« 2014年12月 | トップページ

2015年1月

2015年1月18日 (日)

2015始動と2ndユニフォーム発表

昨日からようやく2015シーズンが始まりました。
現社長と次期社長が補強について見解が違ったり諸々あるようですが
とりあえずFC東京の2015シーズンが正式にスタートしました。
始動日は相変わらずの人手でしょうから小平には出向きませんでしたが、アジアカップ組を除いてメンバーが揃って元気な姿を見せていたようですし早春まで先は長いですが開幕へ向けてのカウントダウンもこれではじまりました。

それにあわせて始動日前日からの2ndユニフォームの煽り動画の全容が発表になりました。
煽り動画では襟元がチラッと見える程度でしたが、リリースされた画像を見る限りなかなか良いデザインと色合い。(あくまでも主観です)
単価は噂の通りナンバー&ネーム込みでレプリカがアディダスのオーセンティック相当額。
オーセンセンティックがアディダスのオーセンティックに+10000円強。
オーセンティック2桁ナンバー1枚でレプリカ1桁ナンバーでしたら単純に2枚購入できる代物です。
どちらをチョイスしても高い買い物に変わりはありませんが、公表された金額に一喜一憂しつつも買ってしまうことに間違いありません。
実のところ、ただいま1stか2ndにするかで悩み中です・・・・。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月16日 (金)

幸野志有人が戻ってきた

ジェフにお出かけしてた幸野の復帰がリリースされました。
なかなかのポテンシャルは秘めているもののFC東京で出場機会を掴めず毎シーズンのように他クラブで研鑽を重ねているある意味努力の人ですし、エリートアカデミー出身とは思えぬほど根性のある選手ですから、今度こそ東京で結果をだしてもう一段上を目指して頑張ってもらいたいです。
なんでもこなせる上手さではなく、その中で抜きん出た武器を見つけたら本当に強い選手になれる可能性を秘めているだけに楽しみでもあります。

多分今冬の人事往来の大まかなところはこのあたりで終了な気がします。
あとはサプライズがあるのか否かといったところでしょうか。
もしかしたら始動日になんらかの発表があるかもしれませんし
残り2ヶ月弱ですが開幕が待ち遠しくなってまいりました。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エドゥー全北現代へ

動向が危惧されていたエドゥーでしたが昨夕オフィシャルより韓国の全北現代移籍がリリースされました。
この間、サガンの彼の獲得の噂もありましたが、年末にジュビロから前田を獲得する旨を発表して以来、人事的に何の音沙汰もなしに年を明けましたが始動日を前にしてようやく件のエドゥーの去就が出てきました。
僕個人としてはこの移籍は致し方ないものだと思います。Jでプレーをする初年度のゴール数等は申し分ないものですが、そのゴール数と比べ物にならないほどのチャンスを彼が逃していたことも事実なので、今冬の補強次第ではアウトになるのかと考えておりました。
前線で自ら潰れてチャンスメイクをしたり、身体を張ってボールをキープしたり献身的な面は評価されて然るべきですが、やはりFWであるかぎり特に結果が全てであることは否定できません。
単純かもしれませんが、武藤もいるし平山が戻ってくる前田も獲れた。
MF登録のメンバーを見ても本来ならFWでプレーしててもおかしくない面々が多数居るわけですから、FW登録数のことでそんなに危惧することもないように思うのです。
外国人枠やアジア枠だって埋めればいいってもんじゃないし、ACL等でタイトなスケジュールになるわけでもないのですからムダ打ちする必要もないですから。
過去にはケリーのような例もありましたから、開幕ギリギリまでワクワクしながらジリジリ待つのもいいもんです。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 9日 (金)

榎本達也IN

昨年末、塩田が大宮へ、廣永が広島へ移籍して残ったGKが2人。
いろいろと話題にしたくても特に塩田の抜けた穴は大きくて、適任者の名前などは界隈でもなかなか挙がらなかったのですが、榎本達也をもってくるとはFC東京の中の人もいい仕事をしているじゃありませんか。
正直なところ榎本の印象は徳島で止まってしまっていたのですが、昨シーズンまでの2年を栃木で過ごしていたのはチェック不足で知りませんでした。
年齢や経験値を考えても彼の獲得は良い選択だと思います。
マリノス在籍時の前半のタイトル獲得歴は今期から再度スタートする2シーズン制を戦う上で何がしかのヒントを与えてくれるかも知れないですしね。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 8日 (木)

カズマ神戸へ

一昨年の夏くらいからだったか突然のスランプでシュートが決まらなくなり、昨シーズンも短い時間ながら少なくないチャンスを得ていましたが復調せず。
FWだから結果がわかりやすいポジションで本人もかなり苦しんだことと思いますが、新天地神戸で活躍できることを祈ってます。
昨年末から噂として出ていましたから心の準備みたいなのが出来ていましたのでショックはありませんし、なんとなく神戸のスタイルにフィットしそうな気がするので復活を遂げてもらいたいです。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 7日 (水)

