« ナビスコ VSエスパルス 2-3● | トップページ | 望みはまだあるナビスコ »

2014年5月27日 (火)

ナビスコ暗雲。万博で惨敗。

リーグでガンバを粉砕し、中断期間に突入。そしてナビスコカップの予選が水曜日にあり、此方もエスパルスに惨敗。点差ほどよい内容ではなく、辛うじて個人の技術レベルで返した2点ですから、褒められたものではありません。
そういったなんだかモヤモヤしたなか行われた、ナビスコグループ予選アウェイ、ガンバ大阪。酷いものです、水曜日と同じような間違いを犯し続け、宇佐美にまで決められてしまう体たらく。
宇佐美のレベルが低いというのでなく、こちらのDFが相手の取るべき人に取らせてはいけない最低限の約束事も果たせず、ボールをもたれるとバタバタ後手後手の対応ばかり。
よいとこを見つけるほうが難しいくらいです。
Img_20140526_143700 別に彼の地まで好きで勝手に付いて行ってるので言いたかないけど、
来てくれた人が虚脱感や虚無感に苛まれたりするゲームをいつまで続ける気でいるのでしょうか?
クラブをサポートする、後押しするという行為は「無償の愛」に基づくものだと心得ておりますが、ふがいないプレーをいつまでもダラダラ続けることを容認することはできません。
本当のプロなら小平で100%の力を出し切るのではなく、本番のスタジアムにピークを持ってこれるようにしていただきたいものです。
明日の夜に今週末が消化試合になるか否かが決します。
もし首の皮1枚でも望みがつながる結果になれば、まだ命運は尽きていないということです。
自分たちの気持ちや力が及ばない、人任せほどムカつくものもないよな~・・・・。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« ナビスコ VSエスパルス 2-3● | トップページ | 望みはまだあるナビスコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ暗雲。万博で惨敗。:

« ナビスコ VSエスパルス 2-3● | トップページ | 望みはまだあるナビスコ »