« 2014シーズン | トップページ | ジュビロから前田遼一 »

2014年12月30日 (火)

塩田、大宮へ・・・

とうとうオフィシャルからリリースされてしまいました。
主軸のGK2人切りした大宮アルディージャへの移籍。
プロであれば出場機会を求めるのは当然の事ですし、普通に考えでも塩田レベルの選手をベンチに置いておくなんてのは本人に失礼だし見方によったら贅沢な事です。

思い返せば塩田のプロフェッショナルな姿勢に感謝以外のなにものもありません。
不動のスタメンの土肥がいるのでなかなか出場機会に恵まれなかった当初でしたが、日本代表で留守にしていたナビスコカップで頭角を表し見事な活躍で準決勝までFC東京を導き、本来であれば晴れの国立競技場でゴールマウスを守る資格が一番あるにもかかわらず、その座を土肥に譲らざるを得なかった事はホントに悔しかったと思います。
土肥がFC東京を去った後、正GKの座を掴んだかに思えましたが権田修一を育てるクラブの方向性のおかけでまたもや二番手に追いやられるも、常に準備を怠らず逆に高いモチベーションで若手や出場機会に恵まれないメンバーを叱咤激励する姿に漢気をビシビシ感じました。
味の素スタジアムや小平で見せていたフォアザチームの精神は残る選手に継がれて行くことでしょう。
僕にとって、土肥がFC東京をoutしたとき同様の寂しさと不安感が蘇りました。
大宮アルディージャは毎年のようにお家騒動を起こしますが、選手レベルで問題のあるのが居るという噂をいろいろ耳にしますので気をつけてほしいです。
塩田、いままでありがとう!
新天地でも頑張って下さい。

|

« 2014シーズン | トップページ | ジュビロから前田遼一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塩田、大宮へ・・・:

« 2014シーズン | トップページ | ジュビロから前田遼一 »