« 8月ラストは勝ち点1  vs鹿島 | トップページ | 天皇杯4回戦で終了 »

2014年9月10日 (水)

代表の14番はFC東京の14番

2014ブラジル後、アギーレ新体制のお披露目の2試合が終わりました。
代表メンバー発表前からメディアコントロールで武藤が過度に取り扱われていましたのでいろいろ危惧しておりましたが、初戦の札幌でのウルグアイ戦では決めることは出来ませんでしたが迷いのないシュートをクロスバーに当てるなど世間に対して存在感を示せていたとおもいました。
昨夜の横浜でのエクアドル戦。
後半から投入されて短時間で結果を出すあたり、彼のプレーを見慣れている者にとってあの程度は普通に出来るのを知っていますから驚きでもなんでもありませんでした。
鹿島の柴崎もはじめは硬さがありましたが、時間を追う毎に彼らしいプレーをみせて、2点目のかなり難しいハーフボレーを抑えて打ち決めました。

2戦ともに相変わらずのスタジアムの生ぬるい空気が映像を通しても伝わって来ましたが、フレンドリーマッチならいいのですが、この先に待っている真剣勝負の時のためにも徐々に棲み分けをしていかないと、選手が次の段階へ上がりファンサポーターが旧態然のまま取り残されていくように感じます。

それからスターティングにブラジル前までメディアに持ち上げられ、普段Jリーグをスタジアムで見ている大多数から、その実力に疑問符の付けられていた柿谷がおりましたが、あの狂騒が嘘だったかの様に彼がメディアに触れられる回数が激減していました。
結果が出せなかったのは彼の責任ですから仕方がありませんが、あの騒ぎのときに何故セレッソのお客さんは彼を守ることもせず、彼が浮き足立つのを諌めなかったのか疑問です。
メディアが根拠もなく持ち上げるときは、クラブもお客さんもビジネスチャンスとばかりに其れに乗らず、分不相応な取り上げ方をされるときは壁になり守ってやることも勤めだと思います。

普段FC東京で見慣れたシステムですから各選手の出来不出来、役割が手に取るように判るので、ココはどういったタイプの選手が良い等々当てはめながら見ていましたが、森重のアンカーは東京でも試合中のシステムチェンジに応用可能ですから有難い起用でしたけど、あのポジションならFC東京にはまだあと最低3人は適任者が居るんですが・・・・・。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 8月ラストは勝ち点1  vs鹿島 | トップページ | 天皇杯4回戦で終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代表の14番はFC東京の14番:

« 8月ラストは勝ち点1  vs鹿島 | トップページ | 天皇杯4回戦で終了 »