« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月29日 (月)

赤嶺は浜松には似合いません!

ジュビロ磐田が韓国人に見事に踏み台にされて、その後釜に赤嶺を狙っているようですが、たしかに今シーズン、カボレの相方として平山が台頭してきてしまった為ベンチスタートになってしまってますが、出来るなら残ってほしいですね。だって磐田に行ったところで良いパサーが今はいないから結果を残すのも至難の業かなと思うのです。それにFC東京だってFWの選手層は正直なところ薄い。だから現状のベンチスタートだってこれから先も続くとは限らないわけだし・・・。

今回の話だって昨シーズンの自身の活躍で手にしているのは間違いないけど、何とか残ってほしいなと強く思います!選手はサポーターと違って自分がプレーヤーとして売り込めるときにはどんな相手とも手を握るものだというのはわかってる。でもやっぱり最後は東京を選んでほしいと心のどこかで願ってしまう。

水色な赤嶺がイメージできないので余計になのかも知れない。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ノリオ渡仏?

ノリオがフランス2部アンジェに移籍するとかしないとか・・・。もう神戸の人なのでアレですがとにかく頑張ってもらいたい。しかし、真偽のほどはわかりませんが、現在2部にいるアンジェ側はノリオに松井のような原動力を期待しているようですが、そんなに大きなプレッシャーを与えてしまったら決まるシュートも決められなくなるような気がします。

今期は確かにゲームに出ていないばかりかベンチにも入れないことが多々あるようで、そこでせっかくの左足を魅せることの出来ない日々を送るより、海外移籍という大きなチャレンジをしたほうがこの先のキャリアを考えたらぜんぜん良い選択になると思います。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

15節 vs清水。国立競技場 2-1

ナビスコ駒沢での借りを絶対に返してやろうという意気込みを出しまくっていた清水です。その証拠に昨日も午前中の早い時間から日常には「ちょっと派手では?」というオレンジ色を見にまとった「静岡な」方々が多数いらっしゃってました。そして静岡方面のナンバーをつけた車も神宮の森の周辺を多数走っておられました。

ヨンセン、岡崎を擁して2週間前のように簡単にはゲームをさせてくれないだろうことは承知してましたが、前半の早い時間にPKで先制、その後はボールをいいところまで運ぶことは出来てもなかなかシュートで終わることができずこう着状態で前半を終了。連勝が選手に自身をつけさせているのか、ともすれば相手をおちょくってるようなパス回しが随所に見られ、数ヶ月前のボールを持っていても消極的な姿勢や前と後ろで意思がバラバラだったりといったチグハグさが皆無で安心して楽しめました。

後半、ヨンセンに決められて同点にされるも、清水のほうへ行きかかった流れをキッチリ戻すべく修正を行い、またやってくれた日本人得点ランクNO.1、「絶好調」石川ナオが狙いすましたドライブのかかったシュートでまたリード!危ない場面も全員で守りマスコミ的には絶対に狙っていたであろう岡崎に仕事をさせませんでした。(90分のうちほとんどの時間消えてしまっていて、何処にいるのかわかりませんでしたが)

清水エスパルス、伊東輝悦のリーグ戦通算450試合出場。最近は諸般の事情で比較的若い選手が台頭してますが、やはりこういったベテランがピッチに立っているのは素晴しいことです。そして若い選手にポジションを奪われない彼の努力は尊敬に値します。

去年は天皇杯を除いてコテンパンにやられただけにホントに爽快です!

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

お宅はそれほどの人気クラブでしたっけ?ふざけるな、ぼったくり神戸!

あのさ、それぞれのクラブでどのような価格設定をしても構わないと思いますけど、所謂「ゴール裏自由席」の前売り価格が一般¥3000てとりすぎじゃないでしょうか?Jリーグの中で一番高いでしょこれは!それも、神戸ホームゲームのうち4試合が高価格設定になっていて、幸か不幸かFC東京のそれも、この高価格帯に組み込まれてしまっていて本当にいい迷惑です。

でもまぁ7月4日は神戸に行きますけど、そういった意味も含めて神戸を完膚なきまでに叩き潰してやりたい気持ちでいっぱいです。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

再開リーグ戦。vs柏 日立台0-3

見事な紙ふぶきの処理の光景と絶妙なトーク(少し詰め込みすぎで勿体無い部分がありましたが)で幕を開けたJリーグ開幕戦(*千葉県柏市周辺ではそうらしい)Image058 Image059

柏側から「東京ディズニーランド」の命名権を一方的に賭けた、新しい形の「ダービー」に成長するのかしないのか大いに疑問ながら「金町」以来の意地のぶつけ合いが始まりました。

