« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月28日 (月)

vsマリノス 1-1。飛田給

先制された時には正直なところ「ダメかな?」とか思いました。だけれども、そんなに時間が空くことなくエメルソンのシュートで追いつくことが出来たので淡い期待をしたのも事実です。しかーし、なんとなく気持ちが空回りしてるのか、それともここ数試合の結果が良くない為に臆してしまってるのか、一部の選手を除いて気迫のようなものが伝わってこなかった気がします。何はともあれ「負けなくてよかった・・・」という事でしょう。

「シュート打て」と叫んでも、そこまでムービング出来てないんだから打てません。ムービングしてもキチンと決めるところに決めないと、配達ミスでクレームが来ます。 

「今が我慢の時なんだ!」と自分に言い聞かせて。そしてこの暗く冷たいトンネルを抜けて温かい光を感じた時、今まで味わった事のない大きな喜びを得るための試練なんだと頑張っていこう。       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

今夜はvsマリノスです。

暑いです。曇っているけど蒸し暑いです。マリノスです。現在は降格圏内にいるマリノスです。この間監督も変わりました。チーム一丸になる為に先日も焼肉やったらしいマリノスです。順位に騙されては危ないところです。なんだか最近、相性が悪いマリノスです。いろんな意味でいつものとおり「きっかけ」を与えないでほしいです。久しぶりに勝ち点3を。

早稲田VS日大鶴ヶ丘、8回裏4-8です。まだチャンスが続いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

秋春制についてのコメントへの返答が長くなってしまうので

<とりあえず札幌、山形、新潟あたりのブログでも眺めてみてください。
それでもなんの疑問も無く「とりあえずやってみてから」と考えられるようでしたら尊敬しますから。>
<北国のクラブをきっちり納得させるなら「やってみるのも手」だと思いますけどね。>

基本的に常識の範疇で考えれば、12月中旬から2月中旬までは中断期間になるであろうという事を前提にして書きましたが、その部分が完全に抜け落ちていたので誤解を招く部分があったと思います。ただ、私が言いたかったのは、「犬飼氏」がJFAの会長になったからには「秋春制」以降は逃れられなくなった。まずその部分を理解したうえで、「反対ばかりしていても始まらない」、だったら1度やってみて問題点があれば修正して、それでも駄目なら元の春秋制に戻せばいいと思うわけです。(かなり難しいかもしれませんが) 川渕氏も基本的には秋春制支持者でしたが、実現できず志半ばで勇退して、犬飼氏に後を託したのはその部分もあるのではないかと思うところです。(経営手腕もかなりのものですが)

私自身特に冬場、週の半分位、新潟、長野、宮城方面に仕事で自分で車を運転して行きますので、どれほどの雪が降るかは判ってます。だからいわゆる雪国を全く体感していないわけではないのを理解してもらいたいのですが。それにアウェイは車で行ってますので出来るならば雪や荒天は嫌なものです。雪国のサポーターの反対意見はもっともだと思いますが、それを全クラブサポーターに認識させるには「雪の怖さ」「雪の不便さ」「寒さ」を体験させないといつまでも一部の意見で、「全体のうねり」にはならないと思います。

私も以前は「秋春」に反対でしたが、流れがこのようになってきた以上は反対ばかりでは建設的でないし、其れに対して反論も含めて物申したいならば、特に降雪地帯のサポーターがJFAやJリーグに様々な意見を出して「2010から実行されるとすれば」少しでもより良い方に持っていくのが大人なのではないかと思いますが?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

夏の終わりは天皇杯の始まり!

天皇杯の日程が発表されました。順当に(他チームに失礼な言い方かもしれませんが)いけば本当に久しぶりにベガルタ仙台と当たる事になりそうです。私が一番最後にウチとのゲームで仙台を見たのは、何年前か思い出せないけどやはり天皇杯のアウェイ仙スタ(当時)だったと記憶してます。ユキヒコに宮沢がいるので楽しみでもあります。

だけど・・・そこから勝ち上がると鳥取です。多分、私の人生の中で行くことが無い場所のトップグループのひとつ鳥取県。まだ先の事だからどうでもイイや!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度こそやる気でしょ!2010から秋春制

この話、犬飼氏がJFAの会長になった事で確実に加速するでしょう。犬飼氏は昔から欧州に足並みを合わせた秋春制を推していたので、今度ばかりは実現するでしょう。私自身は基本的には現行制度でいいと思いますが、ここ何年も続く夏の異常な暑さは、やはりゲームをつまらないものにしている大きな要因だと思いますので、一度秋春制に移行するのもいいかなと思います。多分それでも夏の開催を全く無くすことは出来ないと思いますが、現在よりも夏場の過酷なゲームの数が減れば多少なりとも選手のプレーのクオリティも上がるのではないかと考える部分もありますし、もしかしたら天皇杯のアンフェアな開催地の問題も改善されるかもしれませんし。とりあえずはやってみてから考えるのも手だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パナソニックさん、新スタジアム建設の足しにしてください。

なんだか景気のイイ話が西の方で進んでいるようですが、10億ですか!バレーは!のってる時と、駄目な時の落差がかなり激しいですが、その辺のところは相手方も知ってるのでしょうか?他人のクラブのことなんでどうでもいいんですが、シーズン途中にウチから誰か?とかは勘弁してくださいね。ルーカスの1トップなんてどうですか!お・す・す・め・です。しかし契約がどうとかあるけど、この時期に主力が抜けてしまうのは、ガンバとしてもかなりキツイだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

スタジアムからは暴力排除を!

全てのスタジアムから暴力をなくさなくてはいけないのに、どうしてこの間は被害を受けた側が、今度はそれほど日も立たぬときに加害者になってしまうのか?自分のクラブに対する気持ちを、其れがたとえ暴力や、周りに対して必要以上の威圧感や不快感を与えていたとしても肯定してしまう傲慢さが気に入らない!まずは怒りをぶつけるべきは不甲斐無い戦いをした贔屓のクラブに向けるべきであるし、其れもまた暴力を伴わない最低限度の常識の範疇でなされるべきもののはず。

自分のフラストレーションをストレートに出す事の「みっともなさ」を知らないのか?それともまた紆余曲折を経て今があるクラブとサポーターの関係は若い世代にキチンと伝わってないのか?毎試合ほぼ満員に近い人が来るという事はそれだけ新しい人も多いだろうし、だからこそ浦和はアウェイの客に対するチェックと同等のものをホームにもすべきじゃないかい?そうしないと圧倒的多数の熱くとも良識のあるファン、サポーターが他から同列に見られてしまう。私は「数に任せただけの強気な奴」は件の浦和だけに限らず、ウチのゴール裏でも大嫌いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカパーにて。vs京都アウェイ、1-1。

なんで、こんな時に限って、見ていて無性にムカつくTBSチャンネルなのか?始まりも、選手入場の中途半端な途中からだし、終わりもなんの余韻も無くブツっと切れてしまうし最悪でした。こんな事なら、心を鬼にして仕事を断って自分の心に素直に従って、「サウナ京都」へ行けば良かったです。

今シーズンに関しては、初めてのアウェイ欠席、スカパー生中継ですが、やはりどんな内容、結果であっても現場で体感するのが一番なんだと再確認した昨日でした。

やはり予想以上の暑さだったようで、唯でさえ暑さに弱いウチはなんだか身体が重そうで、いつも以上に些細なミスが多かったようですが、最後まで諦めなかった強い気持ちが赤嶺のあっけない同点を呼んだように思います。とりあえず勝ち点1を持ち帰れたのは大きいと思います。また少しずつ上げてきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

心は決まったのに、外的要因で欠席です。

やはり、迷いがあるときというのは特に、他のところからも様々な要因が出てくるようでして、今日、来月の日立台のチケットを買ったついでに明日の京都の分を買おうかなと、ローソンでロッピーからレシートみたいなのを出したところで会社から電話があり、どうしても人の手が足りないので出勤になってしまいまして複雑な気持ちながらも、そこは悲しい勤め人ですので其れに従う事に決定。なので、明日の京都は欠席です。チケット購入前でよかったです。京都に行く方は必要以上に暑さ対策、着替えも十分に持っていってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

そ、そうだ京都へ行こうかな・・どうしようかな?

毎日暑いです。夜になっても暑いです。ウチは最上階なので屋上の床面が熱を含んでいるらしくなかなか涼しくなりません。昔、西側の部屋に住んでいたときも夏場は西日のせいで夜になっても暑かったことが思い出されます。

暑いといえば週明け、連休最後の日、アウェイ京都戦。もう直前なんですが「未定」です。行きたい気持ちかなり強いのですが、まだ迷ってます。日程、財布共に苦しいのはいつもの事。明日、仕事から帰ってから決めます。京都の夏は暑いんだろうな・・・。だけど、どこでも一緒か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松下さん、てことは、専用スタジアムですか?

なにやら、ガンバ大阪が「今度こそは」の新スタジアム建設へ向けて、動き出したようです。例の死傷事故で閉園しているエキスポランドの所に作るとか作らないとかですが、消去法で考えても資金面さえクリアすれば、間違いなくとても現実的な青写真なので今回はほぼ間違いないでしょう。個人的には専用云々はともかく、国立や瑞穂、万博、駒沢なんかの昔に建てられた陸上競技場のメインスタンドやその外観などは好きなので、ピッチまでの距離がかなりあるので見やすさの点からいえばアレですが、そこで作られてきたであろう歴史とかを考えると、昨今はあまりにも酷い言われようをされたりするので寂しい面もありますが、設備面の古さはいかんともしがたいものがあるので、諸設備をはじめスタジアム内での飲食環境が大幅に改善されるのなら大賛成です。ウチも例えば調布飛行場が移転とかしたら、三鷹や調布や府中を口説いてクラブハウスや総合スポーツ施設を作ったりすればいいのにな・・・とか考えちゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

vsガンバ。1-1ドロー。国立

昨夜は勝ちたかったですが、ピッチ上でプレーする双方の選手は、かなりきつかっただろうと、大人な気遣いをさせてしまうような不快な蒸し暑さでした。ゲームの方はウチにいた時にはなかなか見る事の出来なかったルーカスが、「チャンスにキッチリ決めてしまう」という暴挙によって先制されるも、加地がいるとプレーがやたらと冴える徳永の、今シーズン何度も狙っていたけどなかなか決まらなかった綺麗なミドルで同点。その後はお互いにゴール前に運ぶものの、大きく吹かしたりパスミス等でボールを奪われたりで、結構ハードなカウンターの応酬で、時間を追うごとに疲れと暑さでプレーが緩慢になってきてそのままドロー。

対上位3戦のうち、かなり良い部類に入るゲームではないかと思います。遠藤不在でセットプレー時にはかなり助かった面もありますが、戦う気持ちはかなり高いと見受けられるので、後半戦はまたもう一度我々を楽しませてくれるでしょう。最後まで勝ちに行こうとする姿勢はこの3戦たとえ敗戦濃厚であっても失ってなかったように感じます。昨日は石川OUTはやめた方が良かったような気がします。エメルソンは調子が悪いのか?それともゲームに入りきれてなかったのか、この辺をどうにかしないと高いところでボール失うと、あっという間にやられてしまいますから。後半戦は羽生のパス→ランにキチンと反応して、もう一度羽生にボールを渡す事を選択肢の最優先にすることが出来れば、今以上にチャンスが増えそうなものなんだけど・・・。

平日開催で27000オーバー。白いYシャツが国立のカクテルライトにキラキラしてた夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

関越トンネル上り、只今足止め中

今日は新潟へきてます。仕事の方も多少バタバタしたものの割と予定どうりで終わり、東京に向かっているところですが、関越トンネル内で事故があったので今現在トンネル内進入禁止、要は通行止めになっていて私は土樽PAにいます。もう少しで解除になるアナウンスがあったので大丈夫だと思うけど、今夜のゲームには間に合うか?いろいろと片付ける事があるからキックオフギリギリかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

平山、残念・・・

平山が落選してしまいました。ここ数試合かなりイイ感じだったから、もしかしたら?とか思ってたんですが。きっと北京で仕事すると思うんですけどね。反町のところじゃ、また調子悪い時に戻りそうだから、南アフリカ狙っていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

vs鹿島、4-1負けてしまいました

なんだか時間が経てば経つほど霧が濃くなってきて、向こうサイドなんて全く見えない状態で終わりました。カボレのゴールが鹿島のスイッチの役割を果たしたようで、流石に今シーズンの鹿島は、昔のとてつもなく強い頃の鹿島を髣髴させるだけあって、個々の選手がキッチリ仕事をするし、交代で入ってきた選手もキチンと結果を出すし、これはもう仕方に無い敗戦かな?と思ってます。私は最後まで勝ち負け云々でなく、ピッチにいるトウキョウのプレーヤーが戦ってたのでスタンドから声を出してました。正直、誰がどーのこーのでなく、これが今の「トウキョウの力」だと改めて認識させられた一戦でした。

