« 耐え難きを耐えた先にある結果。vs山形0-3 | トップページ | 水曜ですが(vs新潟)駒沢のことです・・・。 »

2010年5月16日 (日)

vsエスパルス。引き分けなのに勝ったような高揚感

いや~痺れました!
いつもの見慣れた光景、ボールを支配してゲームはコントロール出来てはいても、なかなかシュートを決められず、セットプレーでまたまたマークの甘さからフリーの選手に決められて先制される・・・。
現状中位に甘んじているFC東京がリーグ首位のエスパルス相手に見ようによっては「どちらが上位なの?」と思わせてしまうくらいの良いゲームをしているのに、最後のところでクロスの精度や決定力、あとは西部のナイスセーブで決めきれない展開。
前半の流れからして「いけない」とは思いつつも悪い予感を完全には払拭しきれない弱い自分とも戦いながら声をからしてましたです。

後半のエスパルスは藤本の惚れ惚れするほどの美しいFKで追加点。
東京はその後も慌てることなく淡々と攻撃を繰り返し、終盤かなりの押し上げでいつ1点かえしてもおかしくない空気になってきたとき、あの長友の素晴らしすぎるボレーシュートが突き刺さったわけで、その後ピッチとスタンドがシンクロするような一体感が直後の松下の叩きつけるようなボレーシュートに繋がりました。

時間的には厳しかったけれど逆転できる雰囲気を昨日のホームでは感じたので、正直なところ悔しい勝ち点1です。ですが、ああいった形でのドローなのでなんだか勝利したような高揚感がありました。終了後に行われたワールドカップメンバーに選出された今野、長友、それにエスパルスの岡崎に対する花束贈呈のときのビジター側のリアクションが、昨日の結果の満足度の差になってあそこまで判りやすく出てしまっていたのには笑えました。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 耐え難きを耐えた先にある結果。vs山形0-3 | トップページ | 水曜ですが(vs新潟)駒沢のことです・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: vsエスパルス。引き分けなのに勝ったような高揚感:

« 耐え難きを耐えた先にある結果。vs山形0-3 | トップページ | 水曜ですが(vs新潟)駒沢のことです・・・。 »