルーノを獲得らしいですね。日本でのプレー経験が無い選手を獲ってくる事を考えれば、的確で安全な選択と言えるでしょう。私自身、札幌のサッカーはつまらないので今シーズン殆ど見ていないのですが、件の彼ブルーノクアドロスについちゃ、セレッソのときの印象しかなくて、それもまた、そんなに凄く止められたりしたイメージも無いので実際ウチでどの程度やってくれるのか想像がつきません。ただ、今シーズンのエバウドよりもはるかに計算できるし、即実戦配備できるのは間違いないので良かったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

地裁のレベルは往々にして低すぎる!!

「幼児3人死亡事故、「飲酒影響」は困難か…業過致死を追加(読売新聞)

 昨年8月、幼児3人が死亡した福岡市東区の飲酒運転追突事故で、危険運転致死傷と道交法違反(ひき逃げ)の罪で起訴された元市職員今林大(ふとし)被告(23)について、福岡地裁=川口宰護(しょうご)裁判長=は18日、福岡地検に対し、業務上過失致死傷と道交法違反(酒気帯び)の罪を予備的訴因として追加するよう命じた。

 検察側はこれまで飲酒の影響で事故が起きたとして危険運転致死傷罪(最高刑懲役20年)の適用を主張。ひき逃げとの併合で法定刑上限となる懲役25年を求刑していたが、地裁は「飲酒の影響で正常な運転ができなかったとみるのは困難」と判断したとみられる。

 地裁は地検に回答を求めており、地検は訴因の追加に応じる見通し。公判は、1月8日に判決を控えていたが、延期される可能性もある。」

被告は市の元職員で当然公務員であったわけで当時乗っていた車も確かセルシオ。事故直後に後輩だか知人に電話して大量の水を服用して血中アルコール濃度を薄めようとしたのも報道されているとおり。事故直後は加害者には当然の救出義務があるにもかかわらず、それすらもしていない。地方都市によくあることだけど、あえて憶測で物を言わせて貰うとすればこいつの親父や近しい人間が地元の名士である可能性も捨てきれない。飲酒運転については量の多少にかかわらず、全てを「飲酒」にして厳罰に処さないと今以上に検挙者を減らす事は出来ないでしょう。(厳しくしてもやる奴はやるのだから、まず、そこまでしないとやめられないのも何なんですが)、それがきっかけで少量飲んで運転していた人間をまず減らして、それでもやめない奴をドンドン検挙するのが一番だと思います。飲酒事故には事故の大小にかかわらず今以上の厳罰を、『地裁は「飲酒の影響で正常な運転ができなかったとみるのは困難」と判断したとみられる。』こんな事がまかり通るようでは日本の司法も終わったと言わざるを得ないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Jリーグ新人王

昨日のJリーグアウォーズの新人王の受賞者についちゃ各クラブのサポーターからしても文句は出ないでしょう。柏や緑に移籍か?と言われているようですが、とにかく他のチームの事なので知ったこっちゃありません。今となってはアレですが、もし横浜のDFラインがもっとしっかりしていたなら、間違いなく菅野自体ももっと高く評価されたであろう事が不憫で成りません。移籍先でどの程度の信頼を得て、またクラブ自体にフィットするかにもよるけれど、何処に行っても即戦力として計算できる選手だけに、地味で目立たないポジションながらも今冬の移籍で個人的には気にしています。今シーズンが出来すぎなのか判りませんが、どのような場合でもあれだけのプレーが出来るのであれば、J2に行かせてしまうのは大変勿体無いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

近藤祐介、神戸より帰還か?

何はともあれ祐介が帰ってくるようで。トーチューにも出てるようなのでほぼ間違いないでしょう。去年、一昨年と神戸で確実に結果を残し、一回りも二回りも大きく成長したのは確かな事。ただね、よいプレーヤーがどういったわけかウチでは結果を残せないここ数年、つまらないことで若い芽を枯らすことが来年以降は無い事を節に願います。金勘定は大変お上手ながらも、プレーヤーとしてはまだまだ子供な「大型FW君」をレギュラー組から追い出す位頑張ってほしいですね。

吉朗とマスはどうなんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来年はJも盛り上がるかな?