絶好調!石川ナオの先制点から本領発揮間近のカボレのゴール。前半からすき放題、やりたい放題の東京です。今ちゃんの強気のプレーや梶山の「東京の10番」を体現するプレー。柏は栗澤が孤軍奮闘するも「どうしたの?」といいたいくらい怖さ、速さがありません。

後半立ち上がり早々、平山のゴールネットに突き刺さるようなシュートがダメ押し!フランさ、ポポを柏が投入するも、こちらのディフェンスが安定してるので攻めきらせることなく決定的な場面もそう数多くは作らせませんでした。

Image057

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

ナビスコカップ、駒沢。vs清水エスパルス 3-1

いやー終盤にバタバタしてしまったけど、気持ちのいいゲームでした。本当に久しぶりの駒沢!飛田給に比べるとこじんまりしているので、僅か12000強の入りでやたらと見栄えもよく、ビジターの清水な方たちも人数が来ている割にはスタジアムのキャパの効果でホームである東京側が圧倒している様相に感じます。Image0

ゴール裏も上下が狭いため上手い具合に自然と横に広がり、国立やアウェイでよくある「まとまりのなさ」もほとんどなくスタンド全体で東京を盛り上げてました。来年だか再来年だかに多摩国体絡みで味の素スタジアムの改修工事が始まったらデイゲームは国立ばかりでなく、ましてや松本とかでなく是非とも駒沢を最優先で選択してもらいたいですね。

開始早々のユースケ→カボレの見事なコンビネーションで先制して、いつもどおりに多少のミスを重ねながらも、岡崎を代表、ヨンセン赤紙謹慎でそれほどの怖さのない清水の攻撃なのでヒヤヒヤ感はまったくありませんでした。後半の田邉→ナオの2点目。赤嶺自給自足のPKでダメ押し!〈 レフリー西村の東京ゴール裏の後押しが功を奏したのか?期待を裏切らない青山への2枚目のイエローカードで俄然有利になりはしたものの、西部のファールがなければよもや「赤嶺PK失敗か!!」みたいな見せ場付 〉

3点リード後はいつもながらのゴール裏、悪乗り、大はしゃぎがピッチレベルまで伝播してしまったかのような弛緩した緩慢なプレーがはじまり勿体無い1失点。PK献上も権田のスーパーセーブで清水に流れを与えず予選グループ1位で突破と相成りました!

そんなこんなでトーナメントの相手は名古屋。7月はリーグ、ナビスコ双方でホーム&アウェイこのカードで3度ぶつかることになりました。遠目のアウェイも先月で終了かと思ってましたが7月あたまの神戸と終わりの瑞穂で結局はいつもどおりになってしまいました。

米本、田邉、椋原にしたい放題やられて、権田には大きなチャンスを潰された清水にリーグ戦で倍返しされないように気をつけましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

練習試合vs湘南 0-2

木曜日、「久しぶりに」というか数年ぶりに小平へ行ってきた。自宅から車なら15分くらいのところにあるので、それが逆にいつでも行ける気軽さからいつの間にか足が遠のいてました。国立ナイトゲームの翌日で有給を取ってあったのでやることがなく暇をもてあましていたのも大きな理由でしたが、多少曇り空で風が心地よい昼寝日和のけだるい午後の芝生の匂いは癖になりそうです。

内容についてはほぼ割愛。ユースケと達也はいい動きをしてます。噂のブラジリアンはまだ周りとの連携、自分のプレーが周囲に浸透していないために孤立してしまったりして能力について未知数な部分はありますので良いか悪いか判断できませんので、このリーグ戦中断後くらい?にオフィシャルで発表があるのか否かが答えでしょうからわかりません。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水曜日。ナビスコvs山形、国立3-1

いまさらなんでいつもと同様、内容に関しては90%以上割愛。

前半の展開から見ると、全員がちぐはぐでかみ合ってない。勝ち点3奪取を意識しすぎてるのか動きが堅すぎる。開始早々に先制されたから余計に、前に出るしかない展開が個々の選手のプレーがつまらないミスにつながってしまったり、普通なら決められそうなチャンスをことごとく決められなかったり・・・・。

後半、ハーフタイムの監督のブチ切れが功を奏したらしく攻守共に改善され、1点取れればどうにかなると思っていたけど、それ以上のガンバリで3点奪取の逆転!楽しい夜になりました。北斗の怪我でチャンスがめぐってきた椋原。一試合ごとに頼もしくなってきてます。今シーズン一番、大化けしそうな予感がします。今は女性ファンが多いですがこれから先は東京の頼れる漢に成長して男心をくすぐる存在になってほしい。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »