« エスパルスに4-0で3連勝 | トップページ | リーグ戦、残りの日程ようやく発表 »

2014年8月 5日 (火)

恒例の大宮のお家騒動勃発かと思ったら・・・・。

つい先日、大宮アルディージャが「成績不振」と「一部選手が起用法に不満」その他諸々で大熊監督更迭の虚報が某スポーツ紙で伝えられました。
フロントからアナウンスなしの「関係者」からのリークの形ですが、
昨日、大宮フロントから正式に記事を「否定」するコメントが発せられました。

成績不振は昨日今日始まったことでないし、選手の不出来を省みず指揮官の戦術、戦略を否定する。フロント首脳陣が姿を現さず常に逃げる。こういったのを見聞きするごとに大宮アルディージャを取り巻く環境の劣悪さを感じざるを得ないです。
そして事実を報道すべき大宮を担当するメディア、記者が気持ちが悪いくらいに選手とフロントにべったり癒着している体質に恐ろしささえ感じます。

上手くいかないと指揮官たる監督が悪い。
選手の体力のなさから走り負けても監督が悪い。
バスを囲まれてスタジアムから出れなくなっても、現場責任者たる監督に対応させる。

毎年のようにシーズン途中の監督交代を繰り返す大宮の諸悪の根源は、おそらくフロント、選手、メディアの3者でと思います。
そして監督さえ代えればどうにかなると思っているファン、サポーターが選手を甘やかしひ弱な集団にしてしまっているように思います。
毎シーズン「奇跡の」残留を果たしていることもクラブを取り巻く方々に悪く作用しているのかも知れません。
シーズン終盤まで成績が振るわなく残留争いの波にもまれても、どうにかJ1に残留し曲がりなりにも国内トップリーグに身をおくことが出来るばっかりに「自分たちは大丈夫」という変な自信が翻って、選手、スタッフ、ファン、サポーターに強いクラブを作る気持ちを芽生えさせず、「とりあえずJ1にいるから満足」な弛緩した気持ちを生んでしまうのかも知れません。

FC東京はフロントスタッフと観客の距離がとても近いですが、お互いに良い距離感を保ち、なあなあになることなく、善悪の判断、批判等が互いに出来る関係を今後も続けていってほしいです。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

|

« エスパルスに4-0で3連勝 | トップページ | リーグ戦、残りの日程ようやく発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恒例の大宮のお家騒動勃発かと思ったら・・・・。:

« エスパルスに4-0で3連勝 | トップページ | リーグ戦、残りの日程ようやく発表 »