« 2014 第2節ホーム開幕。 | トップページ | 第3節 2-1ヴィッセルに惜敗 »

2014年3月14日 (金)

Jリーグ初の無観客試合裁定

土曜日の埼スタでコンコースに掲げられた浦和レッズサポーターグループによる差別弾幕を通りかかった良識ある複数サポーターからの件の弾幕掲出をやめさせるよう、或いは即刻取り外すように指摘、クレームを受けていたにもかかわらず試合終了後まで放置したことによってネットに晒され、あっという間に日本中のスタジアムのみならずニュースにまでなってしまった例の件。
どこのクラブでも(当然FC東京も含まれます)見かけるクラブスタッフと、中心的または大所帯のファン、サポーターグループによる癒着体質により、処理の仕方を誤った少数の愚か者たちの事なかれ体質によって、小さな火種で済ますことが出来たものを僅か数時間で全国規模で恥を晒すことになった事に同情の予知は全くありません。
スタジアム界隈で良識のある、いや常識のある行動言動をされる方は僕の知る限り大きなグループであったり中心的な人々の中にははぼ存在し得ないと断言できます。
そういった意味で今回をきっかけに問題を起こした浦和レッズだけでなく
Jリーグ各クラブのフロントスタッフはファンサポーターとの関係性について
もう一度足元を見直して、適度な距離感へ修正しなおす必要を感じます。

今回の事案も少数または個人の方々からの指摘にクラブスタッフは真剣に向き合うことをせず、
明らかに間違った行為をしているにもかかわらず人数の多いグループの言い訳を
優先した結果クラブのみならず日本サッカー界全体を危機に陥れた愚挙。これは企業としても人間としても許されるものではありません。

我がクラブについて考えてみると
ここ数年ゴール裏中心エリアの両サイドの階段に
我が物顔で座っていたり、消防法の観点からすると絶対にしてはならない
階段部分での90分通しての観戦、
所謂ゴール裏での椅子立ちは破損時のクラブによる負担をなくすため禁止になったはず。
そういったつまらないことで大きな事故が起こるのを未然に防ぎたいという気持ちでFC東京スタッフへキチンと指摘している方を知っているだけに、いまこそ小さな声にも耳を傾けスタジアムを快適なものに変えていくチャンスだと認識してもらいたいです。
そうしないとスタジアム、ゴール裏は常識、良識の要らぬ特別な場所という間違った考えを持った者の「聖域」になってしまいます。

浦和の一件はどこのクラブにも起こりうる身近にある危機。
浦和憎しの論点ずれの方々が多くいらっしゃるようですが
週末をスタジアムで過ごすことが日常の多くの方は
これを機会に、私自身もですが襟を正して不正とは厳しく闘っていきましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

|

« 2014 第2節ホーム開幕。 | トップページ | 第3節 2-1ヴィッセルに惜敗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ初の無観客試合裁定:

« 2014 第2節ホーム開幕。 | トップページ | 第3節 2-1ヴィッセルに惜敗 »