« 寒風吹きすさぶ大宮公園 | トップページ | 今年もまた・・・来年こそは万博から足取り軽く東京へ! »

2010年4月18日 (日)

結果も内容もいつもの如く 

ほぼ毎年のように、ホーム、アウェイを問わず駆けつけた者に「・・・・」という虚脱感を与えてしまう対戦。昔から引いた相手を崩せないのを常としてきたFC東京に原因があるのか、それとも京都サンガの先制しても欲がないからそれ以上ガツガツしない事が原因なのか定かではありませんが繰り返される閉塞感にも似たスタジアムを覆う空気をまたしても変えることが出来ませんでした。

ミッドウィーク、ナビスコアウェイ大宮で垣間見たリカの潜在力はどこかにいってしまったのか、はたまたアレは夢だったのか・・・。全くと言っていいくらいかみ合ってませんでした。
厭味でなく京都くらいに徹底した組織で守るクラブ、そしてそれ自体が選手個々に徹底されている相手にはリカルジーニョ程度は容易いということなのか、ボールを貰っても完全にブロックされてドリブルで抜けるコースも読みきられてましたから、スタメン起用で行くよりも後半に敵味方双方の足が止まってきたときの切り札で使用するほうが効果的かと思いました。

後半に重松、北斗、赤嶺がINしてからのほうが(それまでが酷すぎたというのもありますが)全体の動きに連動性が出て、それに付随してスペースも出来て面白いゲームになりました。そして攻撃にメリハリが出てきたことによって重松のPKに繋がったし、相手のDFラインも前半のような高い位置ではなくなり苦し紛れにボールを廻したりしていた前半が嘘のように選手がいい位置でボールを貰い相手をジワジワ攻め立てる本来の形が出来てきて多少なりとも東京のサッカーになっていたように感じました。

適材適所に選手を配置できない苦しさはありますが、他のカードも引き分けが多かったので昨日の結果は「とりあえず及第点」 最低限の勝ち点1。なので次のガンバ大阪戦、お互いに手負い同士ですが頑張らねばいけません。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 寒風吹きすさぶ大宮公園 | トップページ | 今年もまた・・・来年こそは万博から足取り軽く東京へ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結果も内容もいつもの如く :

« 寒風吹きすさぶ大宮公園 | トップページ | 今年もまた・・・来年こそは万博から足取り軽く東京へ! »