« 天皇杯4回戦で終了 | トップページ | 勝てなかったor負けなかった vsフロンターレ 0-0 »

2014年9月14日 (日)

勝てないTOKYO VSヴィッセル神戸と1-1

リーグ戦またしても引き分け勝ち点1.
天皇杯4回戦敗退を引きずるような感じでなかったのがせめてもの幸い。
新体制の代表から森繁、武藤が戻ってきた事で全体の動きは多少良くはなりましたが
前半の攻められっぱなしで攻撃が中途半端な状況は、不甲斐ないしもどかしさを感じました。
お互いカウンター主体でしたが、ヴィッセルのほうがシンプルにボールを運び、攻め上がった時にはシュートで終わるという基本的なプレーをしていましたし、安達さんのスカウティングが一枚上手だったのかFC東京を丸裸にしていました。
ボールの出所はプレスをキチンとかけてコースを限定し、受け手の選択肢を少なくしてパスカットしカウンターで攻めるルーティンでしたが、そこのところをメンバー誰もが気づかないのか全く修正されることなく前半は見せ所ナシ。
ハーフタイムを挟み後半立ち上がり危ない場面も見られましたが、其れまでの中途半端な距離感のパスと、ただただ足元でボールを受ける緩慢なプレーが修正されたようで、ようやく人とボールが連動する形に戻って増川さんのハンドでPKを得、キーパーにコースを読まれながらもエドゥーの力のこもったシュートが決まり先制。
しかし良いムードを呼び込むまでに至らない見慣れた悪癖である「得点後、即失点」で振り出しに戻り、またまた攻めあぐねに終始してチャンスはあれど決まらないいつものパターンに陥ってしまいました。
結果論になってしまいますから本当なら言いたくはないんですが、梶山の投入が遅きに逸したのが敗因だとおもいます。
出来ればあと15分早く梶山が入り中盤でボールを落ち着かせ、攻撃のスイッチを押すことが出来ていたら勝てていたゲームだと断言したくなる内容でした。
勝ち点マイナス2が続くというのは自らの首を絞めていることと相違ないので、引き分けの呪縛を振りほどいていただきたいものです。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 天皇杯4回戦で終了 | トップページ | 勝てなかったor負けなかった vsフロンターレ 0-0 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝てないTOKYO VSヴィッセル神戸と1-1:

« 天皇杯4回戦で終了 | トップページ | 勝てなかったor負けなかった vsフロンターレ 0-0 »