椋原セレッソへ

前回は期限付きでしたが今回は完全移籍でセレッソ大阪へ旅立つようですね。
2013シーズンのセレッソへの期限付きの際はなかなか出場機会に恵まれず不本意な思いをした同じクラブへ退路を断ち進んでいくことは、やはり悩んだであろうし勇気のいる決断だったと思います。
昨シーズンFC東京へ復帰をするもここでもなかなかチャンスを掴めず悔しい思いをしたであろう事は推察出来ますので、その溜まった気持ちをセレッソでぶつけてほしいものです。

椋原のポテンシャルはまだまだこんなもんじゃないことは、過去の節目の試合や期せずしてチャンスを得たナビスコカップ決勝での活躍を目の当たりにしているので知っていますが、本人の性格なのかプロとして一番大事なガツガツ感が見られないのが心配です。
笑顔や人当たりのよさももちろん大事ですが、時には周りから引かれるくらいの貪欲さを表に出してポジションを奪い取ってほしいです。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 2日 (金)

いつの間にかJ2が魔境化してる。

昨シーズンガンバ大阪が3冠を果たした事に絡めて「辛口」が持ち味のセルジオ越後氏がいつもの事ながら「辛辣」風なことを述べておりました。
大ざっぱに言えば
ーJ1昇格したばかりのクラブがリーグ優勝したばかりかカップ戦も含めたタイトルを獲得してしまうのはJ1とJ2の力の差がなくなり、それはつまり日本サッカーの衰退に繋がる。ー
と言うもの。

まあ、普段Jリーグをあまり見ない人や、J1しか見ない方なら当たらずとも遠からずと思ってしまうのかもしれませんが、2010シーズン降格し2011シーズンをほぼ前年と同じ戦力で闘ったFC東京や2012シーズン降格し2013シーズンをやはり前年に近い戦力で闘ったガンバ大阪。
それと一年でのJ2生活を逃れることは出来なかったジュビロ磐田でしたが、その戦力はJ2でもインパクトのあるものでした。
そういったクラブがJ2で戦い且つ現在進行形の日本代表や各国代表を通常戦力として使うのですから、既存のJ2クラブの選手やサポーターのモチベーションも自然と上がります。
そして試合でマッチアップする選手のプレーするレベルも自ずと上がっていき、気づかぬうちにJ2が難しいリーグになっていってるんだど素人目には思うのです。

J1に戻る為に選手が真剣に考え毎試合痺れる思いをし地べたを這う思いをしながら一年を乗り切り結果を出したクラブは心身ともに最強になる余地は十分にあると思います。
事実FC東京だってJ2優勝した勢いで天皇杯も獲得できたわけです。
そう考えればガンバ大阪の昨シーズンの成績は全然不思議な事でもないし、それによってJリーグのレベルが下がったとも思えないのです。
この5~10年位がいろんな所を含めてJリーグの過渡期なんではないかな。

今まではJ2に降格してもそこそこのお金をかければ難なく昇格出来た面も否めませんが、これから先下部デビジョンのレベルが上がり易々と昇格出来ないとなれば否応なくJ1の切磋琢磨も激しくなるでしょうし、有名どころの海外プレーヤーをもってきても即効果アリではないセレッソ大阪の姿を見ればクラブフロントが今より真剣にクラブ経営を考えるようになるでしょうから氏の「辛口」で「辛辣」風な憂いも必要ないと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

淡々と粛々と

寝て起きて気が付いたら2015年になっていました。
東京プロパーなもので帰省や里帰りといったメディア等でのお馴染みの光景に縁もゆかりもなく人生を送っています。
昨日の大晦日から今朝にかけてFC東京オフィシャルサイトからな~んにもサプライズもなく粛々と新年を迎えてしまったわけです。

今日の東京は朝方の晴れ間が幻だったかのような雪がちらつき寒さ厳しいあいにくの天気。
北国の冬のような鉛色の空が長く続くのに比べれば東京の空模様などまだまだ甘いものだと頭で判っているのですが、湿度も気温も低い事で身体を射るような寒さはやはり苦しいなとおもったりもします。

レギュレーション変更を迎えて望む2015シーズンですが、過去の2シーズン時代を知らない方もいらっしゃると思います。賛成反対様々でしょうが動き出したらとりあえず乗るしか我々に選択の余地が無いのも事実。レギュレーションが変わろうとも変わらず続くのは週末や週ナカ、スタジアムやその他の場所で試合経過にヤキモキしつつ結果に一喜一憂することではないでしょうか。
とにかく愛するFC東京がタイトルを獲れるように後押しをするルーティンをキチンとやればいいと考えてます僕自身は。

カード次第で行くつもりでいた皇后杯でしたが赤VS緑なので興味も失せてしまったので、
今日一日は天気も天気なので自宅待機になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