« キックオフまであと少しし | トップページ | 何で「秋春制」の犬飼プランに本気で反対するうねりが起きないの? »

2008年11月 9日 (日)

アウェイ、vsガンバ。1-3

カボレ、ナオ、平山、(ルーカス)で東京祭りな大阪万博競技場でした。

あくまで主観ですが、立ち上がりからガンバに攻められているようにも見えたかと思いますけど、現地で見る感じだと一進一退な感じで関係の無い他人から見るとつまらないゲームだったかと思いますが、前半のカボレの先制までの時間もわりかし早く感じたし、ゲームの展開がそうだったのかもしれませんがあっという間の前半の45分でした。水曜日にACLを戦っている為かプレーの質は問題ないのですが、いつものガンバに比べると個々の選手の動き出しやポジショニングに僅かながらズレがあるようで、それでもこちらの些細なミスを見逃すことなく攻めてくるだけでなくバイタルエリアまで入り込んでくるところなんかは、今期前半のガンバより一回りもふた周りも上手くなっているのを感じさせられました。やはりACLの経験は侮れないものだなと改めて思いました。

後半、播戸が下がってくれた事がウチにとって本当に幸いしたと思います。前半何度もオフサイドギリギリで突破され、塩田のファインセーブでどうにか食い止めていたので、後半にあれを続けられていたらきっと違った展開になっていた事を思うと助かりました。それで開始早々の石川のシュート!前半のビックチャンスを外したのを帳消しにする追加点で流れは確実に東京ペース。平山は調子の良さを維持しているし、まだまだ上げてきそうな感じのプレーでダメ押しの3点目。その後はガンバの猛攻が来るかな?と思ったけどそれほどでもなく、「やっぱりアジア狙いなのね?」て感じの選手交代で元東京の9番ルーカスまで決めてしまい、大阪なのに東京三昧なアウェイになってしまいました。

アウェイのガンバ戦でビジター側が今回ほど埋まったのは初めてじゃないかなと思う位凄かったです。通路や階段まで人があふれてましたから。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 サッカーブログへ

|

« キックオフまであと少しし | トップページ | 何で「秋春制」の犬飼プランに本気で反対するうねりが起きないの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アウェイ、vsガンバ。1-3:

« キックオフまであと少しし | トップページ | 何で「秋春制」の犬飼プランに本気で反対するうねりが起きないの? »