« 夏の終わりは天皇杯の始まり! | トップページ | 今夜はvsマリノスです。 »

2008年7月24日 (木)

秋春制についてのコメントへの返答が長くなってしまうので

<とりあえず札幌、山形、新潟あたりのブログでも眺めてみてください。
それでもなんの疑問も無く「とりあえずやってみてから」と考えられるようでしたら尊敬しますから。>
<北国のクラブをきっちり納得させるなら「やってみるのも手」だと思いますけどね。>

基本的に常識の範疇で考えれば、12月中旬から2月中旬までは中断期間になるであろうという事を前提にして書きましたが、その部分が完全に抜け落ちていたので誤解を招く部分があったと思います。ただ、私が言いたかったのは、「犬飼氏」がJFAの会長になったからには「秋春制」以降は逃れられなくなった。まずその部分を理解したうえで、「反対ばかりしていても始まらない」、だったら1度やってみて問題点があれば修正して、それでも駄目なら元の春秋制に戻せばいいと思うわけです。(かなり難しいかもしれませんが) 川渕氏も基本的には秋春制支持者でしたが、実現できず志半ばで勇退して、犬飼氏に後を託したのはその部分もあるのではないかと思うところです。(経営手腕もかなりのものですが)

私自身特に冬場、週の半分位、新潟、長野、宮城方面に仕事で自分で車を運転して行きますので、どれほどの雪が降るかは判ってます。だからいわゆる雪国を全く体感していないわけではないのを理解してもらいたいのですが。それにアウェイは車で行ってますので出来るならば雪や荒天は嫌なものです。雪国のサポーターの反対意見はもっともだと思いますが、それを全クラブサポーターに認識させるには「雪の怖さ」「雪の不便さ」「寒さ」を体験させないといつまでも一部の意見で、「全体のうねり」にはならないと思います。

私も以前は「秋春」に反対でしたが、流れがこのようになってきた以上は反対ばかりでは建設的でないし、其れに対して反論も含めて物申したいならば、特に降雪地帯のサポーターがJFAやJリーグに様々な意見を出して「2010から実行されるとすれば」少しでもより良い方に持っていくのが大人なのではないかと思いますが?

|

« 夏の終わりは天皇杯の始まり! | トップページ | 今夜はvsマリノスです。 »

コメント

方々で言われていますけど,
1.『中断』で『オフ』じゃない以上チームで練習するだろうけどその方法は?
2.ウィンターブレークを設けると,日程的にカップ戦を潰すかチームを減らさない限り真夏開幕になるよね。
3.そもそもまともに芝でサッカーできるようになるのは3月下旬からだよ。
ということだと思います。

>1度やってみて問題点があれば修正して
ただでさえ弱小な経営基盤のチームはそのワンシーズンが命取りじゃないかと。

投稿: | 2008年8月 1日 (金) 13時08分

回答丸投げのようで申し訳ありませんが、1~3についてですが、そこのところをJFAやJリーグの方で、すでに様々にシュミレートしてるようなコメントがあったので、その部分はその道のプロに任せてもいいのではないかと思います。それに現状リーグ戦とかが始まるのは3月上旬からです。
弱小な経営基盤のクラブについては、参入前に今以上に経営内容に関する厳しい審査がなされるようだし「ホームの観客を増やす」という最低限の努力をクラブだけでなくサポーターやファンが一体になって出来ないのならば、Jリーグ参加は難しくなるでしょう。「命取り」にならない為にも一部の人のためのクラブでなく、Jリーグの理念である「地域密着」がこれからもっと大事になると思います。「わが町のクラブ」までになればそう簡単につぶれるような事は無いのではないでしょうか?

投稿: YAS | 2008年8月 1日 (金) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋春制についてのコメントへの返答が長くなってしまうので:

« 夏の終わりは天皇杯の始まり! | トップページ | 今夜はvsマリノスです。 »