« 高校野球の力 | トップページ | ナビスコ準決勝第1戦。アウェイ日本平2-2 »

2009年9月 2日 (水)

vs大分トリニータ。2-0

今日はナビスコカップ大事な大事な準決勝ですが、とりあえず土曜日の大分戦。

大分もシャムスカ解任の時期がもう少し早ければ現在の順位・・・最下位は免れていたかも知れないとても良いサッカーをしていました。最後のところを決めきれない部分を除けば大分の売りである粘り強い守りも随所に見られ、ともすればコチラガがやられてしまうのでは?という場面も前半は多々ありました。

後半大竹投入でリズムが出てきて、人も動いてゴール前の個々の連携も良い時に近いいい感じになってカボレの先制。終了間際の米本のロングシュートのダメ押しで久しぶりに勝ちました。

正直なところ大分との対戦は今年のコレが最後でしばしのお別れになりそう。良いサッカーをしていてもあまりにもタイミングが遅すぎです。今冬は移籍に関するレギュレーションが変更になったので降格クラブの有力選手や主力選手は他クラブから狙われ従来以上の草刈場になりそうなので、J2降格→1年でJ1復帰のシナリオは難しくなるでしょう。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 高校野球の力 | トップページ | ナビスコ準決勝第1戦。アウェイ日本平2-2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: vs大分トリニータ。2-0:

« 高校野球の力 | トップページ | ナビスコ準決勝第1戦。アウェイ日本平2-2 »