« リーグ戦、残りの日程ようやく発表 | トップページ | 尹晶煥監督、サガン鳥栖退団? »

2014年8月 7日 (木)

台風11号。無事関西脱出できるのか

あさって土曜日に長居でセレッソと闘うわけですが、
とても気になる台風11号が南から接近してきています。
昨日までの天気予報ですと夏の台風特有のゆっくりとしたスピードで、
進路等がなかなか見えずらい状況でしたけど、今朝方からの予報だと試合当日はまだ大丈夫そうですが、翌10日に予報円の東よりに進路をとって来てしまうと帰りの足にかなりの影響が出そうな感じです。

数年前に札幌で行われた試合の日に予想を上回る大雪で、新千歳の滑走路が閉鎖になり選手やスタッフ、ファンサポーターが札幌へUターンさせられたりもありました。
青函トンネルがあるとはいえ北海道へのアクセスは大半が飛行機ですから、フライト中止になれば道内で足止めになってしまいます。
しかし大阪は陸続きですので新幹線やバス等、陸路での交通手段がありますから大きな混乱にはならないと思いますが、エアラインで往復する場合には台風の進路や風速、スピード等でギリギリ飛んだりすることもありますから、とりあえず空港に行って運に任せる出たとこ勝負に行ってみなきゃならなかったりしますから大変です。

普通ならあらかじめ天気が荒れるとわかってれば、予定を中止したり、日をずらしたりするのでしょうが、出来うる限りのアウェイに行く生活を長年続けていると、試合が決行されるのならとりあえず現地に行き、その後のことはその場で考えればいいという、良く言えば臨機応変、悪く言えば考えナシの非常識な大人にいつの間になっていました。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« リーグ戦、残りの日程ようやく発表 | トップページ | 尹晶煥監督、サガン鳥栖退団? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風11号。無事関西脱出できるのか:

« リーグ戦、残りの日程ようやく発表 | トップページ | 尹晶煥監督、サガン鳥栖退団? »