« 代表の14番はFC東京の14番 | トップページ | 勝てないTOKYO VSヴィッセル神戸と1-1 »

2014年9月11日 (木)

天皇杯4回戦で終了

2020東京オリンピックへ向けた解体建て直しのために国立霞ヶ丘競技場が数年使用できないことに伴って、今大会の天皇杯決勝は横浜国際。
そしてアジアとその先へ自力で道が開ける大事なタイトル。
自らの気持ちの弱さで手放してしまいました。
直接的に椋原が失点に絡んでしまいましたから責任の一端があることは否めませんが
前半からチャンスを決められないカズマや、若さゆえから独りよがりなプレーが散見した三田のミスや判断遅れからカウンターを食らい、不必要な上下動でサイドバックのメンバーの疲労が蓄積されていったことで体力が奪われていったことも敗因の一つではないかと思います。

梶山の戦線復帰だけしかポジティブに捉えることの出来ない最悪な内容でした。
ナビスコ敗退も然りですが、代表で数名抜けた穴を代わりに入った選手個々が埋められないにはひじょうに由々しき問題ですね。
リーグ中断前の散々だった頃の様相を呈していましたが土曜日までに戻すことが出来るのでしょうか?
負け癖が付かないことを祈ります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 代表の14番はFC東京の14番 | トップページ | 勝てないTOKYO VSヴィッセル神戸と1-1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯4回戦で終了:

« 代表の14番はFC東京の14番 | トップページ | 勝てないTOKYO VSヴィッセル神戸と1-1 »