来シーズンは「大変名誉な事」にアジアチャンピオンにして世界ランク3位で国内では無冠の、世界に流れる映像に、いうなれば左翼テロリストの顔が大写しされた大きな旗をはためかせ、クラブカラーまでがこれまた赤という粋ないでたちを晒した「浦和レッズ」様と最低2回は対戦できる喜び。

クラブとしてもどうにか叩きたい。個人の思想としてもパージしたい色。

とりあえずはおめでとサン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

次は広島。

昨日の事なので話としてはアレなんだけれど、次の熊本での相手が広島に決まりました。個人的には磐田の方が状況的にはやり易いかなと思ってたのですが如何なものでしょうか?J2降格が決定している広島は言ってみれば「手負いのなんとか」みたいなもの。其れだけに肩の荷が下りている分だけリーグ戦のときよりもかなりよい戦いをしてくる可能性が大。ウチの方もココ何年かの天皇杯と違い選手、サポーター共にモチベーション高く勝ち上がってきているようなので、それほど心配はしてないのですが、現地にも行けず、また当日は仕事のために試合経過をチェックする事も出来そうにない、全ての面で手も足も出ない状況になりそうなのでとても悔しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

人事往来。

尾亦が湘南からセレッソへ。三田が新潟から湘南へ。宮沢が大分から仙台へ。

三人とも今でも好きなプレーヤーでした。特に尾亦は馬場と一緒にトップに昇格してきた時は、先々なんか凄く楽しみだった。三田は新潟に行って代表にも選ばれて今後の活躍を期待してたけど、いつの間にかサブからも外されてたりして辛かっただろうな。宮沢は新天地でせっかくイチから出直しみたいな感じだったのに使ってもらう事も殆ど無く、まぁ大分は来年もシャムスカなんで仙台に行くのは正解だと思う。

京都の星君はやはりと言うかサヨナラのようですね。まさか相方の松田を頼ってTDKてのもあるかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

嬉しかったり、辛かったり。

徳永、頑張ってきた甲斐があったじゃん。どうしてもポジション的に前任者と比較されがちだけど、波はあったけど腐ることなくやってきた結果が出て良かったじゃない。

今野。コンサの時からだから、結構やりやすいかも知れないし、年明けは直ぐに代表戦もあるから、来シーズンはこのままウチでやった方がいいと思うけど。

ルーカスは、最近ウチについての報道がかなりの確率で当たってしまう、「報知」が断定的な書き方で来てるのが気になるところだけど、クラブからの発表が無いのであまりネガティブには考えない事にします。

城福さん、やっと発表になりました。決定事項とはいえオープンにするタイミングをかなり計っていたように感じますが、喉に物が挟まったまま年を越すよか、今のこの時期が妥当であるのは間違いありませんね。選手、サポーター共に、兎に角「元旦、国立」目指して、今シーズン苦しかっただけに原さんを男にして、そして土肥や福西、川口を正月の国立で笑って見送れるようになればいいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

クラブミーティング

敢えて、内容については書かない。感想だけ。

① 質疑の際、「我々」とか、「私たち」とか、「○○と思っている人が多い」みたいに、個の意見で発言すればいいのに全体の総意みたいな言い方は絶対によろしくない。少なくとも私個人は上記のような方の意見には全く共感する部分が無かったので。

② 経営に関することや金に関することにかなり真摯に回答してたのは大変良いことだと思います。しかし、質問者がその辺に必要以上に突っ込むのはいかがなものか?自分に振り返ってみても会社の経営に関することなんか自分の知らないところで決定してるもの。もし、それが気に入らなければ、そこから身を引けばいいこと。少なくとも、クラブが現在の形になってまだ日が浅いわけで、そんな中でJ1にどうにか定着してる事の方がもっと評価されるべきでは。

