« 天皇杯2回戦 VSブラウブリッツ秋田 | トップページ | 週ナカ。アウェイ新潟。 »

2014年7月31日 (木)

妥当な結果?

また振り返ります。
7月19日土曜日のホーム鹿島戦。
1-0で先制するも中断前の公式戦で何度も見たおなじみの展開。
そう追加点をなかなか決められず試合巧者の鹿島に返されドロー。
勝ち点2を失いました。
レフリーに対しての批判が出ていますが、結果的に鹿島にしても被害を受けているので
お互い様というか、とにかく負けないでよかったと安堵するのが正解に思えます。

今シーズンの東京のサッカーは当然守備の整備から始まってますが
だからといって守り一辺倒のサッカーではありません。
1点で逃げ切ることの出来る戦術だと思いますが、着手してまだ1年たっていないわけですから、やはり現実的に追加点を効果的に奪い逃げ切らなければDFの負担が最終的に失点に繋がるのではないかと思います。
世代交代がそこそこ順調に進み、クラブを理解し尽くしている監督が指揮を執る鹿島を相手に、勝ち点1を奪取したとポジティブに捉えて連戦乗り切りましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 天皇杯2回戦 VSブラウブリッツ秋田 | トップページ | 週ナカ。アウェイ新潟。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妥当な結果?:

« 天皇杯2回戦 VSブラウブリッツ秋田 | トップページ | 週ナカ。アウェイ新潟。 »