« vs浦和。夏の埼スタ灼熱地獄か? | トップページ | 大分県の恥だろう、ゼニとコネで教壇に立つなんて! »

2008年7月 7日 (月)

2-0埼スタ。VSレッズ。割と大きな負け

やっぱり浦和に「きっかけ」を与えてしまった、不快指数100%な埼スタでした。ここまでが悪すぎた事もあるでしょうがゲルトの男らしい決断で、高原を外してエジミウソンの相方に達也を持ってきて、ウチのDFラインをかなりの頻度で混乱させて、前半早々に絵に描いたような失点をしてから、今年のTOKYOな感じで攻撃しても、運のない時の典型のようにゴールは決まらず、レフリーも訳が分からないジャッジをするし、それにつられて些細なミスが目立ちだしたりでいいとこなしでした。後半の永井のダメ押しの2点目なんか誰がどう見てもやられたらいけない形のミスからだし、本当に一部の人間が頑張ったってそれ以上に足を引っ張る人間が多いもんだから、浦和にとっちゃ渡りに船でしょ。中断前が良すぎたから完全にスカウティングされてケアされるようになってるから、これからウチにとってよい方向に持っていく事が出来るのが本当の意味での強いクラブなのでしょう、結果を残しながら直していくのは大変だと思うけど、頑張ってもらわなきゃ!

|

« vs浦和。夏の埼スタ灼熱地獄か? | トップページ | 大分県の恥だろう、ゼニとコネで教壇に立つなんて! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2-0埼スタ。VSレッズ。割と大きな負け:

« vs浦和。夏の埼スタ灼熱地獄か? | トップページ | 大分県の恥だろう、ゼニとコネで教壇に立つなんて! »