« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月30日 (金)

AKB48、岩手握手会の事件で思うこと。

タレントとファンの距離って、どのくらいが適正なんだろう。
AKB48全国握手会の岩手県の会場で、「手ぶら」でチェックをかいくぐり、衣服に隠したのこぎり様の凶器でメンバーの入山杏奈、川栄李奈、そして現場のはがしスタッフの男性が負傷させられたわけです。
当初、握手会の運営方法等に問題があるかのように数多くのメディアや有識者が訳知り顔で叩いておられました。
そして言うに事欠いて、CDに握手券等をつけて売ることまでも遠まわしに批判しているところまでありました。
しかしです、このようなイベントはタレント、ファン双方が楽しめるものであり、お互いの善意で成り立っている部分が多様にあるとおもうのです。
直に会うことによってメンバーはファンの生の声を聞けたり、ファンは自分の思いを伝えたりと悪い企画ではないと思うのです。
ファンと触れ合えるイベントを頭から否定するのは簡単です。
このようなことが起こってしまってから「いつか起こると思ってた。」と、結果論でいかにも自分は昔から危惧していたと言うのは簡単です。

たとえば小平でファンサが出来なくなったりしたらホントにいやですよね。
これはアイドルグループの受難でなく、いつ我々の元に降ってくるやも知れぬ明日は我が身の事件なんです。
実際、10年前と比べてもファン、サポーターがひじょうに増えました。
人が増えれば変わった方も入り込んできます。
噂も耳にしたりすることもあります。
芸能人やアスリートは距離が自分と近いほど応援したくなります。
だからこそ、このようなことがもう2度と起こらないことを祈ります。



ひきこもりだからとか、無職だからとかまことしやかに吹聴しているジャーナリストだかコメンテーターだかがいますが、どんな立場の人間でも狂気に囚われてしまえば行動を起こし、それを未然に防ぐのは思っている以上に難しいのです。
良いことでも、悪いことでも、本気の相手は止めるのは不可能なんです。
そこに狂気をまとった相手は厄介なんです。
もしかしたらいろんな方面で手荷物チェックでけでなく、ボディーチェックまで実施されてしまうようになるかも知れません。でもそれで双方の安全や安心が担保されるなら協力すべきだとおもいます。
たった一人の暴漢のために積み上げてきた信頼の山が壊された48Gファンの皆さんには同情を禁じえません。
そして怪我を負った3人と、居合わせたメンバーの心の傷が1日でも早く癒えることを願います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月29日 (木)

望みはまだあるナビスコ

昨夜のナビスコ予選、FC東京は休み。
エスパルス、ガンバに連敗し、ほぼ望みの絶たれた背水の陣で見届けなくてはならなかった
水曜日の夜。鳥栖vs清水と鹿島vs神戸を行ったりきたりしながらテレビを見ていました。
あまり関係のない仙台vsガンバなんかもたまに見ていたりしましたが、メインは前者ですね。

大事なゲームを落としまくり崖っぷちの状況を自ら作り上げてしまった情けない状況。
そんな立場で贅沢を言う権利なんぞありませんが、出来ることなら鳥栖vs清水の結果は由として、鹿島のところは引き分けてもらいたかったのが本音。

それでも、まだ決勝進出の切符を手に入れるチャンスは残されたので、
誰もがみんな危惧していたであろう日曜日、ナビスコグループ予選最終節が消化試合にならなかったのは本当によかったです。
昨日休みで、中6日あけられたことは普通に考えれば体力的に有利な展開です。
そのアドバンテージを無駄にすることなく、言いたかないけど適材適所のキチンとしたメンバーをチョイスして闘っていただきたいものです。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月27日 (火)

