« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

明日は広島ですね

おはようございます。明日はアウェイ広島ですね。昨年はどうにかやり繰りして現地へ行くことができたのですが、今年はあまりにもカレンダーの並びが悪くどうにもなりませんです。

大半の方が飛行機、新幹線または高速バスを利用して広島入りする事と思いますが、そんな中でも自家用車、レンタカー等、高速道路休日割引を活用して向かう方も少なからずいらっしゃると思います。
そんな方々に今年も去年とほぼ同じ時期に開催されるリーグ戦なので、東京から広島まで連休でなにかと予想外の渋滞で苛々しない為にも道選びの参考になればと思い簡単にアップしときます。

当然、大渋滞ありだろうと思い前日の夜9時に出発、東名ルートをチョイスしたのですが沼津先頭の事故渋滞が御殿場先まで延びていて(見物渋滞)その渋滞が解消されたのが日が変わる頃でした。
そこから暫くは順調でしたが浜松西先の事故渋滞があり1時間ほどはまる。その後は新名神から名神、かなり時間をロスしたため吹田へたどり着く頃は関西の連休渋滞に巻かれ中国道宝塚あたりまでダラダラでした。山陽道は交通量多いながらも登り坂以外は順調。ビックアーチ到着は昼頃でした。

蛇足ですが帰路、夜半過ぎまでSA、PA共に給油車輌や休憩利用の車でエリア入口先頭の渋滞が1キロから2キロ出てました。なので高速乗る前に食糧、飲料、燃料の確保をお勧めします。

ちなみに行きの中央道は順調でそちらから来た方は朝方に広島現着してましたので、今年はどんな具合になるかわかりませんが出発時、東名、中央空いている方から行けるよう準備してください。

それでは気をつけて、いってらっしゃい!

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

今年もまた・・・来年こそは万博から足取り軽く東京へ!

前半の東京の時間帯に点が入らず、今期当初から勝ち負け引き分けにかかわらず目に焼きつけられつつある風景。
いい形、いい繋ぎが出来ていて、ディフェンスも比較的安定していて、遠藤とルーカスがベンチスタートで・・・勝てるもしくは先制できる条件は十分にそろってました。

誰がどうとか、何が足りないとか、思うところは沢山ありますが怪我とかその他諸々で猫の手も借りたいくらいの緊急事態だったので仕方がないって言うか我慢します。
ただ、素人目に見て「このミスはしちゃいかんでしょ!」とか「また同じ形でやられてるよ!」といったことを繰り返してる部分の修正がなぜに出来ないのか疑問です。
組織で上手くいかなければ必然的に個人の力に頼らざるをえない若しくは個人で打破していくしかないのは承知してますが、その個人の部分で綻びが出来てしまった場合の組織でのフォローがいまひとつ機能していないように感じます。

去年もシーズン当初はバタバタしていたし、今年に関しちゃ要の梶山が故障だったりで出遅れた感はありますが、とりあえず連休の連戦を出来る限りよい形で戦い「いいサッカーはしてるけど結果が・・・」の今の状態から脱出してほしいです。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

結果も内容もいつもの如く 

ほぼ毎年のように、ホーム、アウェイを問わず駆けつけた者に「・・・・」という虚脱感を与えてしまう対戦。昔から引いた相手を崩せないのを常としてきたFC東京に原因があるのか、それとも京都サンガの先制しても欲がないからそれ以上ガツガツしない事が原因なのか定かではありませんが繰り返される閉塞感にも似たスタジアムを覆う空気をまたしても変えることが出来ませんでした。

ミッドウィーク、ナビスコアウェイ大宮で垣間見たリカの潜在力はどこかにいってしまったのか、はたまたアレは夢だったのか・・・。全くと言っていいくらいかみ合ってませんでした。
厭味でなく京都くらいに徹底した組織で守るクラブ、そしてそれ自体が選手個々に徹底されている相手にはリカルジーニョ程度は容易いということなのか、ボールを貰っても完全にブロックされてドリブルで抜けるコースも読みきられてましたから、スタメン起用で行くよりも後半に敵味方双方の足が止まってきたときの切り札で使用するほうが効果的かと思いました。

後半に重松、北斗、赤嶺がINしてからのほうが(それまでが酷すぎたというのもありますが)全体の動きに連動性が出て、それに付随してスペースも出来て面白いゲームになりました。そして攻撃にメリハリが出てきたことによって重松のPKに繋がったし、相手のDFラインも前半のような高い位置ではなくなり苦し紛れにボールを廻したりしていた前半が嘘のように選手がいい位置でボールを貰い相手をジワジワ攻め立てる本来の形が出来てきて多少なりとも東京のサッカーになっていたように感じました。

適材適所に選手を配置できない苦しさはありますが、他のカードも引き分けが多かったので昨日の結果は「とりあえず及第点」 最低限の勝ち点1。なので次のガンバ大阪戦、お互いに手負い同士ですが頑張らねばいけません。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

寒風吹きすさぶ大宮公園

前回のリーグ戦でのアウェイ大宮には体調絶不調にて行けませんでしたので、昨晩のナビスコが今シーズン初79.5と相成りました。
日没前はそれほどでもなかったのですが、西日の眩しさから開放された直後から風の冷たさに悪い予感が脳裏をよぎり始めました。

ワールドカップシフトで中断前は短期集中の過密日程のために選手に大なり小なりのしわ寄せがありますが東京的には梶山の怪我を筆頭にリーグ開幕から所謂「ベストメンバー」を組めなかったことが功を奏して、昨日のように大幅なメンバー変更があってもそれほどの不安は感じませんでした。コンビネーションとかそういった細かいところまで掘り下げてしまえば粗も出てきましょうが、それでもこのチャンスをモノにしてやろうという気迫が選手から伝わってきて、それを精一杯後押ししようというゴール裏の相乗効果でとても良い雰囲気でした。
リカの予測不能な個人技で先制し、その直後にもフリーでシュートしましたが見事にバーに当ててしまい笑いに包まれる場面もありましたが、徐々にではあってもリカが東京になじんできたときには大きな武器になりそうな予感がします。
椋原の赤は仕方のない部分はありますが、その後に投入されたメンバーを含めベンチにいるメンバーの選手層の厚さを見れば特に不安はなかったです。

今日は元から休みになっていたので良かったのですが、どうも昨夜の大宮で風邪を再発させたようです。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

惜しかったな~、勝ちたかったな~、vs鹿島

開始早々にPKでリードしたけれど、その後がなかなかね~。
でも私個人としてはかなり楽しめたし、内容的にも良かったと思います。
90分という時間の中で決定的なミス、判断の遅さで危機を招いてしまいそれが結果的に鹿島のゴールに繋がってしまったりと、そういった細かい部分を挙げればキリがありませんが概ね全体的にはいい方向に向かっている気がします。
ただね、やっぱり勝ちたかった鹿島には!前半も後半も東京自体相手に引けをとらない良いゲームをしていただけに勿体無いドローだとは思います。

最後に特に異常はないようなので杞憂に終わってほしいのですが、権田早期回復を。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »