2015年1月 1日 (木)

淡々と粛々と

寝て起きて気が付いたら2015年になっていました。
東京プロパーなもので帰省や里帰りといったメディア等でのお馴染みの光景に縁もゆかりもなく人生を送っています。
昨日の大晦日から今朝にかけてFC東京オフィシャルサイトからな~んにもサプライズもなく粛々と新年を迎えてしまったわけです。

今日の東京は朝方の晴れ間が幻だったかのような雪がちらつき寒さ厳しいあいにくの天気。
北国の冬のような鉛色の空が長く続くのに比べれば東京の空模様などまだまだ甘いものだと頭で判っているのですが、湿度も気温も低い事で身体を射るような寒さはやはり苦しいなとおもったりもします。

レギュレーション変更を迎えて望む2015シーズンですが、過去の2シーズン時代を知らない方もいらっしゃると思います。賛成反対様々でしょうが動き出したらとりあえず乗るしか我々に選択の余地が無いのも事実。レギュレーションが変わろうとも変わらず続くのは週末や週ナカ、スタジアムやその他の場所で試合経過にヤキモキしつつ結果に一喜一憂することではないでしょうか。
とにかく愛するFC東京がタイトルを獲れるように後押しをするルーティンをキチンとやればいいと考えてます僕自身は。

カード次第で行くつもりでいた皇后杯でしたが赤VS緑なので興味も失せてしまったので、
今日一日は天気も天気なので自宅待機になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月30日 (金)

AKB48、岩手握手会の事件で思うこと。

タレントとファンの距離って、どのくらいが適正なんだろう。
AKB48全国握手会の岩手県の会場で、「手ぶら」でチェックをかいくぐり、衣服に隠したのこぎり様の凶器でメンバーの入山杏奈、川栄李奈、そして現場のはがしスタッフの男性が負傷させられたわけです。
当初、握手会の運営方法等に問題があるかのように数多くのメディアや有識者が訳知り顔で叩いておられました。
そして言うに事欠いて、CDに握手券等をつけて売ることまでも遠まわしに批判しているところまでありました。
しかしです、このようなイベントはタレント、ファン双方が楽しめるものであり、お互いの善意で成り立っている部分が多様にあるとおもうのです。
直に会うことによってメンバーはファンの生の声を聞けたり、ファンは自分の思いを伝えたりと悪い企画ではないと思うのです。
ファンと触れ合えるイベントを頭から否定するのは簡単です。
このようなことが起こってしまってから「いつか起こると思ってた。」と、結果論でいかにも自分は昔から危惧していたと言うのは簡単です。

たとえば小平でファンサが出来なくなったりしたらホントにいやですよね。
これはアイドルグループの受難でなく、いつ我々の元に降ってくるやも知れぬ明日は我が身の事件なんです。
実際、10年前と比べてもファン、サポーターがひじょうに増えました。
人が増えれば変わった方も入り込んできます。
噂も耳にしたりすることもあります。
芸能人やアスリートは距離が自分と近いほど応援したくなります。
だからこそ、このようなことがもう2度と起こらないことを祈ります。



ひきこもりだからとか、無職だからとかまことしやかに吹聴しているジャーナリストだかコメンテーターだかがいますが、どんな立場の人間でも狂気に囚われてしまえば行動を起こし、それを未然に防ぐのは思っている以上に難しいのです。
良いことでも、悪いことでも、本気の相手は止めるのは不可能なんです。
そこに狂気をまとった相手は厄介なんです。
もしかしたらいろんな方面で手荷物チェックでけでなく、ボディーチェックまで実施されてしまうようになるかも知れません。でもそれで双方の安全や安心が担保されるなら協力すべきだとおもいます。
たった一人の暴漢のために積み上げてきた信頼の山が壊された48Gファンの皆さんには同情を禁じえません。
そして怪我を負った3人と、居合わせたメンバーの心の傷が1日でも早く癒えることを願います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

