« 緑さんさ、今更詫びるんじゃないよ! | トップページ | 正田醤油でザスパに負ける »

2011年5月14日 (土)

VSカターレ富山 味の素スタジアム1−0

認識が甘かったらごめんなさい。
この闘いは「いかにもJ2」な感がしました。
正直に云えば「とてもつまらない」ゲームでした。
それでも勝ちには変わらないので結果だけを見れば納得のいくものでした。

富山の選手交代の理由が全て怪我に伴うものだというのもどうしたものかと思いますが、その殆どが所謂「自爆」であるところもまた哀しい。

相変わらずシュートが決まらない悪癖は治らないようですが、それでもシュートする意識が多少出てきているのは良い兆しか。
昨年までの「自称」ポゼッションサッカーで捏ねくりまわして崩す事は相手のレベルを考えれば可能ではあるけど、J2という環境ではそこでなかなか相手が出て来ず逆にブロックを固めて引きこもる為に、J1の感覚である程度良しとしたものが、ゲームコントロールが昨年以上に出来るので逆に足枷になっている気がします。

誤解を承知で言わせてもらえば、J2をなめる、なめないではなく、此処は長く居てはいけない危険なところだと改めて感じました。
この一勝をきっかけに勝ち癖をつけられるように!
なにが哀しいって、勝ったときの喜び方忘れてましたから。

|

« 緑さんさ、今更詫びるんじゃないよ! | トップページ | 正田醤油でザスパに負ける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VSカターレ富山 味の素スタジアム1−0:

« 緑さんさ、今更詫びるんじゃないよ! | トップページ | 正田醤油でザスパに負ける »