« ユアスタ。 | トップページ | vs新潟  »

2010年10月18日 (月)

26節アウェイ、ベガルタ仙台3-2

101016_130652 勝たなくてはいけないゲームでした。
勝ってひとつでも上に行くために踏ん張らなくてはいけないゲームでした。

こんな順位同士の試合なのにチケットはほぼ完売に近い様相だったようでその上、専用スタジアムでピッチもスタンドも戦うには最高の距離感。
101016_161614 大黒が決めて波に乗れるかと思ったのに何を思ったのか守勢に回りだし、なんか嫌な感じがしてきたら案の定1点返される。
それでも前半を同点で終えたので必要以上に悪い流れではありませんでしたが・・・。

後半、平山の頭で再びのリード。
当然仙台は攻めに来るのは当たり前ですが、幾度となく危ない場面をしのいできて、タイムアップまであと少しのところで、またまた1点返されて振り出し、「贅沢は言わないからせめて勝ち点1を持ち帰りたい!」と思っていた矢先、気持ちで負けていたのでしょうね、アディショナルタイムまさかの逆転をされてしまいました。

101016_161730 なんでかな、1点入れた後にブレーキがかかって必要以上に引いてしまうのは。
向こうからすれば返さなくてはいけない場面で自ずから守勢になって攻めてこなければ楽に決まってますわな。
普通はさ、点入れたらその勢いで畳み掛けるのがセオリーじゃないでしょうか?
そりゃあさ楽に勝てるなんて思ってはないけどさ、少なくとも勝ちゲームをみすみす逃してしまったのは勿体無い話さね。

試合前と試合後に、このお方はわざわざビジタースタンドに挨拶に来てくれました。仙台で水を得た魚の如く活躍中の彼は来年帰ってきてくれるのでしょうか?
仙台には赤嶺を使いこなせる「10番」がいます。プロである以上自分を生かしてくれるところで活躍したいでしょうし、来シーズン我が東京が彼が戻りたくなるチームになっているのか・・・。101016_160954
とりあえず、終わってしまったことをガタガタいっても仕方がありません。
今は下を向いてる暇も、後ろを向いてる暇もない。
次のゲームのために各々が各々で出来ることをしなくては。
ピッチで直接闘うのは選手。
盛り上げて盛り上げて後押しするしかないしね。101016_161916

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村



|

« ユアスタ。 | トップページ | vs新潟  »

コメント

全く残念な試合でした。今年はどんだけガッカリさせられるのかしらと思いながらも牛たんはおいしく食べました。2004年のナビスコ杯決勝を思いだしながらがんばります。悲壮感はややありますがぁ

投稿: かいちゃん | 2010年10月18日 (月) 22時22分

かいちゃんさま

仙台に行くと毎回のように牛タンなもので、個人的に多少食傷気味だったので、先日は「らしいもの」には全く触れず仕舞いでした。

試合については難しい部分もあると思いますが、交代選手の質にも問題アリかなと感じました。
それでも得点出来るようになったので期待しましょう。

投稿: YAS | 2010年10月19日 (火) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 26節アウェイ、ベガルタ仙台3-2:

« ユアスタ。 | トップページ | vs新潟  »