« vsヴァンフォーレ甲府 小瀬0-0 | トップページ | 塩田、大宮へ・・・ »

2014年12月30日 (火)

2014シーズン

なかなか時間が取れず個別にゲームを振り返れない体たらくです。
とにかく2014年も残すところ48時間をきりました。まあだからといって何が変わる訳でもなく、例年通り日をまたぐだけではあるのですが・・・。

14試合くらいでしたっけ所謂「負けナシ」だったのって?
負けナシと言えば悪い響きではないのですが、この時期に勝ちきれないゲームをしてむざむざ勝ち点2を取りこぼしていたことで終盤戦の大事な時期の1分けや1敗で順位の乱高下を招いていたように思います。

しかしこの終盤戦へ向かう失速が選手や監督の力不足かと云われるとそうでもないような気もします。今期からJリーグ初采配となるマッシモのサッカーを身体と頭に染み込ませ体現するにはそれ相応の手間暇がかかるのは当然の事で、それに要した時間を考えれば下位に沈むことなく終えられたのは立派な事だと思います。
昨シーズンまでのサッカーとぜんぜん違う訳ですからスタンドから観ている我々以上に選手個々は大変だったと思う。
賞金圏内には僅かに届かなかったけれども今冬の人事往来次第ですが2015シーズンも面白くなりそうな予感がします。
武藤を筆頭に河野や中島、三田の活躍もあったし、シーズン前半は苦杯を舐めていたであろう羽生の活躍ぶりも痺れるものがありました。
そしてなんと言っても「東京の10番」梶山の戦線復帰!怪我明けだからなかなか出場機会に恵まれなかったけれど2015年こそは完全版を久しぶりに見せてほしい。
同じく怪我や古傷で悩んだ一年だった石川と平山にも来シーズンはそのフラストレーションを試合にぶつけて若いヤツらを脅かす嫌な存在になってほしいです。

|

« vsヴァンフォーレ甲府 小瀬0-0 | トップページ | 塩田、大宮へ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014シーズン:

« vsヴァンフォーレ甲府 小瀬0-0 | トップページ | 塩田、大宮へ・・・ »