« さあ天皇杯準決勝。 | トップページ | 始動日、2011シーズンスタート »

2010年12月31日 (金)

天皇杯準決勝vs鹿島アントラース  120分で力尽き

来シーズンJ2に旅立つ我がFC東京が意地を見せる最後の舞台、天皇杯。
101229_135357 東京ガス当時の雪辱を果たし、且つJ1での11年間の成長を図るには最高の相手です。
今期2分けだし国立での勝率、それだけで勝たせてくれるほど鹿島は甘くありませんでした。

前半の平山のオーバーヘッドで先制はしたもののその後が続かない、というより鹿島の試合巧者ぶりばかり目立つ試合展開。
押したり引いたり、緩急つけたり、相手をいなしたりと、鹿島はやっぱり強かったと。
少しでも隙を見せれば恐ろしいくらいにそこを見逃さずに衝いてくる。
この厳しさが東京にないのかなと改めて感じさせられました。

101229_120424

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« さあ天皇杯準決勝。 | トップページ | 始動日、2011シーズンスタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯準決勝vs鹿島アントラース  120分で力尽き:

« さあ天皇杯準決勝。 | トップページ | 始動日、2011シーズンスタート »