2週続けての雪かき

昨日から明け方まで降り続けた雪のおかげで
散々な日になってしまいました。
早朝から雨に濡れながら汗だくになり
掻きに掻きまくりました。
しかし先週の雪に比べて元々水分を含んでいるところへ
ありがたくない雨が降ってしまったのでシャベルを一刺しすると
湧き水の如くあふれ出す水にパンツの裾をビッショリ濡らし、
排水溝が雪に埋没して行き場を失った大量の水が
そこかしこに深い水溜りを作るのでつま先の感覚が
ほぼないような状態になっていました。

こんな最悪な日にキャパシティに根本的な問題を抱えた
Jリーグ開幕戦のアウェイ日立台のチケットの一般発売日ですからね。
私はどうにか必要分のチケットを手に入れることは出来ましたが、
かなりの方が涙を呑んだのではないかと思います。

では、皆様も暫くは足元に注意で
怪我等なく2週間後の開幕を迎えましょう・・・。


<a href="http://soccer.blogmura.com/fctokyo/"><img src="http://soccer.blogmura.com/fctokyo/img/fctokyo88_31.gif"  width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ" /></a><br /><a href="http://soccer.blogmura.com/fctokyo/">にほんブログ村</a>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

また雪か~

東京はまた雪です。
子供たちは嬉しいでしょうが
大人はたまったもんじゃありません。
降るのが週末だから、まだ大きな混乱はありませんが、
サービス業で土日祝祭日関係のない方々にとっては
通勤の足の心配等で本当に大変だと思います。
テレビ、ラジオ等のメディアでいい歳をしたバカな奴等が
「銀世界」云々や「ホワイト~」言ってるのを耳にすると
本気でこの世から消してやりたくなったりする
狭い心根を持ち合わせています。

先日のような積雪になると仕事は捗らないは
翌日は雪かきしなきゃならないわで
大人になると 雪=愉しい ではなく
雪=苦行=筋肉痛 という辛い現実が
タイムラグでやってきます。

はぁ~、歳はとりたくないものです・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

船の科学館に行きたい

船の科学館が9月いっぱいで一時休館するらしい。
幼い頃にここで行われた「宇宙博」に連れていってもらった一度きりだけど子供心に大変なインパクトがあった。
あの船の形をした真っ白い外観と、今から思うとなんのことはないリモコン操作できる各種船がうかんでるプールに憧れがありました。

首都高速湾岸線13号地やフェリー埠頭と普通に出口名があった昔。
現在の様な賑わいのある街がそこにあることが想像出来ない程の草むらだらけの頃が懐かしく感じる。


いつか行こう、いつか行きたいなと思いながら忙しさに負けて記憶の底に深く沈んでいたけど、なんとか時間を作って休館前に足を運びたいと思いました。
青函連絡船の羊蹄丸もこの休館をもって展示終了らしいので、これも是非見ておきたい。

あと「一日一善」。
船舶振興会(いまでもあるのかは不明)の笹川良一氏が大好きだったというのも理由かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

明るい未来にする為に

個人的な事情でなかなか更新できずにいましたが、やっと心身ともに余裕が生まれたので久しぶりに再開していきたいと思います。

まずは3月11日の東日本大震災の事を避けて通るわけにはいかない。
発生当初から地震自体の揺れによる被害より東北地方から関東地方の太平洋沿岸にかけての津波による甚大な被害が映像で流され、それまで自分が抱いていた「津波」のイメージがいかに甘いものであったのかを教えられました。
そして人間の英知や文明の利器が大自然の前ではいかに非力なものであるかを強烈なインパクトでおもい知らされました。
その光景は子供の頃に教科書で見た広島や長崎の原爆投下後や東京大空襲の焼け野原を彷彿とさせる荒涼とした津波被災地の風景、実際に被災した方はもとより見た者すべてにある種の虚無感さえ与えるほどの残酷な現実でした。

一昨日は地震から一ヶ月ということで特にテレビメディアでは意味もなくやたらとこの一ヶ月を振り返るものが多くありましたが、率直に言わせてもらえばそれは大きな被害のなかった又は少なかったものの自己満足、エゴでしかないと思う。
現実として沿岸被災地ではやっと一歩踏み出せたかどうかというばかりでまだ何かに節目をつけるには早過ぎる状況。

このような時に大所高所からものを見ることが出来ず且つ総てに於いて腰が重く動きの悪い政府に国民として何も委ねることが今後もできそうにないので、復旧から復興へ長い時間がかかるこの事に自分なりに何が出来るかを考えていこうとおもいます。

最後に、このたびの震災で犠牲になられた方の御冥福を心よりお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

暑いです、涼しいところへ逃げたいです

夏は暑いのが当たり前と頭ではキチンとわかっていても、昨日あたりからの暑さが身体に堪えます。
先週は雨や曇り空が多く、それまでの晴天と打って変わって比較的過ごしやすかったから余計に辛いです。

こんな日は仕事なんかせずに、水風呂なんぞに浸かって体温下げて、日陰の涼しいところでシエスタしたい。
嗚呼、スイカもいいな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

j徐々に昭和が遠くなります

かなり良い切り口でした。
自分の現役時代はとても思想的であったり、政治的な臭いのする、ある種偏った形でしか教わる事が
多かった太平洋戦争、大東亜戦争ですが、今でも学校で教えるのはどうやら江戸時代中期くらいまで
に主眼をおいているらしく、所謂、幕末から維新、大正デモクラシー、昭和という近現代史をかなり
蔑ろにしているようです。
二十世紀が善きにつけ悪しきにつけ戦争の世紀であったのは紛れも無い事実であるし、今の日本の繁
栄、或いは負の歴史が積み上げられたのも、この大事な二十世紀であるわけでそこから目を背けるよ
うな教育は如何なものかと思います。

戦中世代が高齢化している現在、右とか左とかアナーキストとか関係なくキチンと考えるには時間が
無くなってきている。だからこそ小中高生に見てもらいたい。
勿論、我々親世代も。 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

ながらラジオしてますか?

今週から東京周辺等で始まったIPサイマル放送が、当初自分が思ってた以上に便利で重宝してます。
今まではPC使いながらテレビをつけていたのですが、PCとテレビの位置関係が対角線上に向かい合う形である為に、視線をテレビに向けるには身体ごとそちらに傾けなくてはならないので基本的に「ただついているだけ」な状況でした。
しかし元来ラジオ好きなのでサイマル放送によって室内での受信状態の大幅な改善もあり、これからは気兼ねなくPC&ラジオな生活が出来るのでホントに愉しいです。
ラジオをあまり聞いた事のない方も一度お試し下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

仕事です。新潟に行ってました。

木曜日、仕事で新潟のほうへ行ってました。今週はあちらに行くのが2度目で火曜日にも行っていましたが、僅か二日の違いでこんなにも風景が変わってしまうとは・・・。Sbsh054
私自身が東京生まれ東京育ちで、且つスキー、スノーボード等のウインタースポーツを嗜んだ事が全くないので、雪に触れる機会といえば東京に年に一度か二度降る僅かばかりの雪のときと、あとは仕事で行く新潟や最近は行かなくなってしまいましたが長野へ行く折くらいです。冬場は週のうち2日から3日新潟へ行ってますが、私の記憶の中では市内でこれほどの雪が一晩で積もったのを見るのが初めてだったもので驚いてしまいました。Sbsh0055

バイパスは渋滞するわ、下の道も除雪が間に合わないから狭いわで仕事がぜんぜんはかどらずに大変でした。天気予報では土曜日、吹雪くようです。本格的に雪が降るの、いつもならクリスマス後だった気がします。今年は去年の反動で大雪になるのでしょうか?Sbsh0056

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