③ 昔の事を持ち出して蒸し返すようなのは絶対に許せない。

④ 選手もある意味「水物」。監督もそう。だから勝ち負けも時の運。今となっちゃ誰が責任を取ったところで大きくは変わらないでしょう。

⑤私は「意見の言いたがり」じゃないから変な権利は要りません。

とにかくクラブが何かをしてくれるまで指をくわえて待っているのではなく、自分自身でアクションを起こさなきゃ。ゴール裏中央に来るのをステータスだと勘違いしてるのがかなり多いけど、真ん中でアジってるメンバーやそこの若い子を除けば十中八九が烏合の衆だ。熱い奴が確実に減ってしまってる。特に男ね。女の子でも少ないながらも熱い子が増えてるのに男はカッコばっかでダメなのが多くなってる。弾幕や旗、ゲーフラ自前で持ってるのって真ん中には殆どいないじゃん。ちょっと離れたアウェイにも来ないのが多いみたいだし。にわかを否定はしないし排除する気も無い、ただ、いつまでも指示されるまで何もしないのではなく、そこから一歩踏み出さなきゃ、まずはホームの雰囲気作りのために。

私はクラブとは現在位の距離感がいいです。深入りするとロクな事が無かった記憶しかないから。あまり近すぎると、もしかしたら嫌な部分が沢山見えてくるかも知れないから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(熊本にもいけません。〉天皇杯VS鳥栖

あーよかった、よかった。丸亀からとりあえずはキチンと勝って帰ってきてくれて。土曜日は12月でまだ月初の週末と言う事で、そう簡単には休みずらい業界のために、お仕事で静岡の方まで行ってました。だから内容などは当日夜のニュースや、翌日の新聞等でしかうかがい知る事が出来ないので判りません。ただ、勝って良かったなと、名古屋や、横浜のようにならないでよかったなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

天皇杯。丸亀には行けません。

自分に課している制約のために丸亀には行けません。当然、熊本なんかは夢のまた夢。明日がもし鳴門だったらいけたのにと、悔しくて仕方ありません。鳥栖はリーグ戦を見た感じだと、個人的にかなり強いイメージがあります。ウチにしても格下だから云々して手を抜くような事は無いだろうけど、この間の甲府戦みたいな難しいゲームになりそうな気がします。チームとしてのまとまりや、個々のやるべきこと、様々なシーンでの約束事、この辺がウチとは比べ物にならない位しっかりしているイメージがあるし、運動量もかなりのものだと思われます。鳥栖が引いてこようが、逆にガンガン前にこようが、チャンスを必ず無駄にすることなくキッチリ決めて上に行ってもらわないと。エコパからしか現地に行けないので頑張ってくれないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜とか愛媛に負けたのにね

大体においてうるさいんだよ!!日テレ。浦和、浦和って。別に今野の件とか関係なく、やっかんでいる訳でもなく、ココまで来るとやりすぎ。もし自分がサポートしてるクラブがこんな風な扱いされたら、自分はこっ恥ずかしくて背中から嫌な汗をいっぱいかいてしまいますわ。視聴率とか色んな事情があるのはわかるけどさ、作り手側ももう少し節操ってもんがあってもいいような気がするけど、やはりそこは仕込み大好きな所だけにやり方はバラエティー路線ですか?今日はトヨタカップを見る気が完全に失せてしまいましたのでスカパーで最終節の「浦和VS横浜FC」を見る事にしましたとさ。20時からはJリーグナイトプレビューの予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

出来る事なら、来年も一緒に。

今野が迷っているという報道が本当だとしたら、これはプロとして凄く幸せな悩みなんだろうけど、ウチにとっては非常に迷惑な話。過去を振り返ってもその時々で旬のクラブがあり、そのクラブが常勝チームとして長いときは4~5年、短いときでも2~3年トップチームとして君臨する。ここ数年の浦和やガンバがまさにそれに当たるわけで、今ちゃんがそのうちのひとつ、浦和から声がかかっていると聞けば、本人だって大いに迷うのは人として当然の事。でもね、優勝争いが出来る(正直)強いクラブでチャレンジする(したい)気持ちは凄くよくわかるんです。だけど、もうある程度出来上がったチームに移籍したところで、そんなに面白くないような気もします。ココ何年かでマスコミにも前より取り上げられるようになり、勝つことが絶対条件になりつつあるクラブは、えてして息苦しいもの。それなら紆余曲折はあるけどまだまだ発展途上のTOKYOで、自覚の足りない一部の若造を怒鳴りまくれる位強いキャプテンになって、タイトルを獲りに行ってほしい。

数年前、仙台と天皇杯で当たった時、仙台駅前のロータリーの真ん中にあるバスの案内所みたいなところで、そこにいた職員の女性に「今野選手は頑張ってます?」と聞かれたことがある。すごく地元で愛されているんだなと思いました。だからこそ〈ナビスコではPKでの土肥。〉みたいに、今野にはTOKYOでなにかを残してほしいんです。ウチでも1,2を争う位愛されてるんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

川口は頑張ってたよ。

今度は川口信男君ですか・・・。仕方が無いのかな。季節がそういう時なだけに他チームでもどんどん名前が出ているし。福西、土肥の件から少し間が開いて気持ちが落ち着いたのもあるけど、来季に向けてのクラブの方向性がなんとなく見えてきたように感じます。まだ新卒以外に加入の情報が無いのでアレですが、多分、現在のウチの中での年齢的に真ん中らへんの選手に若手を引っ張ってもらい、3年後位に結果を出そうとしているムードが漂っているのですが。その為に全部ではないにしても、ある一定以上の年齢の選手を切っているのでしょう。自分としては、別に勝利至上主義ではないので(負けるのを容認してるわけでなく)ある程度計画を立て、それに向けて修正すべきは修正し、徐々に上に向かっていく方が現実的だと思ってるし、闇雲に毎年「優勝」「タイトル」を声高に叫んで無茶な補強をしたり、選手や監督がなんか追い詰められたように切羽詰った感じでプレーしてるのを見せられる方が辛くなりますから。

2003からウチがなんとなく強くなり2004にナビスコ獲って、よくわからないうちに優勝候補に名前が出てきたり。そりゃ悪い気はしない。だけどここらあたりでもう一度、2002以前のまだウチがそれほど強くなかった頃の心意気みたいなのを振り返り、よい意味で初心に帰るべきじゃないかな?クラブもサポーターも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

アウェイ甲府。奇跡の0-1・・・

昨日はアウェイと言っても、とても近くて何があっても日帰りでいける貴重な小瀬。日なたにいると眠気に誘われてしまうような暖かな日差しの中、何ともいえない空気の中でゲームが始まりました。

先週に引き続き「なんだかなー」という感じの今シーズンのウチらしい、相手が牙を向いて飛び掛ってくると、とたんに及び腰になり急所をつかれるイタイ展開。もし甲府に決定力があったなら前半のうちに勝負が決まっていてもおかしくない状況。塩田の気持ちのこもった神懸りなセービングが無ければ、アウェイ側のスタンドが嫌ーな雰囲気になっていたのは間違いなかったでしょう。今シーズンの甲府は攻撃の形が大抵の試合で作れるけども、最後のところで決められない、ほぼウチと同じ様な問題を解決できずにJ2降格が決まってしまったので、他人事のようには思えず同情してしまうところが多々あります。

ユータに変わって川口が入ってからの方がウチはボールも人も上手く動けていたように感じました。ただ、いかんせんシュートが決まる気配が、双方共に全くといっていいほど無いのが悲しいところ。アディショナルタイム直前のルーカスのPKでどうにか勝てましたが、この後1週間あるのでどのように変化するかわかりませんが、このままでは丸亀で終わり?な感じがしないでもないのが気になります。

甲府のセレモニーも大木さんがJ2時代常に下位を争っていたクラブを、あっという間にJ1に昇格させ、トータル2シーズン苦しみながらも戦い、今シーズンほんの少し歯車が狂い、それを修正できずに終盤まで。シーズン一貫してブレる事のない甲府のサッカーでしたが確実に点の取れるプレーヤーを欠いたために悲しい結果になってしまいました。それだけに重苦しい嫌な雰囲気も無く淡々と行われてました。大木さんが言葉に詰まった場面では歳をとったせいなのかくるものがありました。現実的には難しいかも知れないけど、今のメンバーに点の取れるFWを加えれば絶対に1年でJ1に戻ってくる事は可能だと思います。東京以外のJクラブの中でも好きなチームなので本当に頑張って再来年にまたリーグ戦で戦いたいですね。(その前にウチがそっちに行かなきゃいいけど)

場内を選手が一周するときのマスの困ったようなリアクションがおかしかったです。個人的にはモニがあんななので来年は戻ってきてほしいです。甲府スポンサーの大盤振る舞いには驚きました。アレこそがおもてなし。次に甲府とあたる時にはウチもキチンとお返しをしなくてはいけません。本当にありがとうございます。そして、ご馳走様です。山梨県大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »