« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

またまた台風。アウェイ清水行 

今年のアウェイvs清水エスパルスは台風に祟られている。
前回のナビスコの時だって試合当日の台風通過で、東名高速の通行止めや、新幹線、在来線の運行見合わせ、大幅な遅れ等でナイトゲームであるにもかかわらず現地へたどり着くことが出来なかった方がいたりで大なり小なり影響を受けました。

そして昨日、例年ならこの秋の深まった時期に台風の通過などあまり記憶にないのですが、今シーズンのFC東京vs清水エスパルスは何の因果か嵐を呼んでしまっています。
それもどういうわけか日本平アウスタ開催の時だけ。前日の夜からテレビ、ラジオ、ネットの天気情報を貪るように気にしてましたが、静岡中部地域に再接近するのが何度確認しても試合前後であることは変わらず、ウダウダしてても始まらないので開催or中止は運まかせ、見切り発車で清水に向かいました。

悪天候のため交通量もきわめて少なく予想以上の早い時間で日本平に付きましたが、試合開催の可否は開始時間直近の天候によってどうなるのかわからなかったのですが、清水のオフィシャルが首尾一貫して「現状は予定通りに開催」とアナウンスしていたので大きく危惧はしていませんでした。

しかし、当たり前ですが開門時間が近づくにつれ風雨が強まってきて、傘が風で壊れてしまっている人もちらほら見かけたりするようになってきました。
そして開門、ビジター2階に行くのに階段を上がっていくと待機場所よりも雨、風ともに強くなって、屋根がないし山の上で風を遮るものが周辺にないので席を確保するのに難儀しました。
もうそれだけの作業で頭から足の先まで悲しい状態になり、そこから先は寒さとの戦いでした。
雨を避けるためコンコース、階段、踊り場は人でごった返してましたが限定品のビールがほしかったので人並みを掻き分けていきました。
しかし考えてみればごくごく当たり前のことですがスタジアム内はビン、缶持込禁止ですからブースに行っても販売しているわけがなく、このチラシとグリコのCRATZしか貰えませんでした。Esp そんなこんなで2時間30分の時間をつぶしてキックオフとなりますが、そこから先は次のときに。
テレビ観戦の知人からは重松のは入っていたとの連絡は貰いましたが、まだ自分で確認していませんので、スカパーの再放送を視聴した後にでもと思ってます。

件のビール等は近日中に静岡へ仕事で行く機会があれば購入するつもりです。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

vs新潟 

いつものことではありますが、更新に大きな波があるのが癖でいつの間にか木曜日になっておりました。
先週末のvsアルビレックス新潟から早いもので5日も経ってしまいました。
10月3日の国立競技場でのホームゲーム以来、天皇杯での運営最悪の群馬敷島、リーグ戦アウェイ仙台と久方ぶりの飛田給、味の素スタジアムです。
なんだかんだいっても慣れたホームが一番だと改めて思いました。

前節の仙台で勝ち点を取りこぼしてしまったので相変わらずの面倒くさい順位のままで、中の上にいる新潟が相手。リーグ優勝を虎視眈々と狙う名古屋を破ったりなんかして、基本、調子上向き、いつものお約束で選手狙われの新潟ですから簡単には勝てないだろうことは百も承知。

案の定マルシオなんたらがチーム一丸の策ねりまくりのFKで先制。もう、これは仕方がないのでどうでもいいです。
たぶん新潟な方々は勝ち点3が見えていただろうと思います。
だって、東京は攻めまくりで新潟がカウンターというどちらが上位クラブ?と目を疑うような展開なのにシュートが決まらない見慣れた東京でしたから。

それでも後半、梶山が平山が貰ったPKをキッチリ決めて同点に。
その後も取りに行く姿勢をキチンと維持してがんばってた。
でもその頑張りが空回りしてアディショナルタイムにPKを与えてキッカーはマルシオなんたら・・・、この決定的な場面を権田が止めてしまったものだから、引き分けなのにゴール裏だけでなくスタジアム全体が勝ったようなお祭り騒ぎ。
まぁこれから先に対戦するのは上位ばかりなので、昔ながらの上位いじめで今シーズンのフラストレーションを発散させましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

26節アウェイ、ベガルタ仙台3-2

101016_130652 勝たなくてはいけないゲームでした。
勝ってひとつでも上に行くために踏ん張らなくてはいけないゲームでした。

こんな順位同士の試合なのにチケットはほぼ完売に近い様相だったようでその上、専用スタジアムでピッチもスタンドも戦うには最高の距離感。
101016_161614 大黒が決めて波に乗れるかと思ったのに何を思ったのか守勢に回りだし、なんか嫌な感じがしてきたら案の定1点返される。
それでも前半を同点で終えたので必要以上に悪い流れではありませんでしたが・・・。

後半、平山の頭で再びのリード。
当然仙台は攻めに来るのは当たり前ですが、幾度となく危ない場面をしのいできて、タイムアップまであと少しのところで、またまた1点返されて振り出し、「贅沢は言わないからせめて勝ち点1を持ち帰りたい!」と思っていた矢先、気持ちで負けていたのでしょうね、アディショナルタイムまさかの逆転をされてしまいました。

101016_161730 なんでかな、1点入れた後にブレーキがかかって必要以上に引いてしまうのは。
向こうからすれば返さなくてはいけない場面で自ずから守勢になって攻めてこなければ楽に決まってますわな。
普通はさ、点入れたらその勢いで畳み掛けるのがセオリーじゃないでしょうか?
そりゃあさ楽に勝てるなんて思ってはないけどさ、少なくとも勝ちゲームをみすみす逃してしまったのは勿体無い話さね。

試合前と試合後に、このお方はわざわざビジタースタンドに挨拶に来てくれました。仙台で水を得た魚の如く活躍中の彼は来年帰ってきてくれるのでしょうか?
仙台には赤嶺を使いこなせる「10番」がいます。プロである以上自分を生かしてくれるところで活躍したいでしょうし、来シーズン我が東京が彼が戻りたくなるチームになっているのか・・・。101016_160954
とりあえず、終わってしまったことをガタガタいっても仕方がありません。
今は下を向いてる暇も、後ろを向いてる暇もない。
次のゲームのために各々が各々で出来ることをしなくては。
ピッチで直接闘うのは選手。
盛り上げて盛り上げて後押しするしかないしね。101016_161916

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

ユアスタ。

リーグ戦アウェイ仙台です。
先日の天皇杯正田醤油スタジアムの暑さが嘘のような過ごしやすい天気。
東京からかなりの人数が仙台に来るみたいなので、勝って帰る為にも頑張らないと!
チケットも相当数が売れているようなので楽しみだ。
十時半列整理なので忙しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

vs北九州。0-2天皇杯(群馬敷島)

Shouda2初 正田醤油スタジアムです。
天皇杯の地方巡業は嫌いではありません。関東圏ならなおさらOKです。J2ダントツの引き分け数、そしてこちらも引き分けの数なら負けてませんから、ひとつ上のカテゴリーの力を見せ付けなければいけません。

しかし、いろんな諸事情があるにせよ天皇杯だからなのか締まらないゲームでした。
北九州が捨て身なのかそれともFC東京をなめきっているのか、やたらと高いDFラインで中盤でガツガツ勝負してきたり・・・。

Shouda1 まぁトーナメントは結果がすべてなので、内容云々はいいとして、問題点はキチンと修正してリーグ戦アウェイ仙台で勝ち点3を奪取できれば御の字です。

ゲーム以外の感想としては、有料の練習試合のような運営に驚きました。
場内売店ナシはいいとしても、ゴミ箱ナシ、高校生に大会パンフの手売りをさせるなど、なかなか他会場では見ることの出来ないものを出来ないことを経験させてくれました。

Shouda

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

群馬県敷島公園。正田醤油スタジアムです

今年はとてつもなく遠くへ旅に出ずに済んだだけでも有り難い。
陽射しが強い利根川河畔。北九州と東京の勝負を群馬でつける不可思議さには目をつむり、勝って東京に戻りましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

vs湘南。3-0久しぶりの勝ち

前日の天気予報だと「暑くならない」様なことを言っていたのに
いざ当日、蓋を開けてみれば汗ばむような天気と気温。

大黒の1点目を皮切りに石川の「らしい」ミドル。
いつもは「・・・・」なリカまでが後半の疲れが見える時間帯に、疲れがいい具合に作用したのかイイ感じに力が抜けていて、たいていの場合カットされてしまうドリブルが、なんだか知らないけど気持ち悪いほどにスルスルっと抜けていくことが出来て、さらにシュートも見慣れた大吹かしではなく、リキんでないのかはたまたリキめないほど疲れていたのかGK野澤の手の届かない隅のほうに決めてしまうオマケまで付いて、久々のリーグ戦勝ち点3を取ることが出来ました。
ただ、他の方々も言ってますが、あまりにも久しぶりすぎて勝ったときにどのようにすればいいのか忘れていたのも事実でして、東京音頭なんぞを歌っているときにも気恥ずかしかったりしました。

とりあえず、この1勝をリスタートとして残りのリーグ戦は1つでも多くよい結果、よいゲームを!
天皇杯は、今シーズンリーグ戦で苦しんだ分をココで楽しませてもらうためにも正月一日を国立で迎えられるようにがんばってもらいたい。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »