« 2014シーズンスタート。 | トップページ | Jリーグ初の無観客試合裁定 »

2014年3月11日 (火)

2014 第2節ホーム開幕。

日立台の冷たい雨に打たれた夜から1週間がたちました。
待ちに待ったホームでの開幕戦。
今シーズンのリーグ2試合目ですが
やはり我が家で迎える初戦の方が、なんとなくですが
「今年も始まった~!!」と実感できます。
今年の開幕ゲストは志村けんさん。
そして告知にはなかったダチョウ倶楽部のリーダー肥後さん。
そして人力舎からおなじみゆってぃ。
短時間とはいえサッカー観に来てこの顔ぶれをライブで見られるばかりでなく
変なおじさんの格好のままでの花束贈呈や写真に納まる際のポージングまで
コメディアン志村さんのプロ意識を垣間見ることができ、初サッカー観戦の方、
初FC東京の方も喜んでいただける掴みだとおもいます。

試合の内容は期待のエデゥーが早い時間に決めてくれて
楽にまわせそうかな?と期待したものの、相変わらず得点が早すぎたのか
主導権を握りつつも追加点がなかなか奪えないしんどい展開。
それでも昨シーズンの「繋ぐの大好き!」な大事な場面でパスを選択する
消極的姿勢は殆ど見受けられず、キチンとシュート!
打てば何かが起こる的な不確定要素イッパイのシュートでなく
かなりの確立で枠に打てていたのであと1~2ヶ月もすれば
メンバード同士の連携も深まりよい方向に進んでいけるのではと期待が持てるないようです。

後半は全体的にヴァンフォーレにやらされていた感が否めない内容。
東京にある程度ポゼッションされるのは織り込み済みで
あとは奪ったらカウンターでどうにかすればいいという
僕の知ってる城福さんからは想像できないくらいのこの日は超リアリストな采配で
身の丈にあった大人のサッカーを展開したヴァンフォーレにセットプレーから1点を返されて
選手交代で打開を図るも正直から回りに終わり勝ち点1の引き分けにおわり。
あえてタラレバを言わしてもらえば、失点直前のセットプレー時にヨネを投入するものとばかり思ってたのですが、そこで流してしまったので、もしかしたら~・・・・と不安がよぎってたので
ショックは大きくなかったのですが、まぁ、やはり悔しい引き分けですね。

この日ある年代以上の方を楽しませたのは、志村けんさんだけではありません。
紆余曲折を経て今期ヴァンフォーレ甲府に加入した盛田剛平。
若いファン、サポーターには判らないと思いますが彼が
FW 盛田剛平で紹介されたときに懐かしさでいっぱいになりました。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 2014シーズンスタート。 | トップページ | Jリーグ初の無観客試合裁定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014 第2節ホーム開幕。:

« 2014シーズンスタート。 | トップページ | Jリーグ初の無観客試合裁定 »