« 第3節 2-1ヴィッセルに惜敗 | トップページ | フロンターレに負けてしまったこと »

2014年3月21日 (金)

ナビスコの始まりは吉!

今年はワールドカップなんかもあるので
例年ならナビスコの緒戦が水曜ナイトゲームパターンですが
リーグ戦も数試合過密日程のあおりをくっています。

今シーズン最初のミッドウェークのナイトゲーム。
風の冷たい味の素スタジアムでリーグ戦絶好調のアントラースをむかえて
ヤマザキナビスコカップ初戦です。
アントラースはGK以外はリーグ戦と代わらぬガチガチのメンバー構成。
片やFC東京はカズマ、コースケ、森重を除いてアピールのチャンス到来の若手を中心とした顔見世興行の様相。
しかし、我々の贅沢なところは、他クラブと比較しても2番手にしておく意味が判らない塩田、怪我でシーズンスタートダッシュが出来なかったといえ交代要員にしておくのが勿体無いヨネ、そして甲府からお帰りなさいの羽生。今シーズン調子の良い河野。その力を見せ付ける勝負の年の吉本などなど楽しみなメンバーがスタメンです。

開始早々からパスが繋がるわ、調子の良い鹿嶋を相手にしてもひるむことなく仕掛けるわで
河野、コースケが見事に決めてくれて2点先取。
その後も試合の主導権を握りながら引きすぎて守ることはせず、機を見て仕掛けてあわよくばもう1~2点追加な試合展開ですが、そこは試合巧者のアントラースですから徐々にペースを掴んで2-0のままHT。
後半、トニーニョセレーゾは予想通り勝負をかけるため本山投入。
やはりベテランが入ると前半の不甲斐なさと変わりリズムが出てきて押し戻される場面が散見しだしましたが、羽生、ヨネ、野澤が締めるトコはしっかり締めて、そこで漏れても森重を中心に吉本、陸の身体を張った危機管理で1点返されるも失点直前のタマのゴールでとどめ。
久しぶりの勝ちを見られた夜でした。
羽生とヨネが入ることで中盤の運動量が格段に増し、相手に自由を与えないばかりか危機を未然に防いでくれるので、全体のラインが高く保て攻撃にかけられる人数も多いから攻め方のバリエーションも増えるし、それに伴い相手の枚数が揃わないうちに深いところまでいけるので見ていてヒヤヒヤする場面が少なく、躍動感が伝わってくる楽しい試合でした。
このサッカーがマッシモのやりたいサッカーなんじゃないかと思うのですがどうでしょうか。
この良い流れを日曜日に繋げていってもらいたい。Dsc_0069

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 第3節 2-1ヴィッセルに惜敗 | トップページ | フロンターレに負けてしまったこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコの始まりは吉!:

« 第3節 2-1ヴィッセルに惜敗 | トップページ | フロンターレに負けてしまったこと »