« 2-0埼スタ。VSレッズ。割と大きな負け | トップページ | あとは「勝ち方」が確立されれば良くなると思うのですが? »

2008年7月 9日 (水)

大分県の恥だろう、ゼニとコネで教壇に立つなんて!

大分の教員採用に絡む贈収賄事件。展開的にはかなり深い部分まで行きそうな感じがプンプンしてます。採用試験の採点時に「加点」しただけでなく、本来なら確実に合格していた受験者の得点を「減点」していたのだから開いた口が塞がりません。とどのつまりは親や身内にコネと金が無ければ大分県では教員にはなれないという事か?多分全国各地の自治体で、大なり小なり似たようなことは行われているだろうとは思いますが、ここまで酷いのは大分県だけであってほしいと思うのも正直なところ。

私自身公務員をしている知人もおりますが、ここ数年の不祥事や業務に対する責任感の無さ等を見ていると、基本的に公務員というものを、定年まで勤められる現状から、2年から3年位のスパンで契約更新する制度に見直すことは出来ないのだろうかと考えてしまいます。これから10年位先には800万人位人口が減るわけだし、そういったことを加味すれば、ほぼひとつの県、その中の市区町村、その中の出先機関に匹敵する位の職員減を早急にすべきだと思うのですが?

|

« 2-0埼スタ。VSレッズ。割と大きな負け | トップページ | あとは「勝ち方」が確立されれば良くなると思うのですが? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大分県の恥だろう、ゼニとコネで教壇に立つなんて!:

« 2-0埼スタ。VSレッズ。割と大きな負け | トップページ | あとは「勝ち方」が確立されれば良くなると思うのですが? »