鹿島の得点シーンはひとつも見てません。本当に凄い霧でして、向こうサイドの歓声なんかでくみ取るような状態でした。どんなにボコボコにやられても最後まで見届ける事もファン、サポーターの役目だと思います。馬鹿みたいに愚直に信じる事も大切だと思います。ほんの数年前はもっと酷くやられることもあったんだし。次のガンバで前半戦が終了。その後は、またもう一度スタートする気持ちで、きっと楽しませてくれる事でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

あと少しで始まります

なんだぁ!凄く肌寒い。霧も結構かかってます。完全に夏仕様の装備なのでキツイです。ノーマルなのかカラーボールが登場するのか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿島到着

昨日の東京よか全然マシ!でも暑い事にはかわりはない。だけど日が暮れたら涼しくなりそうかな。今日は首都高も順調だったので早くに着きました。帰りも何事もなく順調にいってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜は鹿島だ!明日は仕事だ・・・

ああ、なんだか今日も暑くなりそうだ。鹿島は海が近いから東京に比べれば多少は過ごしやすいのかな?夕立とかはどうなんだろう?やっぱりこっちの方に比べると昨日のような凄いヤツは無いんだろうか?先週と2週続いて「ビジター雪隠詰め」シリーズだ、なんといってもゲストであるビジターの人より、やたらと好戦的なホスト(ホーム)が野放しにされてる所だ。行きも帰りも気を引き締めていかなきゃ、何処で何を踏むか判らないし!善良な常識的な大多数のホストの方は大好きです。どこに行っても。

今節も昨日のゲームの結果、また一段と混戦模様になってきました。ウチもこの混戦状態を振る活用して、取りこぼした勝ち点を拾ってかないとズルズル下のほうに行ってしまうので、なんとか勝ってほしいな。帰りの渋滞がいつもより少なければいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

あとは「勝ち方」が確立されれば良くなると思うのですが?

リーグの千葉戦、ナビスコ大分戦、リーグ浦和戦と中断前と打って変わって苦戦しています。良い状態や結果が続いていたから問題点があったとしても霞んできてしまうし、なんとなくだけど波に乗ってしまっているから、たとえ修正点が多々あったとしても「次はどうにかなるだろう」みたいな感じでお客さん的には楽観していた部分がかなりあると思います。当然私自身も含めて。しかし今シーズン、曲がりなりにも上位に顔を出しているので他クラブ、特に順位的にはTOKYOより下のところからすると、昨年や一昨年と違いかなりケアしてきますね。まあそのようにせざるを得ないという事は、キチンと評価されているという事なので喜ばしい事だとは思いますが。

「誰々がいれば○○だった」というのはそんなに好きでないのでアレなのですが、祐介が全治2ヶ月だったり、DF陣が怪我や故障だったりしましたが、そんな中長友が戻ってきました。今週末の鹿島にはどうなのか判らないけど、小平の練習試合にも出てるので完全復活も近いでしょう。日曜日の鹿島アウェイは行きます。翌日の仕事も当然行きます。だ・か・ら「勝ってネ」身体だけでなく精神的にもボロボロになっちゃうから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

大分県の恥だろう、ゼニとコネで教壇に立つなんて!

大分の教員採用に絡む贈収賄事件。展開的にはかなり深い部分まで行きそうな感じがプンプンしてます。採用試験の採点時に「加点」しただけでなく、本来なら確実に合格していた受験者の得点を「減点」していたのだから開いた口が塞がりません。とどのつまりは親や身内にコネと金が無ければ大分県では教員にはなれないという事か?多分全国各地の自治体で、大なり小なり似たようなことは行われているだろうとは思いますが、ここまで酷いのは大分県だけであってほしいと思うのも正直なところ。

私自身公務員をしている知人もおりますが、ここ数年の不祥事や業務に対する責任感の無さ等を見ていると、基本的に公務員というものを、定年まで勤められる現状から、2年から3年位のスパンで契約更新する制度に見直すことは出来ないのだろうかと考えてしまいます。これから10年位先には800万人位人口が減るわけだし、そういったことを加味すれば、ほぼひとつの県、その中の市区町村、その中の出先機関に匹敵する位の職員減を早急にすべきだと思うのですが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

