« ブルーノ復帰。 | トップページ | スクープか飛ばしか?ベルディ売却。 »

2009年1月17日 (土)

2次補正予算。高速1000円のサポーター経済効果。

先日、衆議院を通過した2次補正予算ですが、例の定額給付金以外にも昨年で立ち消えになっていたと思っていた高速道路の「土日祝日1000円均一」の話、なんだか今度は実現しそうな雰囲気なんですが、そこで今シーズンのアウェイ遠征にどの程度それが実現した時に貢献するか考えてみました。

まず、今でもETCの深夜割引でも50%オフですが、それがどこまで走っても1000円ならば、去年まで大阪、神戸あたりまでだった私の自家用車使用のアウェイ行が、体力さえ持てば広島、はたまた大分まで(金銭的な)行動範囲に含まれてくるんです。昨年まで高速代で消えていた部分を燃料代で使えるようになるだけなので遠征費が削減されるわけではないのですが、プラスマイナス「0」ならば、少し遠くへ行く事が出来るのです。

それと日帰りの強行軍だった最小経費行程が高速代が浮く分、現地や行きや帰りの途中で車中でなく、きちんとした宿泊施設に泊まることも可能になるんです。食のほうで見ても、今までより贅沢な「地元料理」が堪能できるし、ココは人によって様々ですが、土産物もいつもより高いものや、少し多く購入したり出来る。

そうなると今シーズンは各クラブのスタジアムでのイベントに、アウェイ側や入場前のスタジアム外で地元名産品等の物販をすれば、地域密着の一助にもなるし、町おこしにも繋がると思います。景気が悪くても各クラブのサポーターは本当に危なくなるまで、他の出費を削ってホーム、アウェイにはせ参じる事が身体に染み付いてしまってます。と、なれば「高速料金土日祝日1000円」が現実化されれば、それなりに経済効果はあると思うので個人的にはOKです。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へにほんブログ村 サッカーブログへ

|

« ブルーノ復帰。 | トップページ | スクープか飛ばしか?ベルディ売却。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2次補正予算。高速1000円のサポーター経済効果。:

« ブルーノ復帰。 | トップページ | スクープか飛ばしか?ベルディ売却。 »