« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月20日 (日)

我々はセレッソの咬ませ犬にあらず

Img_20140420_161830 昨年に引き続き今シーズンも4万人超えのこのカード。
昨年は柿谷、今年は扇原、南野、山下らも代表候補になり
そこにウルグアイのフォルランとなにかと話題先行だけで結果の伴わないセレッソさんに
メディアが火付け役のセレ女という副産物までついてご来場くださいました。
チケットが前売り段階でソールドアウト言うことでしたので南側スタンド目一杯ピンク色になるのかしら?と思っていましたが、何のことはない半分強のお客様しかおらず少々がっかり致しました。
Img_20140420_161402 男性コーラスと女性コーラスの見事なハーモニーも堪能させていただき、そのあまりの斬新さには脱帽いたしました。
関東アウェイで普通なら数的不利なビジターゴール裏ですが、今年はある種のバブルの様相を呈して傍目にはアウェイ感がそれほど感じませんでした。
ただ純粋なセレッソファン、サポーターが気の毒に思ったのは、柿谷新規、南野新規等でクラブをサポートする気などサラサラない方も多数いらっしゃったようで、スタンドのピンク色に比して声や気持ちがピッチまでなかなか届いていなかったように思います。

この日、ビジタースタンドでセレッソを応援していた節操のない東京都民の方が一人でもFC東京のゴール裏へ足を踏み入れないことを切に願います。

過去の対戦結果云々は置いておいて常々感じていたのは、セレッソは上手いけれど怖さがないということです。
ピッチで闘っている選手の頑張りのおかげなのは重々承知ですが、スタンドから見ていると本当にそう感じます。
個々の選手のテクニックは素晴らしいのですが、そこはあくまで前目の選手の攻撃力の部分だけで局面打開の連携や、パスの出しどころを失った時の周囲のフォローなどがとても稚拙に見えます。
監督がポポになり昨年までのユースのような「攻めるのは楽しいな~、ドリブルで抜くの気持ちいいな~」というサッカーから脱皮を図ろうとしているようですが、まだまだ成長できる才能ある若い芽がたくさんいるセレッソには、今のなかなか勝てない現状は辛いかも知れませんが、もうひと我慢して結果を急がず応援してあげてほしいと思います。

Img_20140420_161148 平山と武藤のシュートはともにすばらしいものでした。
平山のシュートに繋がるコースケのグラウンダーのクロスも地味に見えますが、その前のプレーまで逆算すると本当に読みとテクニックが調和したプレーです。
武藤のシュートまでの流れは武藤→三田→高橋→武藤のスピードとチームワークが生んだ2点目でした。

次にセレッソとやるのはお盆初っ端の長居。
個人的にですが、東京でメディアに乗せられてセレッソに群がる女性より、大阪や神戸でみる純粋な関西の女性のほうが、比べるのも悪いのですがぜんぜんいいのですが。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月17日 (木)

ナビスコカップ VS神戸

Img_20140417_103419週の真ん中、水曜日ナイトゲーム、遠隔地、全ての条件が大半の方の現地観戦を不可能にする迷惑な日程。
ミッドウィークや大型連休、日曜日のナイトゲーム等は近隣のクラブ同士の対戦にするなど
もう少しJリーグには観客動員や行き帰りの利便等に配慮していただきたいものです。

しかしそのようなアウェイクラブにとっては大変困難な状況こそが、土曜日の広島アウェイのように動員数が限られてしまう少人数の時のビジタースタンドの一体感や、昔のような遊び感が楽しみの一つでもあります。

そしてまさにこのナビスコ神戸アウェイが笑ってしまうくらいの少人数。
真ん中に出来るだけ集まり、集った人がみんな本気でやりまくる最高の雰囲気でした。
武藤の初ゴール、エドゥーの突き刺すゴール、平山のおしゃれなゴール。
神戸がぐうの音も出ないほどの快勝。
リーグ戦の借りを返して、ナビスコはグループ暫定1位。
Dsc_0165
勝利しましたから攻撃は当然申し分ありません。
しかし守りについても穴が開いたところには誰かがフォローに入り、ボールを失っても数的不利な状況を極力避けるべく全員で守りきりました。
吉本は使われるたびに引き出しが増えていくようで、今シーズンがもしかしたら正念場だったのかもしれませんが、この先もずっーと見ていたい楽しみな選手になりつつあります。
神戸からよい結果を持ち帰り、週末はチケット完売のホームゲーム。何でこのゲームがソールドアウトになるのか理解できませんが、とにかくこの良い流れをリーグ戦に繋げるために、温さの目立ついつものスタジアムを激変させて、勝ち点3を手にしたいです。

Img_20140417_103522

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月15日 (火)

広島に0-1で負け

Dsc_01302 連勝してくれたら嬉しかったのですが、0-1の惜敗。
だからといって問題点が散見する内容ではなく、選手も監督も変わらず熟成された広島を相手に互角に戦っていたと思います。
試合毎にメンバーの変更があり、それが功を奏して選手層の厚みにつながり誰が出ても心配することのないチームへ変化してきたことを考えれば、今年は長期の中断がありますから7月以降へのステップのために現在は種を蒔いている時だと理解しています。
個々のメンバーのミスを論う方もいらっしゃいますが、どんなに強いクラブの選手でも90分間100%完璧な選手などいるわけがありませんから、昨年のようにココは彼の場所的なものがない分、我慢に我慢を重ねるストレスのたまる事も激減しています。Dsc_01332

この数年、昔のようにアウェイ広島が鬼門では無くなりつつあり、今年も期待半分(以上)で出向きましたが、セットプレーのほんの一瞬のミスで失点、勝てば上位に顔を出すことが出来ただけに結果的に痛い敗戦。
しかし選手もスタンドも最後まで諦めずに闘いました。下を向くような内容じゃない。それが現地の雰囲気でした。
Dsc_01372
水曜日はナビスコカップアウェイ神戸。リーグ戦の借りを返すべく今回は勝たないと!
仙台に続いて平日のナイトゲーム。
土曜日のホームゲームに弾みをつけるためにも最高の雰囲気を持ち帰ってほしいです。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 8日 (火)

リーグ戦ホーム初勝利

Dsc_0110 ナビスコ鹿島、リーグアウェイ清水と公式戦2連勝。
そしてミッドウィークに行われたナビスコアウェイ仙台に引き分けて迎えた
日曜日のホーム味の素スタジアム。
豊田や水沼の倅、安田等々、J昇格初年度からクラブとしても力をつけ、
選手層もジワジワと厚みを増そうとしている途上のサガン鳥栖。

Dsc_0109 この日も期待通りのメンバーシャッフル。
ですが徐々にではあるけど選手個々の順位が見えてきて
それが結果が出ているからとかではなく、
昨シーズンのような納得のいかない選手選考や、見るからに調子の上がらない者、チャンスを悉くモノに出来ていない者をチョイスすることがなくなり、今シーズン初頭のメンバーに比べるとメンツが大幅に変わったので、
去年は小平で明らかに頑張っていたのに常に日陰者の扱いを受けていた選手や、安パイで冒険嫌いの指揮官のせいでベンチに入るチャンスさえなかなかなかった伸びしろ無限大の若手の積極的なプレーが随所に見られ相手にとってはスカウティングしにくいチームになってきているのではないかと思います。

サガン自体が「えげつない」プレーをしたとかは全く感じませんし、
バチバチやりあう展開も嫌いではありませんが、
レフリーの腕が悪いと、たとえ勝っても釈然としない、そんなゲームになってしまいます。
極端に荒れたわけではないけれど、個人的になんだかスッキリしない勝利なんです。
河野の1点目の詰めかたも良いですが
2点目の、いかにも平山なシュートが大好きです。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

日本平で勝ち点3

桜満開の日本平で見事な逆転で勝ち点3を取ってくれました。
先日のナビスコカップ鹿島戦と同様の大幅なメンバー変更。
既存のメンバーがどうとかでなく、
大なり小なり閉塞感があったのは事実です。

序盤の失点は事故のようなもの。
そこをキチンとケアできるようになれば自ずとチームは強くなっていく。
今はその過渡期。シーズン初頭のこの時期に、昨年チャンスをもらえなかったメンバーが躍動して、逆に数々のチャンスをモノにしながら結果を出せずにいた選手が猛省して
それが選手層の厚みにつながり、シーズン終盤にタイトルを手にすることの出来る順位にいるための大きな財産になっていく。

PKに抗議した森重へのイエローと、そのPKの元となるコースケのハンドの判定は納得のいかないところですが、判定が覆るわけでもないしとやかく言うつもりはありません。
大前のPKを止めて清水の流れになりかねないシーンを防いだ権田の活躍は言うに及びませんが、交代で入った選手も自らの色を消して仕事を全うし掴んだリーグ戦の初勝利は、勝ち点3以上の価値ある勝利です。
Dsc_0074 Dsc_0078

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 4日 (金)

ナビスコカップ<アウェイ> vsベガルタ仙台

結果的には1-1の引き分け。
しかしアウェイで、またまたメンバーを入れ替えてのこの結果は
とても大きいとおもいます。
点の取り方、取られ方云々よりも、昨シーズンまでの理解不能なメンバー固定によってアピールをしても見向きもされず飼い殺し状態でモチベーション低下の練習のための練習の場だった時と違い、基本的には「誰かの指定席」的な納得のいかない起用法は激減し、若手の台頭やベテランの意地、両者が融合したときの未知数の期待感を楽しむことが出来て嬉しいです。
柔軟な選手起用よって得られる選手個々の経験値は
この先のリーグ戦、カップ戦によいように反映されていくこと間違いなし。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナビスコカップ vsベガルタ仙台

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »