« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月25日 (月)

ジェフ千葉@フクアリ 0-3 か・ん・ぱ・い・・・

東日本大震災の影響で2ヶ月近く中断。
東北地方の太平洋岸、北関東、そして千葉県の太平洋岸ではやっと復旧に向けた第一歩が踏み出されたばかりですが、Jリーグも3月の第一節以降中断されていたリーグ戦が再開されました。110424_160345 サッカーのある週末が戻ってきました。
ここからが本当の意味でJ2の旅の始まりです。

久方ぶりのジェフ。
久方ぶりのフクアリ・・・・・。
そして相変わらずのジェフとの相性の悪さ。
数年前、最終節にジェフが土壇場でJ1残留を遂げたゲームを思い出させる後味の悪さ。

どんなにボールを持てても、どんなにパスを廻せても、
シュート数が上回っていても、結局ゴール出来なければどうにもなりません。
どこかいいところを探そうにも結果が出ていない以上はそんなものはありません。

シーズン2試合目、前社長の「全勝して昇格」の言葉が選手やスタッフの心のどこかで重荷になっていたとしたら昨日の負けはとても意味のあるものでしょう。
自分としては、そうであってほしいと思います。

0-3というスコアは反省点、修正点を見直させるにはとてもいいスコア。

この借りはシーズン後半に返してやりましょう。
とにかく昨日は完敗でした。

「ジェフ強えー!」て、ことで・・・。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)

下衆な話ですいません。 vs松本山雅@アルウィン

もうかれこれ3週間前のことなので、試合内容については割愛します。

110403_101210 東日本大震災のチャリティーを兼ねた練習試合。
前回の飛田給で行われたvs横河武蔵野との同マッチにおいては現金で 8332637円。チャリティーオークションで 2470838円。
J2クラブとJFLクラブでの義捐金とは考えられないような金額が集まりました。
それも基本四時間弱の短時間で。

そしてこの長野で行われたvs松本山雅でもトータルで 11997152円 の浄財が集まった。
110403_134322 募金というものは金額ではなく心であることは百も承知。
だけど、東日本太平洋側の甚大な津波被害の被災者にとってこれから先、徐々に復興が進むにつれ救援物資から現金に必要とするものが変わってくるので集まる義捐金が多いほうがいいとおもいます。

最終的にどの程度の金額が被災者の手に渡るのか見えないところもありますが復興のスピードについていけず取り残される人を出さないためにも、私自身微々たることしか出来ませんが息の長いサポートを続けていこうと思います。110403_133641 110403_134528

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)

ご乱心じゃないですよね?ジェフ千葉フロント様

リーグ再開第一戦が過去には相性の悪いイメージがやたらと付き纏うジェフ千葉。
昨年の天皇杯ではウチの若い衆がチンチンにしてやりましたが、リーグ戦での久しぶりの対戦がJ2というのがイタいところです。

東日本大震災の自粛ムードというか、自分達も何かしなくては感が世間を覆っておりますが、我々FC東京側からすれば当然のアウェイであるフクアリで、あろうことかYNWAをジェフ千葉フロント様公認でみんなで唄いましょうなどという有り難い企画が発表されました。

端から見たらコチラが悪者に思われても仕方ない感じですが、どうやらジェフ千葉フロントの暴走のようで、私の知る限りではFC東京には非がないようで安心しました。
人様の家で好き勝手するほど不粋な事をするFC東京フロントではないですから信じてはいますよ。

当然、ジェフ千葉な方々はかなりご立腹のようですし、日曜日までまだ間がありますから企画が流れる可能性も無きにしもあらずです。
ジェフ千葉ファン、サポーターが納得できる形におさまるように願うばかりです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

平山待ってるよ!

シーズン再開まで二週間をきったタイミングで平山の故障。
復帰は現状では今シーズン終盤まで厳しい状況。

言い方は悪いけど、このチャンスをモノに出来る選手が出てきてくれればいいです。
一年で昇格するためには後ろを振り向いたり俯いてる暇はないから。

平山は焦らずしっかり治してシーズン後半の大事な時期に必ず戻ってきてほしい。
昇格かかったゲームで復帰してオイシイとこ全部持ってったりとかしてくれたら笑えるし。

とにかく中途半端でなく完治して、選手としてもうひとまわり大きくなって秋に会いたいな。
たまにはのんびり過ごすのも悪くないよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

明るい未来にする為に

個人的な事情でなかなか更新できずにいましたが、やっと心身ともに余裕が生まれたので久しぶりに再開していきたいと思います。

まずは3月11日の東日本大震災の事を避けて通るわけにはいかない。
発生当初から地震自体の揺れによる被害より東北地方から関東地方の太平洋沿岸にかけての津波による甚大な被害が映像で流され、それまで自分が抱いていた「津波」のイメージがいかに甘いものであったのかを教えられました。
そして人間の英知や文明の利器が大自然の前ではいかに非力なものであるかを強烈なインパクトでおもい知らされました。
その光景は子供の頃に教科書で見た広島や長崎の原爆投下後や東京大空襲の焼け野原を彷彿とさせる荒涼とした津波被災地の風景、実際に被災した方はもとより見た者すべてにある種の虚無感さえ与えるほどの残酷な現実でした。

一昨日は地震から一ヶ月ということで特にテレビメディアでは意味もなくやたらとこの一ヶ月を振り返るものが多くありましたが、率直に言わせてもらえばそれは大きな被害のなかった又は少なかったものの自己満足、エゴでしかないと思う。
現実として沿岸被災地ではやっと一歩踏み出せたかどうかというばかりでまだ何かに節目をつけるには早過ぎる状況。

このような時に大所高所からものを見ることが出来ず且つ総てに於いて腰が重く動きの悪い政府に国民として何も委ねることが今後もできそうにないので、復旧から復興へ長い時間がかかるこの事に自分なりに何が出来るかを考えていこうとおもいます。

最後に、このたびの震災で犠牲になられた方の御冥福を心よりお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »