« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月26日 (日)

vs大宮 0-1

FC東京だけでなく、たぶんこの時期から先に大宮と当たるところは苦しむんだろうなと改めて思いました。
大熊監督に交代になって初陣なので勝ちたかったし、当然勝たなければいけないゲームだけど、言い訳がましいのは承知の上でサブの駒の違いが大きいかなと。
プロである以上どのような状況でも相手を上回るプレーをしなくてはいけないでしょうが、リーグ終盤にきても異常なまでの故障者の多さでスタメンを組むだけで精一杯のチーム事情なんで甘いかもしれないですが仕方がないかなと思ってます。

監督交代のバタバタから実質的に一週間もない中で、ほぼ突貫工事ともいえる練習期間でも昨日のようなゲームを出来たことは一筋の光では。
頭ばかり使ってコネコネするよりもシンプルでわかりやすいし、シュート数だけで見れば ( 決められなかった。決め切れなかった部分には目を閉じて ) よい傾向に振れ始めたのではないかなと感じます。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

前を向いて上を目指して、大熊監督

2001シーズン以来の大熊体制です。
あのころは飛田給も味の素ではなく東京スタジアム。観衆も当然今ほど多くなく15000人いくかどうかで、ゴール裏だってたいていは両ブロックに荷物を置いて、試合中に真ん中に行ってとかでかなり牧歌的な雰囲気でした。

いま東京は大変難しいポジションにいます。でも、あのころよりはるかに密度の濃いスタジアムになった今、いろんなところでいろんな方法で、それぞれが東京の選手のために背中を押してやればきっと出来ないことはないと思います。
「大宮、湘南、仙台には勝たなくちゃ・・・」正論だと思いますが、どこがどうとかでなく、もうひとつも取りこぼさせないくらいの気概で残りのリーグ戦を戦って、上を目指すことのほうが単純でわかりやすいかと思います。

土曜日は心機一転、まずは大宮を叩きましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

城福監督更迭。

かなり多くの人がしんみりモードのブログやら書き込みしてますが、ココ最近の城福監督の試合直後のインタビューやカンファレンスの映像を見ていたら、今シーズン終わるまで一緒に闘いたい気持ちもあるけれど、そんなことよりもその姿が痛々しく、その言動があまりにも自虐的で、本意ではないにしても誰かしらが引導を渡してやらないと城福さんが壊れてしまいそうで心配してました。
なので、この解任(更迭)には全く異議はありません。

3年弱のわずかな期間にナビスコ奪ったり、今年はスルガを奪ったり、昨年までは上位に顔を出したりと楽しませてくれたし、今シーズンに関しては代表や怪我人等でなかなかメンバー固定できないながらも、そんな苦しい台所事情にも関わらず可能性を感じさせてくれるゲームも少なからずあったしね。

また数年後に志半ばで身を引かざるを得なかった2010年の仕事の続きをしに戻ってきてくれることを祈ってます。

そのためにも世間的に「降格ライン」といわれる現在のところからさっさと出て、上を目指しましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

磐田にも勝てない

100918_162117 博打と同じで悪い流れのとき、はどんなに粘っても、どんなに策を講じても巧くはいきません。
今年のFC東京はシーズン当初から空回りしています。
今日がダメでもきっと次は、今がダメでももう少ししたら・・・。

昨年まで我々にとってお得意様であったジュビロ磐田に順位と勝ち点以上の差を見せ付けられました。

直線的な表現を借りれば、まさに薄氷を踏むような順位にもかかわらず、ビジタースタンドはけして少なくない人数で埋まっていて、今日もしも負けたりすればホントにとんでもなく面倒くさい順位にポジションしてしまうので、どうにかして勝たせようという連休の大渋滞にもめげず東京から大勢駆けつけていたのに・・・・。

いつものごとくネットが揺れません。
それでも石川の今期初ゴールは光明か。
個々の意思がバラバラでバランスが悪い。
すべてが悪循環。

来年、ココでこのリーグ戦の借りを返すためにも、しがみつかなくては!

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

100918_162107

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

今年の春のころ見たような気が・・・。vs浦和

元から満身創痍のような感じで、選手起用もギリギリのところだったのに、試合中のそれも早い時間帯に羽生、高橋をアクシデントで交代させねばならない展開だけでも「運」のなさの極みだというのに、今シーズンの前半同様、森重がエリア内でファールしてPK献上、キッカーはポンテという「もう見たくない」光景をまたまた目の当たりにさせられ敗戦。

終了間際には達也までもが怪我でOUT。

結果は出なかったけれど、とにかく最後までよく闘っていた。
あくまでも最後のところ、枠には飛んでいるけれどネットを揺らせない現状を早く脱さないと。
たったそれだけがこんなにも難しいのかと心底思わせてくれた日曜日でした。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

天皇杯を忘れていた。2回戦vs駒澤大学

日々の慌ただしさに忙殺されて、前日に何をやっていたのかとかを思い出すのにも最近は苦労する始末です。

リーグだのナビスコだのと連戦、連戦で自分のスケジュールの調整やら、しがない勤め人なもので有り余ってる有給休暇を使うための理由やら届けを出すタイミングやらのなんだかんだで天皇杯のことが頭の中の遠くのほうへ行ってしまうギリギリで、たった今思い出しました。

基本的に、毎年天皇杯の初戦は締まらないというか、なかなか難しいゲームになってしまうので、内容、結果ともに「こんなもの」でしょう。
細かいとこまで見てしまえば、プロと素人の違い(カテゴリーという意味も含めて)、対する駒大の中1日という悪コンディション、このあたりを考えればもっと積極的にまたは圧倒的に勝たなくてはいけなかったかも知れませんが、超過密日程、プロ相手にどこまで出来るのか、将来的には自分もプロになりたい、或いは高校卒業してホントならJに行きたかったけどそれが出来ずにその気持ちをぶつけてきたりと、そういったハングリーさがわれわれを上回っていたのが前半。

スタメンで(所謂)レギュラー陣を休ませるために起用されたチャンスを与えられた選手があまりにも不甲斐なく結果を出せず、徳永、羽生投入でゲームコントロールできた後半に向こうの足も止まってくれてそれでどうにか勝てたのは痛いといえば痛いか・・・。

とにかく次は群馬で北九州とやるというシュールな組み合わせ。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 9日 (木)

ナビスコカップ準々決勝。vs清水 2ndレグ

台風が進路を変えたり、その影響で東名高速が事故や災害で通行止めになったり、新幹線も同様に影響を受けて大幅に遅れたり運休が出たりと散々なミッドウェークのアウェイナイトゲームでした。
私個人は基本的に何の影響も受けていません。
行きは中央道~R139~富士ICなのでキックオフには当然間に合いました。
強いてあげるとすればですが、厳密に言えば帰路の東名の通行止めを迂回する車が富士ICから西富士~139BPで河口湖ICに行く夜中とは思えない交通量と、中央道の八王子ジャンクション分岐、流入間の事故処理にともない圏央道八王子西ICまで迂回Uターンさせられた以外は完璧に近い想定内の時間配分で東京に戻ることができました。

ゲーム内容は私個人とすれば、この夏の試練の連戦を見てきた中で秋以降の巻き返しを感じさせるとてもよい内容だったと思います。
先週の1stレグで引き分けたとはいえアウェイ得点を与えてしまったのでアグレッシブに勝ちに行かなくてはいけないのは当然ですが、前がかりになりすぎてその裏を狙われてとか、シュートは打つけど殆どが枠に行かないとか、不必要なプレーで余計なファールやカードを貰ったりとか、危ない空気と云いましょうかそういった雰囲気はほぼ皆無に近かったように感じました。
ホントに細かい部分は仕方がありませんが、それぞれの連携もかなりよくなってきているし、これを継続し熟成させることができれば、近々に楽しい試合をまた見れるだろうと期待させてくれるゲームでした。

結果的には引き分けだけれど準決勝には進めなかったので、その部分に関してはとても残念だし悔しくはあるけれど、リーグ戦に置き換えて清水と東京の順位差を感じさせないものだったし、だからこそ昨日のゲームを最低ラインとして自信を持って残りのリーグを戦ってほしい。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

ナビスコ準々決勝1  vsエスパルス@飛田給

最近愛称がいい清水エスパルス。
しかしリーグの順位は雲泥の差。

夏の連戦が終わったと思ったら、先週から残暑の連戦。
勝てば勝つほど苦しくなる日程には大きな疑問を禁じえないのですが、そこはそれ双方ともに苦しいのには変わりがないので仕方がありません。

とりあえず第1戦を引き分けで終えたのは大きいです。
天皇杯をはさんで来週水曜日の第2戦、キッチリ勝って次に駒を進めましょう。

いろいろ、トホホな森重君の値千金の同点弾。
これから先は、あまり有給休暇使わないでがんばって働いてくださいね。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸ユニバ 0-0

初ユニバでした。
山の上というか、丘の上というか、新興住宅街というか、行きなれているウイングと周りの感じがぜんぜん違いました。
関東に比べると関西は残暑の厳しさがかなりあるような天気予報でしたが、夕方になり日が暮れてくると昼間の酷暑に慣れた体には多少ではありますが通る風が心地よかったりしました。

ゲームのほうは両チームとも下位に甘んじているだけでなく、順位もお隣同士なもので攻守ともに似たような感じ。
ミスに関しても同じようなことを双方が見せ合っているような展開。
勝ち点1を分け合う結果は妥当なものでしょう。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »