« アウェイ名古屋1-2、またも逆転勝ち。 | トップページ | 29節vs柏 4-0 »

2009年10月12日 (月)

天皇杯2回戦 vsカマタマーレ讃岐4-0

昨日は天皇杯2回戦、相手は香川県代表カマタマーレ讃岐。
ある年代以上には印象深い羽中田監督率いる地域リーグ所属でJ昇格を目指すクラブ。

噂には聞いてました、バルサのような流麗なパスと人の連動性を指向している面白いところだと。自分の目で見るのは初めてでしたが噂にたがわず本当に「素晴らしい」クラブでした。
毎年のことですが東京は初戦の戦い方が非常に苦手なようで(実際、たいていのJクラブがそうですが・・・)、今年も代表に4人持っていかれたり、相次ぐ怪我人でタダでさえ少ないメンバーがもっと少なくなってしまう、ある意味緊急事態な状態でしたが前半積み立てておいた4点をキッチリ守って3回戦に駒を進めることが出来ました。

天皇杯初戦での身の置き方がいつもあいまいな東京ゴール裏ですが私自身、リーグ戦と違ってわりと見る時間の多いこの雰囲気が好きなのですが、やはりいましたね「お馬鹿さん」が・・・。いろんな考え方があるのでそれ自体は尊重すべきとは思いますが、シーズン中全部が全部「熱い」を標榜するのも如何なものかと思うし、昨日の両ゴール裏の人数配分や点差を加味すれば別にゴール裏に「食って掛かることはねーじゃん」と思いますけどね。
カマタマーレは確かにいい攻撃はしていたし、前半や特に後半にはかなり危ないところまで押し込まれたりもしたけど、個人的には「やられてしまう!!」絶対的な危機感は感じませんでした。所謂、応援するばかりでなく「ゲームを見る」癖もつけないと、そうすればその展開、その局面で本当に後押ししないと危ないのか、そうでもないのか感じることが出来るようになりますから。

「格下」という言い方は嫌いなのですが最後まで諦めないカマタマーレの選手には感動させられました。なんだか原監督就任初年度のような東京を思い出しました。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« アウェイ名古屋1-2、またも逆転勝ち。 | トップページ | 29節vs柏 4-0 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯2回戦 vsカマタマーレ讃岐4-0:

« アウェイ名古屋1-2、またも逆転勝ち。 | トップページ | 29節vs柏 4-0 »