ナビスコ暗雲。万博で惨敗。

リーグでガンバを粉砕し、中断期間に突入。そしてナビスコカップの予選が水曜日にあり、此方もエスパルスに惨敗。点差ほどよい内容ではなく、辛うじて個人の技術レベルで返した2点ですから、褒められたものではありません。
そういったなんだかモヤモヤしたなか行われた、ナビスコグループ予選アウェイ、ガンバ大阪。酷いものです、水曜日と同じような間違いを犯し続け、宇佐美にまで決められてしまう体たらく。
宇佐美のレベルが低いというのでなく、こちらのDFが相手の取るべき人に取らせてはいけない最低限の約束事も果たせず、ボールをもたれるとバタバタ後手後手の対応ばかり。
よいとこを見つけるほうが難しいくらいです。
Img_20140526_143700 別に彼の地まで好きで勝手に付いて行ってるので言いたかないけど、
来てくれた人が虚脱感や虚無感に苛まれたりするゲームをいつまで続ける気でいるのでしょうか?
クラブをサポートする、後押しするという行為は「無償の愛」に基づくものだと心得ておりますが、ふがいないプレーをいつまでもダラダラ続けることを容認することはできません。
本当のプロなら小平で100%の力を出し切るのではなく、本番のスタジアムにピークを持ってこれるようにしていただきたいものです。
明日の夜に今週末が消化試合になるか否かが決します。
もし首の皮1枚でも望みがつながる結果になれば、まだ命運は尽きていないということです。
自分たちの気持ちや力が及ばない、人任せほどムカつくものもないよな~・・・・。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月23日 (金)

ナビスコ VSエスパルス 2-3●

Img_20140519_172535 週ナカ水曜日ナイトゲーム。
集った人は双方合わせて9千弱。
スカスカのスタンドはまるでお隣のゲームの時のようです。
1-0を1-1に返した時には今日は点の取り合いになるんじゃないかと
淡い期待をしていましたが、どこをどうすればココまでかみ合わなくなるのか
理解に苦しみますが、今期の勝てない時の守備の悪いところがこれでもかというほどあふれ出た夜でした。
清水は決める人がキチンと決めて、ほぼプランどおりの展開に持ち込めて
さぞや楽しいゲームでしたでしょうが、こちらは先週末のガンバに快勝した事がまるで幻だったかのような無残な姿です。
森重、権田の二人が代表に持ってかれて、様々な面で修正や微調整をせねばならないことを考えれば、この敗戦を反省材料に出来るのでマイナスばかりではないと思います。
ゼロで抑えられての惨敗でなかったのが救いでもあります。

これでナビスコ予選突破は残り全勝が条件になりました。
土曜日、久しぶりの万博で快勝でも辛勝でも何でもいいので
とにかく勝って次につなげなくては!!

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

J2チャンプ、ガンバに完勝

Img_20140519_172535 ワールドカップによるリーグ戦中断前のラストマッチは、昨年のJ2覇者ガンバ大阪。
先日発表された代表メンバーが我々FC東京から森重と権田。
そしてガンバさんからは7番と15番。
それにスタンドにウチ的には悪運を運んでくる代表監督様がいらっしゃる所謂、御前試合。

この日はスポンサーでもあるENEOS DAY。
同社がバックアップするレースチーム LEXUS TEAM LeMans ENEOSから
ドライバーの大嶋和也さん、RQの渡辺順子さん、橘沙奈さん。
そしてSUPER GTで闘うマシンENEOS SUSTINA RC Fがご来場!Img_20140519_172832
川向こうの某クラブは陸上トラックのアンツーカー上でフォーミュラーカーを走らせたりしていましたが、やはり芝が傷むイベントで心を傷めたりする我々同様、陸上を愛する人がもしそのような光景を目の当たりにしたら、心傷つくだろうし 、サッカーに関係のないイベントを・・・なんて思われたりするかも知れませんから、やはりこのように展示で十分だと思います。
近いとこならツインリンクもてぎ、富士スピードウェイ、名古屋遠征のさいに鈴鹿サーキット等、音と臨場感、そして匂いを生で感じたほうがよりいっそう好きになれますよ。
時も時でしたので選手への花束贈呈はこういったときのお約束的な日の丸の大旗で見ることは出来ませんでしたが、歴史の染み込んだ日の丸の真下をを代表戦でもないのに体験できる東京ゴール裏はやっぱりいいなと実感しました。
Img_20140519_172721 潰れかかっているお隣の自称名門様は、スポンサー等の上客にキックインなるまやかしのセレモニーをさせますが、あれこそ見ているほうも、やらされているほうも赤面してしまうものですから、FC東京も末代までそのようなクソみっともないことをスポンサー様にやらすことのない賢いクラブであってもらいたいものです。

試合のほうは序盤とか何とかでなく、秒殺のレベル。笛が鳴って1分も経たずして河野のクロスをエデゥーが決めて、その僅か数分後に武藤も決めてしまう楽しい展開。
GW連戦でなかなかスターティングに入れずにいたエデゥーと河野と三田。
だれが一番とかないのだから、数試合で結果が出ない時は外してフレッシュにするのが得策なのではないのでしょうか。
ガンバさんは昨シーズン限りで失点の元凶とお客様的に云われていたGKのガヤさんを放出しアルビレックスから東口を取りましたが、根本的にDFに難があることに気付かないのか、あえて目を逸らしているのか判りませんが相変わらずのザルDFです。
ガンバさんは今の自分たちの成績をみればGKを誰にしても、その前でキチンと守れる人がいなければどうにもならないと判ると思うんだけどね。
後半立ち上がりにもエデゥーのボレーが決まり3点目。
今までの連敗は何だったの?と逆に疑問が浮かんでしまう快勝でした。
身内贔屓ですけど、代表監督さんは何故、ヨネや秀人を予備登録にもしなかったんでしょうね?

RQのお姉さま方もきっと楽しい観戦になったことまちがいなしですね。
とりあえず今週末のナビスコ、万博でこの借りを返すぜ位の勢いでチンチンにされるのも絶対ナシですが、リーグとカップで同カードとなる次も勝って連勝させましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
水曜日はナビスコカップ、VSエスパルスです。
平日ナイトゲームですから、なかなかスタジアムへ足を運ぶのは難しいでしょうが
中断前の残り3ゲームを全て勝ち良い形でFC東京の方は一旦締めて日本代表サポートに気持ちを切り替えたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

徳島でもシュート決まらず

Dsc_0314 J2以来の四国アウェイ。そして相手となるこちらもJ2以来の徳島ヴォルティス。
アウェイの対マリノスに勝利してから辛い辛い連敗ロード驀進中のFC東京とホームでの勝ち点がまだないらしい徳島。傷の舐めあいのようなカードですから観客も7000人台というまるで我々のお隣、名門ミドリみたいな数字。
Dsc_0319 試合をコントロールしていたのか、ボールを持たされていたのか、シュート数が22本だったらしいですが入る気が、決まる気がぜんぜんしない見慣れた光景。
選手もコーチングスタッフもやる気が無い訳じゃないことは重々周知してますが、この閉塞感を早々にどうにかしないと取り返しのつかないことも無きにしも非ずです。
この日に関しては、全て守りから入る徳島のブロックを崩せないのは仕方ありません。コースを切られてキーパーの正面付近にしかシュートを打つ場所がないのも理解できます。
しかし徳島相手でなくても連戦中、同じ事を繰り返していることが大変な問題だと思います。
グランパス、レッズ、アルディージャと3戦連続1-0で負けていますが、ディフェンスの頑張りで1失点で済んでいますが、チャンスにキチンと前の選手が決めていればそれこそこの連戦は相手を0で押さえ勝ち越す事も可能だったはず。
Dsc_0328 徳島を相手にスコアレスドローだったのをとやかく言うつもりはありませんが、5試合で1得点に不満がありますね。
中断前リーグ戦1試合。
ナビスコカップ3試合。
中断期間にどうにか修正じゃなくて、5月中に結果を見せてらいたいです。
遠い四国の地に予想以上の東京の仲間が押しかけ、終了後は多くも方がまるで負けてしまったかのような虚脱感と自嘲的な笑みを浮かべていたのがとても悲しかったです。
Dsc_0331「 FC東京ファン、サポーターの皆様、遠い所でお見苦しいものをお見せして
ごめんなさい」の図
Dsc_0333 藤原くんは後ろを振り向にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村かず、彼らを反面教師にして大きく育つんだよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

 VS大宮  0-1・・・3連敗

国立、埼スタ・・・そしてホーム味の素スタジアム。
怒涛の3連敗。しかも全てが1-0.
運がないのか勝負弱いのか。
5月の連休で新規のお客様を勧誘するまたとないチャンスに、
あってはならない失態です。

前後半とも主導権を握る展開ですが
またもやシュートが決まらず刻々と時間だけが過ぎ、
あと少しでタイムアップのところで江角君のゴールキックの処理を誤り
前半早々からのスクランブル発射の長谷川悠にあっさりと決められてしまいましたとさ。

全体的に悪くない、悪くないのですが相変わらずシュートが決まらない。
悲観することはないけど、危機感は持たないといけないのは確か。
さあ、次はアウェイ徳島です。
現地へいける方は多くないと思いますが
とにかく現場へ行く人は最大限の後押しをしましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

連敗。埼スタ 0-1

Dsc_0276 連敗です。前節と全く同じ形の失点で。
浦和が強いわけではないけれど、東京が弱かった。
結局、勝負事は結果が全て。
セットプレーでの失点ですから運の部分もありますが、
サンフレッチェ、グランパスにやられたのと同じ失敗を繰り返してしまうのは
許されないことです。
確かに惜しいシュートもありましたが、決まらなかった以上は何を言っても敗者の戯言です。
Dsc_0286 Nice Shut Out !!まさにそのとおりです。
負けた時は罰として、うぃ~あ~だいあもん~~を聞いてから帰ること。
混むのが嫌で早々にスタジアムを後にした人は
本物の負け犬です!
Dsc_0289 Dsc_0290

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

VSグランパス 0-1

Dsc_0200 連戦の2番目はホーム「国立競技場」でグランパス。
天気が危ぶまれましたが試合終了に小雨がポツポツ降るにとどまった運を
試合のほうに使いたかった0-1の敗戦。
失点シーンが先日のアウェイ広島と瓜二つな点がどうも気にかかりますが、
この短い期間に続けて同じシーンを見せ付けられるということは、間違いなくその部分が命取りになる弱点なわけで、次のゲームまでの準備期間が全くない中でも、そこに時間を費やし修正できるのはプラスになる事だとポジティブに考えています。
Dsc_0218 故障者続出で調子の上がらず目下連敗中のグランパスですが、矢野、枝村、玉田、田中さん等の奮戦で主導権をなかなか奪えず、最後のところは楢崎らしいベテランの経験値の高さと意地を見せ付けられました。

Dsc_0238 2020年のオリンピックメイン会場建設のために2014夏に取り壊されてしまう国立霞ヶ丘陸上競技場。
取り壊し前にこの舞台をFC東京が使用するのはこの日が最後。
勝ちたかった気持ちはすごくあるのですが、なかなかこのような節目に弱いクラブですので致し方ないということで。
名古屋の皆さんは気分よく帰路を愉しめた筈ですし、それだけじゃなく2020以降は間違いなく「昔の国立競技場ラストイヤーに勝った」と自慢が出来るクラブのひとつだと胸を張って言うことが出来る選ばれし者なのです。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

日産スタジアム。0-1

Dsc_0187 4年に1度の過酷な連戦の幕開けは、知らない人が見れば辛勝。
見続けているものからすれば、ようやく開花した守備の成果。
きっとあちらの10番さんが一番むかつくサッカーで、しかも0-1のスコアで
先行逃げ切りの勝利。
Dsc_0179_2 前半と後半で主導権が100%入れ替わる現場でなら存分に楽しめる展開。
ACLアウェイ帰りで疲労困憊なのに、殆どスターティングを入れ替えないマリノスの自信の程は、後半、主導権を握って攻め続ける気迫を見れば「なるほど」と思いましたが、シュートを決められてしまう感じがあまりないので怖さはまるでなし。
「闘い抜く」気持ちはあるのでしょうが、今シーズンの10番さんのコンディションの悪さは深刻なようでFKやパスにも昨年のようなキレはないように思います。
Dsc_0190

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »