« 名古屋にいます。夏みたいに暑い・・・。 | トップページ | 天皇杯2回戦 vsカマタマーレ讃岐4-0 »

2009年10月 5日 (月)

アウェイ名古屋1-2、またも逆転勝ち。

最近の東京と名古屋へ向かう途中の中央道のSAの気温と現地の気温差で季節はずれの日焼けをしてしまいました。
水曜日にACLvs川崎で見事に準決勝へ駒を進めたことでホームグランパス側の席は満席だったようで、その影響があったのかどうかはわかりませんがビジタースタンド側のホーム席もナビスコ準々決勝のときよりも埋まっていました。

立ち上がり、東京もグランパスも慎重にくるかなと思いましたが予想に反して双方とも割合速い展開で、後半足が止まってしまうのでは?と心配になってしまうほどでした。
東京苦手のセットプレーで失点するも、根拠はなかったのですが負ける気のしない雰囲気がありました。
石川と達也のゴールで逆転して、そのあと後半に入ってからもかなりのチャンスがありましたが決めきれず、それでもDF中心に全員が集中して勝ちました。

後半のケネディと茂庭の接触の場面はついさっきスカパーで見ましたがイエローはかなり大甘な裁定ですね。だってケネディは飛ぶ前の段階で肘を振ってますから、仮に「身体をひねるため」ということにしても「肘」だけがあそこまで先行するのは不自然でしょ。審判に助けられましたねケネディは!
それとね主観の問題なのかもしれないけど、茂庭が肘入れられて流血して倒れてるのに何度もブーイングする名古屋ゴール裏はいかがなものかと思いますね。場所が反対側のサイドで遠いってんなら仕方がないけど、自分らのサイドでかなり近くで見えてたはずでしょ。
それをあえて治療中で経過を見ている状況なのにブーブー言うのはおかしいでしょ。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 名古屋にいます。夏みたいに暑い・・・。 | トップページ | 天皇杯2回戦 vsカマタマーレ讃岐4-0 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アウェイ名古屋1-2、またも逆転勝ち。:

« 名古屋にいます。夏みたいに暑い・・・。 | トップページ | 天皇杯2回戦 vsカマタマーレ讃岐4-0 »