2-0埼スタ。VSレッズ。割と大きな負け

やっぱり浦和に「きっかけ」を与えてしまった、不快指数100%な埼スタでした。ここまでが悪すぎた事もあるでしょうがゲルトの男らしい決断で、高原を外してエジミウソンの相方に達也を持ってきて、ウチのDFラインをかなりの頻度で混乱させて、前半早々に絵に描いたような失点をしてから、今年のTOKYOな感じで攻撃しても、運のない時の典型のようにゴールは決まらず、レフリーも訳が分からないジャッジをするし、それにつられて些細なミスが目立ちだしたりでいいとこなしでした。後半の永井のダメ押しの2点目なんか誰がどう見てもやられたらいけない形のミスからだし、本当に一部の人間が頑張ったってそれ以上に足を引っ張る人間が多いもんだから、浦和にとっちゃ渡りに船でしょ。中断前が良すぎたから完全にスカウティングされてケアされるようになってるから、これからウチにとってよい方向に持っていく事が出来るのが本当の意味での強いクラブなのでしょう、結果を残しながら直していくのは大変だと思うけど、頑張ってもらわなきゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

vs浦和。夏の埼スタ灼熱地獄か?

さて本日は、夏の晴天と季節を問わず雨にはめっぽう弱く、且つ食料、飲料の補給に大変苦労する「陸の孤島」埼スタで、試合前から試練に打ち勝つ苦行僧のような試練を味あわなければならない1日になりそうな天気です。

私、夏の埼スタは特に大嫌いでして、なぜかと申しますと、人工的なコンクリートの照り返しと樹木が相変わらず小さい為、日陰になる場所の極端な少なさ、駅からスタジアムまでの殆ど変化の無い風景、とてもじゃないけど快適さからは程遠い場所。ウチとのゲームは夏を避けてもらいたいものです。

今日はお互いに負けられない、落とすことの出来ない大事なゲーム。相手にとって、なにかしらきっかけがほしいタイミングで其れを与えてしまうウチの悪い癖が出ませんように・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

ナビスコ準々決勝」その1。vs大分、1-2

日曜日の一人少ない状態で、ほぼ90分近くを戦った事の影響を考慮しての大幅なメンバーチェンジだったのですが、結果的に負けはしましたが「1-2」という点差、ゲーム運びを見ると、あくまで私自身の主観ですが、パスの精度や判断スピード、プレスのかけ方、逆にかけられたときの対応で、まだまだ危ない場面が多々ありましたが、サテライトや練習試合でなく本番での経験や場数の少なさを考えれば及第点以上の出来だったと思います。色々細かいところを論えばキリが無いので、ここは「アウェイ得点」をキチンと頭の隅に置いた上で最少得点差に抑える事が出来たのを喜ばないといけないかなと感じてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

vs千葉1-1で引き分け

開始早々の今ちゃんの退場から、この日の微妙な運の悪さが幕を開けたわけですが、もっと正確に言うならば、(双方にとって)90分間で「のらりくらり」とブレまくるミラクルなジャッジを展開する『彼』が裁くという事で、それこそ始まる前から難しい展開を予想させていたのは周知の事実。

お互いにPKを外したり、得点はこれもまた「ヘッド」だったりして、なかなか完全な形で主導権を握れなかったりしましたが、大半の時間を数的に不利な形で戦いながらも、結構なチャンスシーンを作ったり、最後まで「勝ち」に行く姿勢は(当然といえば当然かも知れませんが)評価してもいいのではないかと思います。ジョーと佐原の交錯で傷を負った佐原が治療の為にOUTの時に失点してしまったのが悔やまれるところですが、昨年までのウチもそうでしたが、なかなか勝てずに下位に甘んじてるクラブは往々にしてああいったチャンスを逃すことなくキッチリ決めてくる。ウチの「勝ちたい」という気持ちより、千葉の「負けたくない」という気持ちの方がきっと強かったのでしょう。今ちゃんの休暇は明日のナビスコで清算のようですから、週末の浦和戦では日曜日の85分間のぶんも働いてもらえばいいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »