« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月23日 (金)

愛媛に行ってきた

110917_201936 むかつくような通行止めの嵐の中、愛媛にいってきました。

今ちゃんの今シーズン初ゴールを含む5ゴール
決めたメンバーが全て違う東京ならではの感じがまた最高。

110917_183822 ゲーム開始直後ににわか雨の様なのに降られましたが
その後は天気も何とかもってくれて助かりました。

110917_201950 愛媛の方々を裏切るような東京からの人出でしたが、J1の広島アウェイであったり、大分アウェイ等々と比べるとけして遜色の無い人数が遠路はるばる陸海空を駆使して馳せ参じたと思います。

力の差がそうさせるのか、滑りやすいピッチが遠因なのかわかりませんが、愛媛の選手の危険なプレーには辟易させられました。
今シーズン、自らが招いたことではありますが主戦場をJ2という懐かしの場所へ移したわけですが、東京のスタメンとJ2クラブ選手のポテンシャルの違いなのか、毎節対戦する度に思うことは「ラフプレー」と「熱い気持ちの入ったプレー」を穿き違えてる選手、サポーターが多いような気がします。
デビジョンが違ってもひとつ間違えば長期離脱や場合によっては選手生命にかかわるような事故にもつながりかねないので、その辺のところを考えると早々にJ1昇格を決めてほしいものです。

この愛媛の地で福田に再会できたのが勝ったこと同様に嬉しかったりする。
池田昇平は清水のときとユニホームカラーに違和感が無かった。
とにかく混戦J2の昇格レースの前哨戦を勝ち点3持ち帰りで取りこぼさなくて良かった良かった。

110917_201225

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

カターレ富山に負けてしまったこと

110828_102238 前節のアウェイ栃木のボッコボコのピッチと比べると雲泥の差のスタジアム。
隣にあるサブグランドの外周に見事な芝がこれでもかというほどまぶしい緑を輝かせ、
メインスタジアムの外にも裸足で歩きたくなるくらいの芝生が生えそろってました。
110828_101317 試合はまさかまさかの完封負け。それも黒部に決められてしまいました。
僕が黒部を最後に見たのは京都か千葉かその辺にいたのが遠い記憶の中にありますが・・・。
やはり東京は梶山と秀人のところをケアされたり、所謂マンツーマンに近い形で付かれたりすると手も足も出なくなってしまう癖はなかなか直らないようです。

110828_202028

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

ホームだけど熊谷で栃木とドロー

東日本大震災で延期されていた日程の諸般の事情 (たぶん毎年恒例のエーネイなんたら )で暑いが売りなのか印象が悪くなるから嫌がってるのかよくわからない、暑いぞ熊谷でホームゲームでした。
栃木のホームん時のボコボコピッチに比べると、ぜんぜん問題の無い綺麗なピッチでした。
上位争いといいますか首位争いになるこのゲームですが、
私、素人目にですが栃木SCは普通の状態のピッチや良い状態のピッチではそれほど巧くないというか強くないなと感じました。
まぁそんな相手にスコアレスドローではありますが、前回闘ったときに露呈した問題点や前節に出てきた問題点をある程度整理し改善してきていましたので、小さいかもしれませんが一歩一歩強くなるためのメンタリティーみたいなものが芽生えつつあるのかな?なんて思ったりしました。

110904_180108 とりあえず上位の昇格圏内のチームが団子状態になってきたので
傍から見ると面白い、サポートするほうとしては毎度今まで以上に痺れるゲームになってきましたが、最後に笑っていられるように自分に気合を入れなおして9月10月のハードな連戦を乗り越えたいと心に誓いました。( それほど重くは思ってませんが・・・)

110904_203255

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6-1の大勝で京都に勝ち越し

昨シーズンの最終節の借りを綺麗に包装して熨斗つけて高そうな風呂敷に包んでしっかり返してやった爽快感に包まれたホーム味の素スタジアム。
ルーカスがハット決めたり、ムッ君がまさかの初ゴールを決めたり
満身創痍の森重が後半開始早々に止めの3点目を決めてしまったり
サンキュー坂田がナオからサンキューの東京移籍初ゴールを決めたりで
盆と正月が一緒に来てしまったかのようなお祭り騒ぎの飛田給の夜。
お久しぶりの勝利+そうめったに無い大勝で気持ちの良い1週間をすごせそう。

対する京都サンガ。
あの戦術を続ければ先々強くなっていくことになるでしょうが
フロントやスポンサー、ファン、サポーターといった周りの人々が耐えられるか否かにかかっている気がします。
ただ驚いたのはビジター席のあまりにスカスカなことでした。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »