« 2014シーズン最終節 VSマリノス 1-1 | トップページ | 天皇杯決勝@横浜。ガンバ大阪vsモンテディオ山形 »

2014年12月14日 (日)

J1昇格プレーオフ決勝@味の素スタジアム

日にちが前後してしまいますが先週行われたJ1昇格プレーオフ決勝から。

例年なら完全中立地である国立競技場で開催されてますが2020東京オリンピックへ向け一向に進まぬ建て替え工事に伴い今年は代替地として味の素スタジアムでJ2リーグ3位のジェフユナイテット千葉と6位のモンテディオ山形が対戦。
毎年下位の順位のクラブに敗れる苦杯をなめ続けているジェフが今年こそ「三度目の正直」なるか、はたまた「二度あることは三度ある」を繰り返してしまうのか。

キックオフ前のスタジアムの雰囲気は両サイドスタンドの熱と、準決勝のタイムアップ寸前のアディショナルタイムにみせた山形GK山岸の決勝点の話題から足を運んだと見られる方が多いバックスタンドや2階席の微妙に醒めた感じが相まってなかなかのコントラスト。
選手入場時にはジェフはコレオ、山形はビックフラッグを掲げ選手を鼓舞。
しかしこういったとき必要以上の仕掛けをすることが逆に選手を萎縮させたりすることもあるのでジェフのコレオに一抹の不安のようなものを感じました。

立ち上がりからジェフに硬さが見られると同時に、スターティングも傍観者としては「引き分けやむなし」かなと思わせるメンバーに疑問も残りましたが贔屓のクラブではないので細かいことは気にせず観戦しました。

双方チャンスを決めきれず前半40少し前に山形が先制。
後半もお互いに詰めが甘くそのままタイムアップ。
ヤザーや森本、ケンペス等の戦力をもってしても、またもや来シーズンもJ2生活となってしまったジェフ千葉。根本的な問題点は選手のメンタルと監督の運ではないかと勘ぐってみたくなります。
かたや山形はPOや天皇杯で勝ち進んでいることでクラブ全体の一体感と自信が勝因だと思います。
来期のJ1返り咲きを果たした山形。たぶん今のやり方にスピードがついてくれば苦戦することも多くはないと思います。

傍観者的に楽しいゲームでしたがJリーグ運営の味の素スタジアム開催があれほど酷いものになるとは思いませんでした。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

|

« 2014シーズン最終節 VSマリノス 1-1 | トップページ | 天皇杯決勝@横浜。ガンバ大阪vsモンテディオ山形 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J1昇格プレーオフ決勝@味の素スタジアム:

« 2014シーズン最終節 VSマリノス 1-1 | トップページ | 天皇杯決勝@横浜。ガンバ大阪vsモンテディオ山形 »